外壁塗装時の色選び、面積効果も考えて!

建物の色を決めていくには、

まず何よりも、

全体の色を考えることが大事です。

その際、

「この色が好き!」「こっちがいい!」

とその時の好みで決めてしまうと、

失敗してしまうことが多々あります。

気をつける点としては、

例えば前回も説明したように、

アルミサッシは塗らないので、

色がそのまま残ります。

そのアルミサッシの色と、

選んだ壁全体の色が合うかどうか。

バランスを考えながら選んでいくことが必要です。

そして、建物には色々な色がありますが、

一番面積の大きな壁を優先して

決めることも重要です。

メインをどんな色にしたいのか?

そこで大切になるのが「面積効果」です。

ここをおさえておけば、

塗ったあとで

「こんなはずじゃなかった!」

と後悔することがありません☺

面積効果とは?

外壁塗装における面積効果というのは、

色選び段階と工事終了後の段階では

色の感じ方について差がでてしまう問題です。


色選びをする際には

小さなカラーパレットや色見本を参考し、

自分のイメージした色を選ぶでしょう。

しかし、いざ塗装が完了してみると

明るい色の場合

 

大きい図形と小さい図形だとどちらの方が明るくみえますか?

おそらく、

大きい図形の方が明るく見えた方の方が多いかと思います。

明るい色の場合は、

面積が大きい方が明るく(薄く)、鮮やかな見た目になります。

暗い色の場合

 

暗い色の場合は、

面積が大きい図形の方が暗く、濃く見えますよね。

暗い色は明るい色とは、

正反対の性質を持っています。

これらを頭に入れておくと

面積効果は方法次第である程度は

避けることができます✨

カラーパレットを参考にするのではなく、

実際に建っている住宅を見て

色選定をしてみたり、

塗料を外壁に塗った際にどういった見え方がするか、

業者が詳しく知っていますので

アドバイスを求めるのも良いでしょう。

色選びを失敗してしまうと

次の外壁塗装を行うまでの間、

嫌な思いをすることになるかもしれません。

面積効果で、外壁塗装で後悔しないためのポイント

1⃣明るい色は面積が大きいほど明るく見える

2⃣暗い色は面積が大きいほど暗く見える

色選びで迷った際は

経験豊富な住まいのやまおか君に

ご一報くださいませ(^^)

 

 

セミナー参加・無料お見積もり