外壁屋根塗装、電線の保護が必要だと言われたら?

こんにちは😊

塗装するにあたり

これってどうすればいいの?

よく聞くお困りに

今日はお答えしていこうと

思います(^^)/

 

外壁塗装及び屋根塗装の工事を始める際

電線がお家と接近しているような場合

足場を設置する際に

防護管を取り付ける必要があります。

近くに電線があるにも関わらずに

防護管を使用しないというのは有り得ません。

 

「外壁塗装をする時の電線保護はどこに頼めば良いの?」

「電線の保護が必要と言われたけど費用はかかるの?」

A:電力会社とリース業者への依頼は

   塗装業者が行ってくれる場合がほとんどです。

   ご自身での予約や見積もりなどの手間は不要です。

   見積もり金額を知りたい場合、

   やまおか君に連絡下さいませ。

 

なぜ電線保護が必要なのか

法律で安全確保の義務が定められている

 

塗装工事のための足場の近くに

電線が通っている場合、

業者は防護管を電線に取り付けて

感電防止対策を行わなければなりません。

作業員が電線に接触してしまう箇所を

放置しておくと、

事故にも繋がる可能性があり非常に危険です。

電線に触れて事故を起こすと

停電が起きる可能性があるうえ、

雨が降った後は事故の危険性も高まるため

防護管の取り付けは必須なんです!!

 

住まいのやまおか君では

こんなお悩みも即座に解決です。

見積り時、なぜこの作業が必要なのか。

見積書を見て不明な項目がありましたら、

是非やまおか君スタッフにお聞き下さい。

 


㈱ヤマオカ「住まいのやまおか君」
フリーダイヤル 0120-414-368

<本社>
〒651-2117
神戸市西区北別府5-15-8

<西神ショールーム>
〒651-2254
神戸市西区平野町芝崎285-1

外壁塗装 屋根塗装 防水工事 
屋根工事 雨漏り(雨漏れ)の修理
ミラブル 除菌・バスター 
㈱ヤマオカ Twitter
https://twitter.com/yamaokakun1
Eメール 
info@yamaokakun.com
山岡鉄也 Facebook
https://www.facebook.com/yamaoka.tets…

 

セミナー参加・無料お見積もり