屋根の漆喰って、なに??

漆喰とは

水酸化カルシウム=消石灰

(石灰石を焼いて水を加えたもの)

を主原料とした塗り壁材。

この消石灰に糊(のり)やスサを加えて、

水で練ったものが漆喰になります。

漆喰工事なぜ必要?

この漆喰は、屋根瓦の1番上の箇所にあたる

「棟(むね)」の台土を守るために

塗り込んでいる材料です。

白く塗り込まれたところが『漆喰』になります。
この漆喰(しっくい)は、

定期的にメンテナンスを行う必要があるのですが、

意外にみなさん漆喰のメンテナンスについて知らず、

ここから屋根全体のダメージに

繋がってしまうケースがあります。

屋根瓦に使われる瓦の耐用年数は

長いもので50年〜60年ですが、

屋根の漆喰の寿命は瓦よりも短く、

20年前後で表面が朽ちてきたり、

剥がれてきたりするのが一般的です。

必要なタイミングで漆喰の手入れを行うことで、

瓦屋根全体を長持ちさせることができます。

住まいのやまおか君では

高耐久の材料で

コーキング打ち替えも行っています☺

オートンイクシード

新たに開発した特殊高耐久ポリマー

「LSポリマー」を配合することにより、

これまでにない耐久性、耐候性を実現した

「超寿命シーリング材」です。

 新築・リフォーム問わず幅広い用途で、

長期に渡り大切な建物を雨水の侵入から守ります。

特長
経年で流出する可塑剤を配合せずに

優れた柔軟性を実現。

経年による硬質化を防ぎ「柔らかさを長時間維持」

 

漆喰工事を行う時のポイント

まずは、

①漆喰補修工事の実績がある業者を選ぶ!

専門外のため実は漆喰工事をしたことがない、

知識のない業者も存在します。

漆喰の補修工事の施工実績があるか、

まず確認してみましょう。

②工事中の写真を撮ってくれる業者を選ぶ!

工事中の写真を撮ってくれる業者を選びましょう。

屋根の上の工事は

お客様が確認しにくい場所です。

写真を撮らずに

工事を終える業者も存在します。

そのため一枚でも

写真を撮って見せてくれる業者を選ぶと

手抜き工事の確認も取れ安心です。

 

 

 

セミナー参加・無料お見積もり