雨漏り119の全国会議!

こんにちは

鉄っチャンネルです

先日鉄っちゃんが事例発表を行った

雨漏り119の全国会議

前回の続きをお楽しみください

(前回はこちらから

 

あともう一つ大事なのが視覚に訴えます

目で見るというのは

記憶に残ります

理解もしやすいです

話を聞いて話の中で

相手に想像させるのではなく

いかに相手に伝えるかが大事です

例えば建物を建てるとき

お客さんというのは

自分の家を

新築から建てた方もいらっしゃいます

逆に中古で買った方もいらっしゃいます

でもお客様は意外と

建物の構造わかっていないのです

だからここを説明します

土木の話 

基礎からやっていきます

ベタ基礎や布基礎写真で見せると

「なるほどこういうことか」となります

例えば2000年も

品確法以前の建物はベタ基礎が少ない

だからシロアリもきやすい

この話も具体的に見ていくと

そういうことかというのがわかってきます

建物は在来工法もあれば

ツーバイもあります

2×4は構造としては

しっかりしているが湿気に弱い

水に弱いこういう建物であることを

理解して頂きます

何より建物を建てていく状況を

お客様に説明します

例えば建て方が終わりました

すると棟上げが済んだ訳です

で何から工事に入っていくか

皆さんご存知だと思いますが

まず最初に屋根ですね

屋根にルーフィングを貼ります

なぜかというと

大工さんが内装工事を

進めることができるからです

家の中に雨が入らなければ

大工さんも内装工事できます

どうしても新築の時は

工期が限られています

その工期の中で工事を進めるために

内装で進めていける状態を作っていく

ただこの状態で放置されてしまいます

さっさと瓦を引いてしまえばいいのに

意外とこの状態で放置されてしまうんです

というのも

屋根屋さん瓦屋さんの段取りで

とりあえずルーフィングだけ貼っとけば

またその内手が空いた時に

貼ればいいていう状態が

続くんですよ

これは よろしくないのですが

この状態で屋根が風で煽られて

時には破れたりすることもあります 

またそれをきちっと

張り替えてすればいいのですが

1回私が見て

「えっ」て思ったのが

そのまま戻して

破れたところに防水テープを貼って

瓦を葺いている瓦屋さんを

みたことがあります

瓦を葺いてしまったら

中が見えないですよね

こんな事例があることを知っておくきましょう

 

(続きはこちらからどうぞ(^^)/)

セミナー参加・無料お見積もり