いい塗料を使っているのに壁がふくれる・めくれる?!

いい塗料を使っているのに壁がふくれる・めくれる?!意外な塗膜の弱点攻略法!【Vol.27】  

こんにちは!

今回は理屈を知ってもらえたら、良いのではないかと思い

塗膜の弱点についてお話していこうと思います。

 

まず塗料というものは何故塗るのかという点です。

塗料は

建物の下にあるものを保護するという役割があります。

例えば、

コンクリートを中性化させない、

鉄の錆防止、

木を腐らせない等があげられます。

まあ防水性の高い塗料になれば

水が入らないものもあります。

しかし、これはあくまでも

塗っているものの外側からの話です。

いくら外側に塗っていても

中から湿気がまわった場合には効果がないのです。

これが、塗膜の弱点になります。

中から水が回った場合

塗料がめくれたり、膨らんだりしてしまいます。

(仕組みについては、動画をご覧ください)

 

塗装工事の際は、業者に聞いてみるのも

良い業者を見抜く材料になります。

工事の際に聞いてみるのも良いかと思います。

 

以上、塗膜の弱点でした!

 

 

 

 

 

 

セミナー参加・無料お見積もり