【外壁の下塗り】やってみようvol.3

外壁のプロ鉄っちゃんの塗装技術炸裂!

【外壁の下塗り方法】パターン付けに挑戦☆【やってみようvol.3】  

前回紹介した下地に引き続き、

本日は「フィラー」の下塗り方法をご紹介したいと思います。

前回は「シーラー」でしたが、

シーラーを使って下塗りした場合は、下地はまっ平になります。

ひび割れした箇所というのは

補修すると、どうしても補修した形が残ってしまいます。

ここでシーラーを使うと形が目立つことがあるため

そんな時は

フィーラーを使用します!

まずはフィーラーをマスチックローラーを使って

塗っていきます。

フィーラーはシーラーと違い、ドロッとしています。

マスチックローラーを使うと

「ゆず肌模様」のような仕上がりになります。

塗っている感触としては

ジャラジャラという感じですね。

ざらざらとした感じですが、

均等になるように塗らなければいけません。

こちらは、下から上に!!

持ち上げるように塗って下さいね。

 

またこのフィーラーをウールローラー

塗っていくと平滑に仕上げることが出来ます。

違いは動画を見ると、分かりやすいですね。

 

是非ご参考にしてくださいませ(^^)/

 

セミナー参加・無料お見積もり