リボール防水認定施工店!

前回から引き続きお話しています、

防水研修。

なぜ研修に行ったかというと、

まず

素人さんには分かり難いのかもしれませんが、

塗装屋さんは基本ペンキ屋さんで、

防水屋さんは大まかに言って、平面防水と外壁防水と分かれます。

外壁防水は線防水とも呼ばれ、

シーリング工事とも言われています。

昔の呼び方ではコーキング屋さんで、

またこれも専門の業者がいるのです。

この業界では専門業者じゃなくても、

自分の腕に自信があれば専門業者に頼まず、

専門じゃなくても施工をする塗装屋さんは結構おり、

反対に防水屋さんが塗装も施工する業者もいます。

同じ塗る作業で一体何が違うのか。

まずペンキ屋さんは

キレイに薄く塗る作業。

防水屋さんは

床に塗料を塗る為、塗料が上から垂れてくることが

ないため薄く塗ることはせず、

逆に厚く塗る作業になります。

その為、

ペンキ屋さんに防水をさせると

薄く塗ってしまうため

防水効果が出ないことがあります。

やまおか君のスタッフにも

防水の技術を身につけてもらうため

まずは自身が研修に参加しました(^^)/

詳しくは動画にて説明していますので

防水で気になる事も

是非s米のやまおか君にご一報くださいませ。

 

 

セミナー参加・無料お見積もり