トライやるウィーク

神戸市西区のある中学校で行われた

職業体験実習「トライやる・ウィーク」

鉄っちゃんとその仲間

塗魂ペインターズのメンバーの指導のもと、

中学生が塗装に初挑戦します。

今回は、使っていない階の廊下を塗装することに。

いきなり塗るのではなく、

その前にしっかり説明を受け、

養生・下地補修をした後、下塗りをして、

その上に上塗りをしていきます。

仕事はオンとオフのメリハリが大切!

真剣に仕事をして、

お昼休みにはレクリエーションで思いっきり楽しみます♪

意外と難しいペットボトル立てや、

叩いてかぶってジャンケンポン!

思いっきり笑って、また真剣モードに戻ります。

生徒たちの頑張りで、どんどんキレイになっていく壁。

そして、ついに完成!

果たしてどんな風に生まれ変わったのか?!

劇的ビフォーアフター風にお見せします。

「人のために働き、仕事で町を守る!」

カッコをつけている様ですが本気です!

だから中学生にも伝わったのかと…

一生懸命勉強し、受験戦争に勝ち残り、

高学歴でペンキ屋の職人になろうとする人はいません。

私も含めどちらかと言うと勉強嫌いで

出来の悪かった人間が多い業界です。

(そうでない方ゴメンなさい。^^;)

でも、私が職人に伝えているのは

「プライドを持って仕事をやれ!」

「自分の作品を町に残せ!」

と言うことです。

技術を磨き、

その技術で生涯の買い物として

一番高価な「家」を大切に塗装させて頂き、

資産価値向上のお手伝いをするのが、

我々ペンキ屋の仕事です。

この生徒さんには「そこ」が伝わった様で、

とても嬉しいです。

将来この生徒さんが仕事を選ぶ際に、

今回のトライやるの経験を思い出し、

「モノづくりの精神」や「技術職」と言った関連に

進んでくれるとありがたい…

もっと言えば、街の建物をメンテナンスするペンキ屋へ…

セミナー参加・無料お見積もり