笠木放っておくと、、、、危険かも!!

板金笠木からアルミ笠木への

取り替え工事です。

板金笠木を取り外したところ、

下地の木材が、かなり傷んでいました。


下地を補強してから

アルミ笠木を取り付けます。

そもそも笠木ってなんのためにあるの?

ベランダやバルコニーの手すり部分に

用いられる笠木は「躯体(外壁)」を

腐食から守る役割があります。

家屋から突き出ているベランダや

バルコニーの壁面は雨や風を

よけるものがなく風雨の影響を受けます。

そこで、

笠木を取り付け

家屋自体に直接

水や風があたることを防止します。

これにより長い間家屋を

雨風から守る事が出来ます。

 

水の侵入を許してしまい

内部が腐食してしまうと、

階下の居間や軒天井などに被害が出てきて、

住宅全体を傷めてしまう恐れにも繋がります。

さらに腐食が広がると、

「シロアリ」が発生するケースもあります。

そのため定期的な点検が必要です。

気になる際は見積時、

この項目に注目してみるのも

良いかもしれませんね(^^)/

——————————————————-

㈱ヤマオカ「住まいのやまおか君」
フリーダイヤル 0120-414-368

<本社>
〒651-2117
神戸市西区北別府5-15-8

<西神ショールーム>
〒651-2254
神戸市西区平野町芝崎285-1

外壁塗装 屋根塗装 防水工事 屋根工事 雨漏り(雨漏れ)の修理
ミラブル 除菌・バスター 
㈱ヤマオカ Twitter
https://twitter.com/yamaokakun1​
Eメール info@yamaokakun.com
山岡鉄也 Facebook
https://www.facebook.com/yamaoka.tets…

セミナー参加・無料お見積もり