お客様の声

神戸市西区天が岡S様

 
Q1.塗替えすることになったきっかけは?
塗替えを決めたのは、僅か一週間くらいの間のことでした。自分自身も、自分の身を置く環境も考えていたのだと思います。
 
Q2.塗替えを行うにあたって、不安だったこと
この家を購入してから30年以上、屋根・外壁のメンテナンスは一切していませんでした。果たして塗替えだけで対応できるのか、という懸念がありました。
 
Q3.やまおか君を選択頂いた決め手
重視したのは見積書の明細と、その説明方法でした。相見積をした他社は、明細が一枚だけついた見積書と塗料のパンフレット三冊を郵送してきて、それっきりでした。御社の見積書は、数量計算書・塗料のグレード等による5つの仕様案・基本工事・外壁塗装・屋根塗装・オプション工事の6枚に分けて、非常に分かりやすいものでした。明細を比較し出すとキリがないのですが、一つあげると、塗装と直接関係ないテラス(物干し場)の波板交換は、他社は御社の倍以上の見積価格でした。他は推して知るべし。また建物診断書は、事前に我が家を撮影した写真を元にして、傷んだ箇所を具体的に説明したもので、単に”塗る”だけでは無い事が良く分かりました。工程も明快でした。御社は郵送だけでなく、これらの見積書と報告書を携えて我が家を訪問し、時間をかけて丁寧に説明して下さいました。決め手は、我が家を担当して下さった小笹さんの印象でした。顧客の要望を大切にしつつ、必要が無い事は必要無いとはっきりと伝える。無駄の無い合理的な考え方を持ちながら、細かな事まで心配りが行き届く。この人が働いている会社なら間違いないと思いました。見積書の説明を受けた後、ゆっくり考えて下さいと言われましたが、その場で即決しました。この第一印象の正しさは、やがて工事が始まり、直ぐに証明されました。
 
Q4.やまおか君で工事を終えた感想
小笹さんにお会いし、その話をその言葉をお聞きして、やまおか君に決めました。私が多弁で話が長いのに根気よく聞いてくださり、感謝しております。誠意をそのままにしたような方です。営業職が天職だと思います。やまおか君の顔として、本職を全うして下さい。監督の野田さんは少々舌足らずである事は否めませんが、それもご愛嬌で愛すべきキャラクターです。言葉が少ない分連絡は手短で要領を得ていて、的を射たものです。我家のカラーベストがもう少しマシな状態であれば、予定通りの完了でした。ご迷惑をおかけしました。屋根の下地調整を重ねて下さって有難うございまいました。中村さんの足場設計の賜物という事も勿論ですが、山嶺さんと田中さんのお二人で北側と西側の狭い通路にも巧く組み上げて下さいました。何より嬉しかったのが、車と二台のバイクを駐車(駐輪)スペースに置けた事です。お隣やお向かいにご迷惑を掛けずに済みました。特に大切なFTRとF6Cを道路に置かずに済んだ事は望外の喜びです。やまおか君にお願いして良かったと思いました。また空調服が実際に使われている所を初めて拝見しました。この協力会社が従業員の健康に配慮している事が窺われます。コーキング担当の協力会社の日高さんは、齢も若いのにリーダーシップを発揮してテキパキと仕事を進めて下さいました。私が質問する前に、自ら工程の詳細を説明して下さいました。ありがとうございました。塗装殊に屋根塗装については、私が33年も放置していたため、カラーベストが風化して生地が剥き出しになり、下地調整の際、吸い込みが激しくて塗料も作業時間も大幅に増加してしまいました。このような事態にも慌てず騒がず、追加料金の発生もなく対応して下さいました。特に柏崎さんは、毎日黙々と仕事を進めて下さり御礼の言葉が見つかりません。ありがとうございました。二階のバルコニーが錆びて塗装が浮き、塗料が剥がれ落ちてバルコニーに出るのも憚れるような状態でしたが、小城さんが頑丈に補強して下さり新築同様の見違えるような仕上がりになりました。またテラスの波板も新品に交換されて、気持ち良く過ごせるようになりました。出先から戻ると、足場かきれいに取り払われていて家の外観を見る事が出来ました。外壁のオレンジブラウンに対して、樋と帯をブラウンにした事で随分と引き締まった印象を受けました。このカラーコンビネーションを提案して下さった小笹さん野田さん有難うございました。ご近所の方からも、良くなったねとのお言葉を頂きました。表札に彫られた文字の黒色が抜け落ち、石材の生地と同じ色になって読み辛くなっていたのを、いつの間にか文字入れをして下さっていました。自分で表札をまじまじと見る事が無く気が付きませんでしたが、最後に頂戴したメンテナンスノートの工事記録に、塗装前・塗装後の比較対照が出来る写真があり知らぬ間にこんなサービスを・・・、と気付かされました。

まずはお気軽にお問い合わせください !!