塀の塗装を剥がす作業をしています

こんにちは。

昨日の関東の雨はすごかったですね。。日ごろの防災への備えも大切だなぁと改めて感じました。

さて、今日は多能工の小城と網谷が塀の塗装を剥がす作業に入っています。

塀 塗装 剥がす

塗装が浮いていたりはがれやすいところは先に剥がしています。

ただ、やはり塗装はぴったり塀に密着しているので、それを先に浮かせてやる必要があります。そこで使うのが、塗料を柔らかくする溶剤。

ハクリタイト

ハクリタイトという溶剤。

これを塀に塗布すると、壁に密着している塗料が柔らかくなって、剥がしやすくなります。

塀 ハクリタイト

緑色に色が変わっている部分が、ハクリタイトを塗布したところです。

ハクリタイト

この緑色の部分が柔らかくなったら、こてで剥がしていきます。

小城いわく、イメージは「もんじゃ焼きをこてで剥がす感じです」(笑)と言ってました。

きれいに剥がれていってますね(^_-)-☆

塗膜 剥がす 塀

ほぼ、旧塗膜が剥がし終わりました。ここから、新しい塗料を塗って綺麗に仕上げて工事終了となります。

 

*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。
屋根外壁の塗り替え工事は住まいのやまおか君へ
対応エリア:西神・学園都市 神戸市西区全般・須磨区・垂水区・三木・明石
~塗装・防水のプロフェッショナル~
住宅・住まいのお困りごと ご相談ください!
*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・

まずはお気軽にお問い合わせください !!