【油性塗料の失敗はもうしない!】塗装でよるある失敗はこれ!

こんにちは

鉄っチャンネルです

塗装でよくある失敗

それはニス・ペンキ・オイルステン

にあるがその違いは?

塗装のプロが伝えるちょっとしたコツで

もう失敗しない!

お楽しみください

 

今回も鉄っちゃんの作業場から

やってみようシリーズ

お届けしたいと思うんですが

ニスとかペンキの違いを

ご説明して覚えていられるかと

思うのですが

例えばクラシックの玄関扉

いわゆる木目のあるものですね

これにペンキを塗りつぶしてしまうと

木目が消えてしまう

そういうものは

ニスで仕上げる

漠然としてどんなものかなっていうのは

ピンとこられない方もあるかと

思いますので

そのあたりを

やってみようシリーズで

ご説明したいとおもいます

以前見ていただいたと思いますが

いわゆる木目の残っているもの

これにペンキを塗ってしまうと

ベタッと塗り潰れてしまう

あとは白木の上に

着色やオイルステンを塗って

上にクリアを塗って

こちら艶消、こちらは艶有

塗ったらこうなります

というのをリアルにやってみます

 

手元を映していきます

今回もあえてホームセンターで買ったものを

使用していきます

よくこういったものを見かけるとおもうのですが

油性塗料=ペンキというやつですね

いろんなものがなんでも塗れますと

書いてますが

実際には

なんでも塗れる訳ではないです

こういった油性ニス

今回ウッドデッキとか

木に塗ることを想定して

どんなものを使えばいいのか

いろいろとやってみようかなと

いうところなんですが

まずニス、いわゆる顔料塗料というのは

樹脂に顔料が混ざってます

顔料という色ですね

色の粉が入っていないもの

クリアになります

どんなものかといいますと

ドロドロした蜂蜜の

薄いかなといった形です

こういうペンキというものは

樹脂に顔料が入っているものです

(色付き)

色もいろいろありますが

木に塗ることを想定して

茶色系のものを選んでますが

チョコレートを溶かしたような感じ

 

もっとシャバシャバにした状態

同じような茶色なんですが

シャバシャバの状態ですね

これがオイルステンです

キシラデコールが有名で

木部の防虫・防腐で塗られますが

あれは樹脂というか薬剤です

→続きは動画にてご覧ください

 

【油性塗料の失敗はもうしない!】

塗装でよるある失敗。

それはニス・ペンキ・オイルステンにある!!!

その違いは何?!

塗装のプロが伝えるちょっとしたコツで

もう失敗しない!

神戸市・明石市・三木市、外壁塗装実績多数!
住まいの外壁塗装は、住まいのやまおか君へ
電話番号:0120-414-368

セミナー参加・無料お見積もり