タイル補修で同じものがない!究極の方法!

こんにちは

鉄っチャンネルです

マンション大規模修繕!

プロならではのチェックポイントを

鉄っちゃんが解説していきます

皆様お楽しみください

 

タイルですが

いわゆる磁気タイルが半永久的と言われます

ただタイルの目地があります

目地に関しては

劣化していきます

これを改修工事の際にどこまで手をかけるか

ということなんですが

撥水剤を塗って

目地からの水の浸入を

防いであげるケースもあります

タイル自体も汚れていたら

普通の高圧洗浄だけで取れないような場合は

薬品洗浄したりということも

行っていきます

もちろん割れているところ

欠けているところも

どうするかということなんですが

タイルっていうものは

例えば10年から15年前のタイル

同じものがあるかと言われたら

まずないんです

ですから似たようなタイル

いわゆる大きさであったりとか

色・形。

似たようなものを探すんですが

なかなかピタッと合うものは少ないです

すると部分的に張り替えると

目立ってしまいます

どう判断するか。

細かいヒビの場合、

注入だけで済ませておくとか

期限がないのであれば

その方がかえって目立たない

ということもありますし

割れの箇所が多い場合

それに近い状態で

タイルを窯で一から

焼いてもらうということができます

その場合、1ロットが最低でもいくら

というのがあるので

ザクッとですが1回窯で焼いてもらうと

数千万という単位になりますので

50万~60万というお金がかかると思われます

でこういった樋なんかも傷んでますね

外溝にまわると塀・擁壁

塀と擁壁はそもそも違います

塀は裏面も表面も風が当たる状態

擁壁というのは片面だけ風にあたる状態

裏面は土の中、いわゆる土留め

土を止めている状態

これはどうしても

内部の土からの湿気が出てくるので

裏から水・湿気が出てきて

塗膜がめくれてしまうというケースが多い

こういったところには

透湿系いわゆる湿気を通しやすい塗料塗っておかない

変に弾性系のある塗料塗ってしまうと

水が抜けなくて風船状態になってしまって

大変なことになってしまいます

あとバルコニー側

こちらの方に回ってきましたが

バルコニーは下からの状態で

把握しづらいものがあります

もし空き室とかがあれば

そちらからバルコニーの

床とか壁とか天井の状況

をチェックしていただいたら

よいと思います

→続きは動画にてお楽しみください

 

【マンション大規模修繕!】

調査も大詰め!タイル補修で同じものがない!

究極の方法は窯で焼く?!

【現場ファイル1-4】

 

神戸市・明石市・三木市、外壁塗装実績多数!!

外壁塗装のことなら住まいのやまおかくんへ!

セミナー参加・無料お見積もり