外壁塗装3回塗りはなぜ?

こんにちは。

8月にはいり、さらに暑くなってきましたね。

外に出る際は、こまめに水分補給をお願いします。

さて、本日はやまおか君のこだわりの1つをご紹介しようかと思います。

外壁塗装ですが?3回塗り”というのを耳にしますが、なぜ3回必要なのでしょうか?
 

3回塗る理由

外壁の塗装は下塗り→中塗り→上塗りと言った手順で塗装作業を行います。

1回目の下塗りは下地強化材となりシーラーと呼ばれる塗料になります。

下塗りは密着性がある塗料になり、中塗り・上塗りの塗料には密着性がありません。

下塗りを行わないで中塗り・上塗りをしてしまうと、いくら良い塗料を使っても数年で剥がれてしまいます。

また塗装面は塗料を吸い込む性質があるので、下塗りでよく塗料を吸い込ませておけば、

中塗り・上塗りで塗料の吸い込みを防止してくれます。

2回目の中塗りは上塗りを行う前の補強の役目になります。

3回目の上塗りは仕上げとなります。
 

3回塗りの注意点

一般的に、2回目と3回目は同じ塗料を使用します。

2回目と3回目を同じ色で塗ったとします。

3回目を塗る際、同じ色だと端から端まで全て完璧に塗るのはとても難しいと思いませんか?

プロとはいえ、大きな面積に同じ色を重ねて塗ると

端っこなどを塗り忘れる確率は高くなると思います。

そこで、こういった不備や手抜きを防ぐために

2回目と3回目の塗料の色を変えて、塗装を行います。

▽このように少し色を変えます

201681091115.png

中塗りと上塗りを同じ色の塗料で塗らない塗装業者は、とても素晴らしい塗装業者だと思います。

見積書の金額だけを比較して安い見積書を提出した業者を選ぶのではなく、

詳細を確認し、信用出来る実績のある会社に任せましょう。

住まいのやまおか君では、お客様に安心していただく意味もこめて、

工事後、施工写真をお客様にお渡ししています。

また、工事中疑問に思ったことは、丁寧にお答えするよう心掛けております。

塗替えの時は、是非住まいのやまおか君にご相談下さい!(^^)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
屋根外壁の塗替え工事、外装リフォームは住まいのやまおか君へ
兵庫県下及び神戸市内でダントツの戸建住宅塗り替え実績4000棟
西神(桜が丘含む)・西神南(井吹台)・学園都市での実績№1
戸建住宅対応エリア 神戸市西区・垂水区・須磨区・明石・三木
大型物件の対応エリア 神戸市内全域・芦屋・稲美町・加古川市
 「塗装防水のプロ」住まいのやまおか君にご相談ください。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

まずはお気軽にお問い合わせください !!