コンテンツ

コーキング(シーリング)とは?

Q コーキングとは?
A 塗装工事におけるコーキング(シーリングと呼ぶこともあります)とは、住宅の気密性や防水性を保つために隙間を専用の材料で充填することを言います。その専用の材料はのことを「コーキング材(剤)」等と呼び、これらは種類が多数あり、用途も多岐にわたります。

コーキングの充填材料は、主に
・シリコン系樹脂
・変成シリコン系樹脂
・ウレタン系樹脂 などがあります。(他にも多数あり。ここでは代表的なもののみを紹介しています)
シリコン系・変性シリコン系などは、ホームセンターなどでも入手可能で沢山の種類があります。

種類
特徴
外壁・屋根に使えるか
シリコン系 対候性に優れるが、塗料が付かないため塗装工事には使用することはない。ガラス類によく接着する特性あり。
×
変成シリコン系 対候性もある程度あり、塗料を塗布出来るので、塗装工事に使用することが出来る。金属や木類、石材、コンクリートなどの材料によく接着する特性あり。
ノンブリードウレタン系 耐久性が高い。紫外線に弱く変色・粘つきが生じてしまうため、必ず塗料などで表面を覆う必要がある。塗装後の汚染が少ないので塗り替え工事に使われる。
コーキングの工事の手順
2015112712268.jpg

1)旧コーキングの撤去。

カッターなどで切り取ります。

20151127122717.jpg

2)コーキング材が余計なところに付かないように、養生テープで養生し、ホコリを除去したあと、プライマー(下塗り剤)を塗布する。

コーキング作業

3)コーキング剤を充填し、表面を整えて乾燥させて終了。

   

 

まずはお気軽にお問い合わせください !!