ヤマオカ君の外壁で失敗しない情報

住宅を雨漏りや紫外線のダメージから守ろう!定期的な屋根のメンテナンスを

住宅は毎日のように雨風や紫外線によるダメージを受けています。

どんなに丈夫に設計された住宅や、耐久性を高める工夫を施していても、日々の外的な影響により少しずつダメージが蓄積されていきます。

外壁や屋根に施される塗装はこうしたダメージから住宅を守ってくれる働きを持っています。

もし塗装が剥がれてしまうと、建物が直接外的なダメージを受けてしまい、雨漏りなどのトラブルを引き起こしたり建物の寿命にも影響を及ぼしたりします。

塗装は日々の雨風や紫外線などのダメージにより長い年月が経ってしまうと剥がれていくため、定期的に塗り直していくことが大切です。

外壁塗装、屋根の塗装は使用する塗料や住宅の素材にもよりますが、目安としては10年ごとに塗り替えた方が良いと言われています。

見た目が気になってきた場合も一つのタイミングですが、見た目が変わらないから大丈夫だろう、とは思わずに定期的にメンテナンスを行いましょう。

見た目では気づかなくとも、塗膜が剥がれてしまい、住宅がダメージを受け続けているかもしれません。

 

古くなった住宅やマンションがキレイに甦る方法 部分塗装という選択

住宅やマンションなどの建物は年数とともに古くなってきますから、それを改善するためのリフォームやリノベーションは盛んに宣伝されています。しかし、「間取りとか素材は変えなくていいから、古くなった部分だけ綺麗になればいいんだけど…」「大金をかけずに一部分だけキレイにしたい」と考える人もいらっしゃいます。

そんな悩みを持つ方に最適なのが、「部分塗装」という方法です。このコラムでは部分塗装を行うことで外観が大きく変わる部分を紹介していきます。

鉄でできた部分への塗装

マンションやアパート、一般住宅の外部には、鉄で作られた部分が多くあります。例えば玄関の扉やその周辺、門扉、階段、敷地を囲う柵などです。

鉄は古くなると塗装が薄れてくるだけでなく、サビが浮いてくることでいっそう古いものに見えてしまいます。特に玄関ドアや門扉などは周囲の人から最も見える部分ですから、個人宅であれば人を呼ぶことが恥ずかしいと思うこともあるでしょう。また、賃貸物件なら、内見に来た人のイメージを低下させてしまい、借りる意欲を下げてしまう可能性もあります。

また、階段が鉄でできているアパートなども多数存在します。アプローチ側だけでなく非常階段にも鉄が使用されている光景はよく目にしますよね。

サビによる浸食が進行すると足を置く面に穴が空いたり、全体の強度が低下したりしていきますから、利用者や郵便などの配達業者の事故やケガにつながることもありえます。

塗装は外観を良くするだけでなくサビの進行を防止する働きもありますから、安全管理の上から考えても放置せずに、前向きに補修対応することをオススメします。

木材への塗装

木材は人の目に触れる部分であれば、玄関扉やウッドデッキ、建物の周囲の柵などに使用されていると思います。

木材は塗装が薄れていれば非常に古ぼけて見えるので、鉄の場合と同様に見た目が悪くなり、イメージ低下につながります。また、木材は塗装がはがれると腐食が進行しやすくなりますから、大切な住宅の一部が劣化していくことになります。

ウッドデッキは子どもがいる家庭であれば遊び場の1つだと思います。そんな場所で腐食が進むと、我が子ばかりでなく、遊びに来た子どもまでケガをする可能性がありますから、やはり放置するのは得策ではありません。

子どもがいなくてもウッドデッキはくつろぎの場所として使われることが多いでしょう。あるいは、洗濯物を干す場所としても活躍しますから、できるだけキレイな状態を保ちたいですよね。

天然木であれば作り変えるのは費用もかかりますが、塗り替えなら価格的にも安く済ませられる可能性があります。腐食が進行すると塗装で済ませるのは難しいですから、定期的に塗装をすることを考えましょう。

ウッドデッキなど直接手足が触れる部分にあまり化学的なものを使いたくないという人は、しっかり塗装の知識がある業者に依頼すれば、自然系の植物性塗料などで健康に気を使った選択も可能です。

家の内部で部分塗装が有効な個所

例えばキッチンや風呂場などの水回りは、老朽化による汚れやカビなどが気になる場所ですよね。ここではキッチンや風呂場の壁の塗り替えについて解説しましょう。

キッチンの壁を塗り替えよう!

キッチンは日常的に食品を扱う場所ですから、誰にとっても特に清潔にしておきたいところでしょう。そんな場所にカビがあったりすると衛生的に問題ですし、料理をする意欲も薄れてしまいます。そんな時、せめて壁だけでも塗り替えて、キレイさや清潔さが甦れば、毎日の調理が楽しくなる、という人も多いのではないでしょうか。

キッチンに塗料の科学的なにおいがするのはイヤだ、と思う人も多いでしょうが、嫌なにおいがしない塗料、健康と環境に優しい自然塗料などもありますから、塗装の専門家に相談してみてください。

浴室の壁を塗り替えよう

入浴は1日の疲れを取る大切な時間です。しかし、赤カビや黒カビが繁殖した風呂場ではリラックスもできません。そんな時は古くなったモルタル壁やタイルを塗り替えてみましょう。

風呂もキッチンもリフォームするには予算がないけど、古い、汚いのはなんとかしたい! そんな人は信頼できる塗装業者に部分塗装を依頼してみてはいかがでしょうか?

まとめ

一般住宅や店舗、アパート、マンションなどの部分塗装についてまとめました。建物の構造自体には不満はないけど、古びた外観を何とかしたい、壁の色を変えて気分も新しくしたい、汚くなった部分をキレイにして気持ちよく使いたいという人には、再塗装はぜひおススメしたい方法です。

外壁塗装専門店ヤマオカは神戸市にある塗装業を専門とする会社です。神戸市西区(西神中央・西神南・学園都市・その他エリア)・須磨区・垂水区・三木市・北区藤原台など、車で30分程で訪問出来るエリアにて対応致します。お客様からの信頼を第一に考える仕事を行っています。

当社は中間業者を挟まない直営工事を特徴としており、低コストで丁寧な仕事を行うことをポリシーとしています。売り上げとしては小さくても、塗装の力で皆さんに笑顔を届けたいという想いで、部分塗装も随時承っています。家や店舗、管理しているマンションやアパートの内装、外装で気になる所があれば遠慮なくご相談ください。

また、当社は住宅や店舗、公共施設などの外壁や屋根の塗装を行っています。神戸で塗装工事をお考えの際は、ぜひ外壁塗装専門ヤマオカ君にご相談ください。

外壁塗装の費用って?

一般戸建てを維持するためには様々な費用がいますが、外壁塗装もその一つです。
外壁塗装は、ただ色をつけるためだけに塗装をしているのではなく、本来の目的は塗装することによって外壁材を保護するためにあります。外壁は雨や風、紫外線などに晒されています。それがダメージとなって劣化すると様々なトラブルの原因になってしまいます。
そんなダメージを軽減することが、外壁塗装の目的であり必要性と言えます。
そんな外壁を守る塗料には、耐用年数というものがあります。どんなタイプの塗料であったとしても耐用年数があるため、その年数に合わせて塗り直す必要があります。
外壁塗装の費用は、建物の大きさや使う塗料の種類などによって大きく異なってきます。
30坪の一般戸建ての外壁を塗装する場合の平均的な相場としては、60〜90万円ほどになります。ただし、一般的な金額と言っても業者によって費用を出すための単価は異なってきます。そのため費用も業者ごとに違ってくるため注意が必要です。
業者の中には、不正をして高い金額を請求しくる悪徳業者もいますが、適正な費用を知っておくことによって業者選びを慎重に行えるようになります。

また、大まかな費用だけではなく材料や工程にかかる費用の情報も知っておくと便利です。
30坪の塗装を行う場合の各材料・単価相場としては、足場に7万円〜9.5万円、高圧洗浄に2.3万円〜2.9万円、養生4万円〜6万円、飛散防止ネット1万円〜2万円、シーリング8万円〜10万円、下地補修1万円〜2万円、下塗り7万円〜10万円程度が単価相場になります。
注意したいのが、塗料の種類によって価格が変わってくるということです。
アクリル系塗料は12万円〜14万円、ウレタン系塗料は21万円〜23万円、シリコン系塗料は30万円〜41万円、フッ素系塗料は41万円〜53万円ほどが相場となっています。
単価相場を知ることによって、悪徳業者に騙されずに適正な費用が分かります。
ただし、注意したいのが塗料のタイプによって耐用年数が異なるということです。アクリル系は耐用年数が短いため、短期間で色を変えることができ、ウレタン系は価格と性能のバランスがよく、シリコン系は光沢が長持ちして色あせしにくく耐候性もあります。フッ素系は価格は高いものの耐久性が高く汚れがつきにくいのが特徴です。
様々な外壁塗装のための塗料がありますが、予算を考えて家にあった塗装を行うことが大切です。

外壁塗装する時の塗装の種類って

1年間を通して直射日光を受けやすい南側の壁面はもとより、日陰になりやすい北側においても10年に1度の頻度を目安として行うべき外壁塗装で用いる塗料には様々な種類が存在します。
各々仕上がりや耐久性に差異があるので、塗装を行う壁面の状態や建物が位置している立地などを考慮しながら最適な塗料を選ぶ必要があります。
塗料の種類は大きく分けてアクリル系とウレタン系、シリコン系とフッ素系がありますが高い頻度で塗替えを楽しみたかったり、できるだけ塗装に要する費用を抑えたいと考えている方に適しているのがアクリル系で、塗料自体が軽くて塗布した際に塗料の色がはっきりと見えるという特徴があります。
ウレタン系はアクリル系により一層高い耐水性や防水性を与えた種類であり、戸建て住宅において雨や風が吹き付ける機会が多い壁面に対して用いられる事例が多いですし、塗布後に高い密着性を誇るので塗装をした後に剥がれやすい場合にウレタン系を使用すると剥がれずに安定します。
シリコン系はウレタン系が持つ耐水性と防水性と共に耐候性や仕上がりを高めた種類で、合わせて高い弾性も有している様子から塗膜という膜の下部にて小規模なひび割れが発生しても防水性が衰えず、壁に水が入り込み住宅の寿命が縮まる事が防げます。
フッ素系は耐久性と撥水性、耐候性の全てに優れているので外壁塗装に対して高いクォリティを求めている方や、土地柄風が強く吹きやすく雨風が壁に当たりやすい場所に住宅がある事例で頼もしいです。
このように様々な種類があるため、外壁塗装で使用すべき塗料が決められないという場合でも実情をお話すれば業者の方が最適なタイプを選んで頂けるので安心です。
また、選ぶべき塗料に迷いが生じてしまった時には汎用性と人気が最も高いシリコン塗料に絞って決めるのも良い決め方であり、シリコン塗料の中でも水性1液型や溶剤1液型、溶剤2液型などに分かれているため尚一層状況に合ったタイプが選びやすいです。
水性1液型は大手の外壁塗装の企業も使用しているタイプで、取り扱いがしやすい上に環境に与える影響も小さいので塗布する面積が広い時に重宝します。
溶剤1液型は水性よりも高い耐久性が必要であると判断された時に用いられ、溶剤2液型は使用時に硬化剤も投入して使用するという特徴があります。
使用時に硬化剤も合わせて使用するという特性から密着性と耐久性は3つのシリコン塗料の中で最も高く、雨樋や雨戸の近くに使用すると非常に高い外壁塗装の仕上がりになります

外壁塗装によって耐用年数が変わるってご存じですか?

外壁塗装の耐用年数は、壁を保護する塗装の保護性能の年数を意味ます。

耐用年数としては大きく2種類に分かれており、一つは外壁塗料の耐久年数です。そして、もう一つは国税庁が定める建物の耐久年数となります。外壁塗料の耐用性は、成分や品質によっても異なります。

 

一般的には10〜20年が目安となっており、それ以上高い耐用性のものは存在していません。

アクリル系の耐久年数は4〜7年ほどで、発色に優れ安価という特徴があります。ただしアクリル系は汚れが目立ちやすく、耐用面では低い部類に属します。 ウレタン系の耐用性は6〜10年で、汚れや色あせにも強いのが特徴です。耐用性が高いので、コストパフォーマンスに優れた塗料と言われます。シリコン系の耐用性は8〜15年と長く、外壁塗り替えによく使われています。そしてフッ素系は耐用性が最も高く、15〜20年の年数が確保されます。ただしコストがかかるので、商業施設などに用いられています。

塗料の価格帯としては、耐用性が高いほど高額になり、耐用性が低い塗料は廉価となります。フッ素系は高額であるものの、メンテナンスなどを考慮すれば、リーズナブルだと言えます。 シリコン系塗料は価格や耐用性、そして仕上がり具合のバランスに優れています。コストパフォーマンスに優れているので、一般住宅の選択肢となっているわけです。

 

また、サイディングが外壁に使用されている場合、パネルの隙間にコーキング剤を注入する必要があります。

コーキング剤の耐用性は5〜10年ほどで、シリコン系塗料よりも劣化が早くなります。さらに、外壁塗装を行う際には、バルコニーやベランダの防水工事を伴うケースもあります。防水材も種類によって耐用性が異なっており、定期的にメンテナンスが必要となります。

 

塗料メーカーでは、塗料の耐用年数を検証するために「促進耐候性試験」を実施しています。この試験は専用の機会を用いたもので、耐久性を検証することができます。ただし、実際の住宅では立地条件や環境によって、耐用年数は異なります。特に交通量の多い地域では、排気ガスによって外壁塗料の劣化が早まります。また、大型車が頻繁に通行すると、振動で壁自体にひび割れが生じる可能性もあると言えます。

それゆえ、外壁塗装を行う際には、立地条件を考慮して塗料や施工業者を選ぶことが重要になるわけです。単に見積もりの安さだけで選ぶのではなく、実績が豊富な業者に依頼するのが安心です。

外壁塗装時に頭に入れておきたいウレタン塗料の特徴

一言で外壁塗装を行うといっても、様々な種類の塗料の中から選ぶことになるでしょう。

ウレタン塗料と呼ばれるものは、外壁塗装で使われるもののうち、下から2番目のグレードに位置しています。以前まではウレタン塗装が最新として多くの住宅に使われていて、はじめての外壁塗装に選ばれることも多く見られました。

しかし近年では断熱や光触媒などといった、さまざまな機能性を持つものが次々に登場しているのが実情です。

 

そもそもウレタン塗装とは、ウレタン樹脂を成分とし、外壁の仕上げ用のことを指しています。

外壁塗装の塗料は主成分の違いによりさまざまなグレードに分かれますが、その成分の持つ特徴により、強度や性質にも異なりが見られます。

ウレタン樹脂と呼ばれるものは、ポリウレタンのことを指しています。1930年代にヨーロッパで工業用として使われ始めたのがはじまりで、1950年代に入ると、世界中に普及していったものです。 ウレタン塗装の性質としてあげられることは、柔らかい弾性の飛膜を形成する特徴があります。

弾性とはどのようなものなのかというと、衝撃がかかったとしても元に戻ろうとする力のことを指します。弾性を持つ素材として知られているものには、ゴムやスポンジなどがあげられるでしょう。弾性を持つものを塗装することで、ひび割れが発生しそうになっても飛膜が柔らかく動くので、割れを抑止することにもつながります。 もちろんあまりにも強い力が加わってしまえば、カバーすることはできないでしょう。そして密着性が高く屋外の部材と相性が良いということが挙げられます。

密着性とはどのようなものなのかというと、下地に対してしっかりと付着できるかどうかということを指しています。ウレタン塗装はこの性質に非常に優れていて、雨戸や雨樋などといった複雑な設備の塗装にも適しています。

ウレタン塗装を選ぼうか悩んでいる人の中には、シリコンとどちらにしようか悩んでいる人も多いかもしれません。

 

一般的に考えると耐用年数や耐候性などを考慮すると、シリコンの方が耐久性を長持ちさせられることでしょう。しかしすべてにおいてシリコンがよいというわけではなく、場合によってはウレタンで問題ないケースも見られます。適しているケースとしては、10年後に再塗装を予定していて耐久性にそこまでこだわりがない場合や、ひび割れを防ぐ目的であるとき、また付帯部の塗装の際には向いていると言えます。

外壁塗装のヒビ割れは早期対応しなれば修理費用が数倍に

自分が住んでいる家の外壁は、普段はそれほど観察する場所ではないかもしれません。しかし場合によっては外壁にヒビ割れが生じている可能性もあるでしょう。

 

外壁のヒビ割れをそのままにしていた場合には、表面がはがれてきてしまったり、場合によっては雨漏りに発展するケースも見られます。

外壁塗装のヒビ割れは早期対応しなければ、修理費用が数倍に跳ね上がる可能性もあるので、早期的な対策が求められます。 もしも外壁にヒビがあるのが見つかった場合には、なぜこのようになってしまったのかと不思議に思うかもしれません。

その原因としては二つのものが考えられ、一つが経年劣化によるもの、二つ目が工事業者の施工不良によるものです。

 

一つ目の経年劣化によるものは、長い年譜決がたち自然と起きる現象のことを指します。そもそも外壁は日常的に紫外線を浴び続けていたり、雨風にさらされ続けていることになります。このようなことから、どんどん劣化は進んでいくことでしょう。この経年劣化の一つの現象であり、完全に防ぐことはできません。そのため外壁塗装を定期的に行っていくことが重要です。

また外壁は人間の目には見えないものの、膨張や収縮を日々繰り返しています。このような動きも素材の傷みにつながり、ここからヒビ割れに発展してしまうということです。

 

そしてもう一つの原因が工事業者の施工不良によるものです。例えば建設業者や前回の塗装工事業者が手抜き工事をしていたり、塗装方法を間違っていた場合には、それが原因となって外壁にヒビが生じることがあります。

 

一般的に外壁塗装の塗り替えの目安は10年ほどといわれています。これよりもかなり早い段階で劣化が生じた場合には、施工不良が原因の可能性が高いでしょう。 このような外壁のヒビ割れを放置してしまった場合には、まず最初にまわりの塗膜もはがれやすい状態となります。塗装は紫外線や雨水、汚れやカビやコケなどから住宅を守る目的があるものの、飛膜がはがれるとこれらの機能を果たすことはできなくなり、トラブルが生じやすくなります。

それでも放置を続けると、外壁の内部の浸食がすすんでいくことになるでしょう。外壁材や骨組の部分にまで劣化が進行すると、場合によっては大規模な修理が必要となります。これに伴い修理費用もかなり上がってしまうことでしょう。

修理費用や工事の規模を最低限に抑えるためにも、初期の段階で早期対応することが求められるのです。

築何年で外壁塗装するのがいいの?

築何年で外壁塗装を行うかですが、理想の目安としては10年前後になります。

10年後経つと外壁に劣化が目立つようになり、そのまま放置していると壁も崩れてきます。その為、塗装を行う際には10年前後を目安にすると良いでしょう。

他にも10年前後を目安にする理由としては、塗装に使用されている塗料が大凡10年以上持つことが出来ないからです。

その為、それ以上経過してしまうと壁にも大きなダメージを受けることになり、亀裂などが入るようになるので注意が必要です。

劣化が進んでしまう前に外壁塗装を行うことによって、劣化を防ぐことが出来るようになります。

 

築何年も経っている場合には徐々に劣化が進んでいる状態になるので、出来るだけ早く外壁塗装を行い劣化を防ぐようにすると家を長持ちさせることが可能です。 築年数が長くなれば長くなるほど、外壁の役割を失ってしまいます。外壁の初期異常は変色が見られるようになり、ツヤなどが無くなっていきます。更に時間が経過するとカビ等が生えてくるようになり、保護機能が無くなってしまうので注意が必要です。

 

また地域によって雨が多い地域などは劣化が早まる原因の一つにもなります。雨が多い地域の場合には、外壁が雨によってダメージを受ける時間が長くなるため外壁の劣化もそれだけ早くなります。 その様な地域の場合には出来るだけ早く、外壁塗装を行うのが理想的です。

築年数が経過するほど、壁の劣化を修理する為の費用もかかる様になるので、外壁塗装は壁の劣化が始まる前に行うことが理想的になります。

 

費用に関しても壁を修理する費用がかからなくなり、塗装費用だけになる為、安価で済ますことが出来るようになります。 何もせずに居ると亀裂などが生じることにより、室内に風が吹き込んだり雨漏りをする原因にもなりかねません。 塗装をするだけでは直すことが出来なくなるので、時間もかかってしまいます。

また塗装を行う際には一つの業者に頼むのではなく、多くの業者から見積もりを取ることも大切です。時期によっても費用は変わってくることになりますので、繁忙期を避けることによって費用を抑えることが出来ます。 今はインターネットを通して、見積もりを取ることが出来るので、メールなどを利用して見積もりをとる事がおすすめです。

評判や費用を調べてから依頼をすることによって、自分自身で納得の行くことができる理想的な工事を行うことが出来るようになります。

神戸で外壁塗装のことなら【外壁塗装専門ヤマオカ】にご相談ください!防水や遮熱もお任せです。

神戸で外壁塗装を行っている【外壁塗装専門ヤマオカ】では、屋上や屋根、外壁、テラス、ベランダといった外回りの施工はもちろんのこと畳やフローリング、壁紙、天井といった内装の施工もご相談の上、施工をしています。

外壁塗装ではアクリル系やウレタン系、シリコン系、フッ素系、高触媒などお客様のご要望に合わせた提案が出来る様に様々な塗料を取り扱っています。

もちろん防水や遮熱といった機能性を高めたい場合もお任せ下さい。


内装でもこんなことはございませんか??

「天井や壁のシミがあるが放置している」「最近、急にシミができた」などシミがあるということは雨漏りの可能性があります。

雨漏りを放置しておくと大掛かりな工事や高額な修理費が必要となることもあります。

大掛かりな工事や高額な出費にならない為にも外壁や内装の危険アラートには専門業者にまずはご相談ください。

出費を最小限に抑えながら外壁の機能や美観、内装を綺麗に保つために最善のご提案をいたします。


外観を綺麗に保つのはもちろん、外壁を長持ちさせる施工も提案します。もちろん価格などお客様の予算とご要望をお聞きした上でご提案致しますので一度、お客様のお考えをお聞かせください。

当店では最初から最後まで担当が同じで丁寧な施工をモットーにトラブルやお悩みを解決しています。

外壁塗装専門店ヤマオカは神戸市にある塗装業を専門とする会社です。神戸市西区(西神中央・西神南・学園都市・その他エリア)・須磨区・垂水区・三木市・北区藤原台など、車で30分程で訪問出来るエリアにて対応致します。お客様からの信頼を第一に考える仕事を行っています。

当社は中間業者を挟まない直営工事を特徴としており、低コストで丁寧な仕事を行うことをポリシーとしています。売り上げとしては小さくても、塗装の力で皆さんに笑顔を届けたいという想いで、部分塗装も随時承っています。家や店舗、管理しているマンションやアパートの内装、外装で気になる所があれば遠慮なくご相談ください。

また、当社は住宅や店舗、公共施設などの外壁や屋根の塗装を行っています。神戸で塗装工事をお考えの際は、ぜひ外壁塗装専門ヤマオカ君にご相談ください。

天井の張替えのタイミングはいつ?工事の修理や注意点について

天井の張替えのタイミングはいつ?工事の修理や注意点について

外装や壁紙などは目につきやすい場所なので、汚れてきたらすぐに気づきます。ですが天井となると、なかなかそこまで気が回りませんよね。さすがに雨漏りなどの症状に気づいたら修繕をするでしょうが、そうでもない限り、少々の汚れは放置しがち。

実は天井もきちんと定期的にメンテナンスをする必要があります。そこで今回は、天井のメンテナンスの方法やそのタイミングについてお話しします。これまで天井のメンテナンスをしたことがない、という人にこそ読んでもらいたい内容になっています。

1.天井のメンテナンスの種類とメリット
天井のメンテナンスと言っても、「なぜ工事をしたいのか?」によってするべき施工は変わってきます。見た目を綺麗にしたいのか、雨漏り修理をしたいのか、その目的はきちんと明確にしておきましょう。ここでは、天井のメンテナンスの種類とメリットについてお話しします。

1-1.クロスだけを張り替える
天井の汚れだけが気になっている方は、クロスを変えるだけで充分です。特別難しい施工ではないので、費用を安く抑えられるのがメリット。家族の中に室内でたばこを吸う人がいれば、上にあがった煙によって天井が黄ばみます。一度ついてしまった汚れはどうすることもできないので、クロスを張り替えるしか方法はありません。クロスは湿度を調整してくれるものや、消臭効果があるものなど実に多くの種類があるので、目的に沿って選びましょう。

1-2.骨組み下地から綺麗にする
骨組み下地から綺麗にしたい場合、下地部分を解体して新しい木材で再度やりかえることになるので、非常に大掛かりな工事になります。木材が腐敗して耐震強度が不安な場合や、雨漏りによるカビや腐敗に悩まされている場合は、下地から綺麗にするとよいでしょう。ただ費用は高くなるので、すべてを張り替えるのではなく、気になる部分だけを張り替えてもいいでしょう。

1-3.断熱リフォームをする
古い家に住んでいる人は、”夏は熱すぎるし、冬は寒すぎる”そう感じていませんか?昔の家は天井に断熱材が充分に組み込まれていないことが多いので、こういった状況がうまれます。もちろん天井だけでなく壁に問題があることもありますが、太陽の光を直接受ける家の頭の部分に断熱材を入れることはとても重要。屋根を断熱リフォームしてもいいのですが、天井の断熱リフォームの方が何倍もコスパがいいです。

2.天井のメンテナンスをするタイミング
2-1.汚れが目立つとき
ふと天井を見上げた時に目立つ汚れがあると気になりますよね。クロスの貼り替えはそれほど大掛かりな工事ではないので、天井の色や汚れが気になったタイミングで行うといいでしょう。

2-2.カビが発生したとき
前まではなかったはずなのに、急にカビが生えることもあります。一度カビが生えてしまうとその部分からどんどん広がっていくので、気づいたら早めのメンテナンスをおすすめします。

2-3.雨漏りがしたとき
雨漏りが起きてしまう原因はいくつかあるので、まずはその原因探しからしなければいけません。外壁の亀裂なのか、屋根の劣化なのか、その原因によって修理すべき場所は変わります。原因をつきとめて修理することができたら、天井のメンテナンスもあわせて行いましょう。しばらくの間水にさらされていたわけですから、劣化が進んでいるかもしれません。目に見えてよくわからない場合は、プロの業者に確認してもらうことをおすすめします。

3.天井のメンテナンスの注意点
「天井材なんてすべて同じ」と思っている人も多いかもしれませんが、天井材の種類によって室内環境は大きく変わります。数多くある種類の中で最近人気に火がついているのが”耐震天井”。軽量なので地震が起きた時に落下事故を防ぐことができます。調湿性があるもの、断熱作用があるものなど、どんな性能を期待するかで選ぶべき天井材は変わるので工事に入る前によく考えましょう。

また色選びも非常に大事で、色を少し変えるだけでもその部屋の雰囲気がガラッと変わります。落ち着いた空間にしたいのか、今までの部屋と雰囲気を変えたくないのか、あなたが求める条件でクロスの色選びをしましょう。

4.まとめ
壁や外壁と違って天井はあまり目につく場所ではありません。ですが、ふとしたときに目に入る場所なので、定期的なメンテナンスは必要です。見た目をきれいにしたいときはもちろんですが、耐震や防火・防寒の対策をしたい場合も、天井のメンテナンスをご検討ください。

外壁塗装専門店ヤマオカは神戸市にある塗装業を専門とする会社です。神戸市西区(西神中央・西神南・学園都市・その他エリア)・須磨区・垂水区・三木市・北区藤原台など、車で30分程で訪問出来るエリアにて対応致します。お客様からの信頼を第一に考える仕事を行っています。

当社は中間業者を挟まない直営工事を特徴としており、低コストで丁寧な仕事を行うことをポリシーとしています。売り上げとしては小さくても、塗装の力で皆さんに笑顔を届けたいという想いで、部分塗装も随時承っています。家や店舗、管理しているマンションやアパートの内装、外装で気になる所があれば遠慮なくご相談ください。

また、当社は住宅や店舗、公共施設などの外壁や屋根の塗装を行っています。神戸で塗装工事をお考えの際は、ぜひ外壁塗装専門ヤマオカ君にご相談ください。

外壁に使う色は?地域や調和が大切な外壁塗装の色選び

外壁塗装の色選びは、環境ガイドラインや自治体の制限がない限り基本的に自由に選ぶことができます。
しかし、悪目立ちしてしまうと周辺エリアの景観を損なうことにもなる可能性が高くなります。
だから周辺との調和を意識した色選びが大切です。

近隣の住宅を歩いてみてどんな系統の外壁が多いか、色使いはどうかを見てみるのもおすすめです。
天候や時間帯によっても見え方が変わりますし、住んでる環境によって印象や雰囲気が掴みやすくなります。

また、色には面積効果があり、小さいと暗く濃い、大きいと明るく薄い見え方になります。外壁塗装の色見本と実際に塗装した時の色の印象は異なるため、色見本はあくまで参考適度に選びます。

色選びに悩んだ際は、神戸市で外壁塗装の業者をお探しなら【外壁塗装専門ヤマオカ君】にお任せください

神戸市西区(西神中央・西神南・学園都市・その他エリア)・須磨区・垂水区・三木市・北区藤原台など、車で30分程で訪問出来るエリアにて対応致します。お客様からの信頼を第一に考える仕事を行っています。

建設業許可を得た正当な業者として安心してご依頼いただけます。

外壁や屋根のトラブルは放置していても改善することはなく、悪くなる一方です。そのため、定期的に点検を行い気になる箇所があればその都度メンテナンスをしていくことが大切です。

皆様の住まいに責任を持って取り組み、地元の皆様から信頼される施工をお約束します。

神戸で外壁塗装なら遮熱や防水の施工も得意な【ヤマオカ君】にお任せください~壁にサインが現れるって?

戸建てやマンションの外壁をみてると劣化のサインがあります。
これは業者じゃなくても一目でわかるサインです。では外壁劣化のサインって?

一目でわかるもの、それはひび割れです。
業界用語でいうと外壁に大小の裂け目、ひび割れができる事を「クラック」と言います。

「クラック」は防水性の低下で雨漏りの原因になったり建物の基礎に悪影響を及ぼしたりするため、早急な対応が必要な劣化サインの一つです。

外壁が劣化してくると、保水性を持つようになってカビや藻、コケが生えてくることがあります。ひび割れの箇所だけ色が変化してるのがそのしるしです。

また、金属部分が茶色くなっている場合はサビが発生し、劣化のサインと判断できます。

そして塗膜に膨らみや剥がれがある場合、塗膜と下地素材に水分が入りやすくなり、劣化が早く進行する可能性があります。

これらの劣化サインを発見した際は、すぐに対処することが大切なので地元の業者かインターネットで調べた信頼できる業者に依頼をしてください。


その次に壁を手で触ると手にチョークのような白い粉が付くことはあります。壁に当たったりしたときに白くつくのもこれが原因です。

これを「チョーキング」と言い、紫外線や風雨、熱といった影響で塗膜が表面に粉状に吹き出している状態で、劣化が進んでいるサインです。

これからの症状がある外壁は劣化のサインになるので早急に点検することをおすすめします。

株式会社ヤマオカでは神戸を神戸市西区(西神中央・西神南・学園都市・その他エリア)・須磨区・垂水区・三木市・北区藤原台など、車で30分程で訪問出来るエリアにて対応致します。お客様からの信頼を第一に考える仕事を行っています。相見積もりや既存の業者で不安点などございましたらぜひ一度ご相談ください。

外壁塗装の塗り替え時期はどうすればいいの?

一戸建てのマイホームは、定期的にメンテナンスをしなければなりません。建物と外壁塗装の塗料にはそれぞれ、寿命があります。建物もまたユーザーのように年齢を重ねていき、ある程度時間が経過すると、痛みが全体的に生じます。建材や環境、建てられた場所や時間などによって経年劣化の速度は変わるので要注意です。隣の一戸建て住宅がまだ塗装をしていない、だからといって自宅もまたセーフという風に考えるのは少々危険です。

大まかな塗り替えの時期として参考にしたいのが、築年数です。建てられてから10年程度経過したら、塗料や屋根、壁の素材に痛みが出ている可能性があります。外壁に目視できる位のひび割れがある、外壁にカビや苔、亀裂が見られる等、こういった症状があれば早めにメンテナンスを依頼しなければなりません。

またベランダや庭先に細かいペンキの剥がれ落ちたカスがあったり、屋根や壁面に激しい汚れが目立ったり、建材の金属部分に激しい錆が目立つようであれば、専門の業者さんに依頼すべきタイミングです。特に大きなトラブルが起きていないので、別にこの程度なら平気では、と楽観視する方々もいらっしゃいます。

具体的なトラブルが起きていないからといって、経年劣化のサインをみすみす見逃すと大変危険です。時に昨今は全国的に前代未聞の自然災害が起きつつあります。巨大な台風や水害やゲリラ豪雨や竜巻や地震など、マイホームにとって様々な脅威が現れました。老朽化を放置したまま、そういった危険な災害に見舞われると、屋根や壁が一気に破損し、水が部屋に侵入したり、水の浸透による住まいの腐食や害虫発生のリスクを誘発します。早期発見と早期治療が必要なのは人だけではなく、一戸建てもまた同じです。

外壁塗装は一年を通して、基本的にいつでも専門業者に頼めます。ただし、塗り替えに適した季節というものがあります。夏場と冬場は環境が厳しく、作業に不向きです。真夏は激しい湿気と外気温になり、スタッフが連続して作業する事が出来ません。

台風や夕立のリスクもあります。真冬の季節もまた寒さが厳しく、積雪があれば作業を中断しなければなりません。さらに空気が乾きすぎると塗料の定着が悪くなり、外壁塗装の塗り替えに適した時期は梅雨が到来する前の春、そして真夏の暑さが落ち着いた10月から11月の上旬です。地元の人々が外壁塗装をあまり依頼しない、オフシーズンを狙うのもおすすめです。

美観だけが目的じゃない?【建築物の外装塗装の必要性を解説します】

一般住宅や店舗、企業のビル、マンション、アパートなどの多くは、定期的に塗装によるメンテナンスを行う必要があります。塗装は美観を保つだけでなく、建物の外壁を守り、内部で快適に過ごすために大きな役割を持っているのです。

このコラムでは、「建物の外部塗装って何のために必要なの?」という疑問を感じている人に向けて、塗装の重要性を解説します。

塗装の目的は美観だけではない!

ここでは「建物の塗装は見た目を良くするもの」と考えている方に、塗装の目的がそれだけではないことを解説します。

建物の外壁は防水効果が無いものが多い

近年の住宅の外壁の多くは、サイディングボードという材料が使われています。このサイディングボード自体にはセメントを含む素材なため、防水性はありません。これを補うためにサイディングボードには工場で防水機能を持つ塗料を塗って出荷されます。

サイディングボードに塗られた塗料の寿命は5~7年しかない!

工場出荷時にサイディングボードに塗られた塗料の寿命は5~7年程度しかないのが一般的です。新築住宅は10年前後で塗装を行う必要があるというのが目安として語られているのは、塗装の効果が切れてサイディングボード自体の劣化が始まるのがこのころだからです。

塗料の機能は防水性だけではない

塗料が外壁材の防水性を補っていることは前の項目で解説しましたが、実は塗装には防水性以外にも重要な役割があります。ここでは塗料が持つ意外な機能を解説しましょう。

カビやコケが発生したり、汚れが付くことを防ぐ

多くの塗料にはカビやコケが発生することを防ぐ機能を加えてあります。カビやコケは非常に見た目が悪く、外壁が変色する原因にもなります。また、コケ自体が湿気を含むので外装の劣化を早めてしまいます。

さらに塗料の中には汚れ自体がつきにくいものもあります。これは「親水性」という機能で、壁についた汚れが雨と共に流れるので汚れが定着しにくい、というものです。

遮熱性や断熱性がある塗料もある

遮熱性がある塗料は、太陽からくる赤外線を反射して外壁材の温度が上がることを防ぎます。外壁の温度が上がらなければ室内の温度も上がりにくくなり、真夏の暑さを和らげてくれる効果があります。

また、断熱性が高いことを追求した塗料も存在します。断熱性塗料も屋外の環境を内部に伝えにくくするので、夏の暑さ、冬の寒さから屋内の環境を守ってくれます。

耐火機能、防火機能を持つ塗料

耐火性能や防火機能を持つ塗料もあります。主として多くの人が集まる大きな建築物や工場などに使用されており、一般住宅にはあまり使われませんが、これらの塗料は延焼にかかる時間を遅らせることで、火災のダメージを和らげてくれます。

光触媒の効果でセルフクリーニング機能を持つ塗料もある

「光触媒」と呼ばれる機能を持つ塗料もあります。これは原理の説明が難しく、分かりやすさをテーマとするこのコラムに向いていないので理由は書きません。結果だけ書くと、太陽光からの紫外線の効果で有機物をバラバラにして汚れとして定着することを防ぎ、雨と共に流してしまうセルフクリーニング機能をもっているというものです。

もちろん美しさにも貢献している

塗料が持つさまざまな機能を解説してきましたが、塗料はやはり美しさにも大きく貢献しています。塗装は特別な模様や絵を描くことでそこに住む人の個性を主張することができます。また、変わったことをしなくても、塗り替えたばかりの建物は、住む人をリフレッシュしてくれますし、外部から見る人にも心地よさを与えてくれます。

店舗であれば、外観の心地よさは売り上げの向上に貢献するでしょうし、マンションやアパートなら利用率アップだけでなく、すでに住んでいる人からも喜ばれるでしょう。

外壁塗装のデメリットは?

外壁塗装をすること自体には、建物としてのデメリットは上げられません。しっかりした塗装業者が責任ある施工を行いさえすれば、デメリットはないと言っても過言ではありません。

ただし、費用面で負担はありますので、信頼できる業者を探してしっかり目的と価格を決めて塗装に踏み切りましょう。

まとめ

建物への外壁塗装の必要性について解説しました。建物は常に雨風やホコリ、太陽光にさらされ続けていますから、毎日少しずつ効果が薄れ続けています。そのため適正な時期に再塗装をすることで、建物へのダメージを防いでくれるのです。

外壁塗装専門店ヤマオカは神戸市にある塗装業を専門とする会社です。神戸市西区(西神中央・西神南・学園都市・その他エリア)・須磨区・垂水区・三木市・北区藤原台など、車で30分程で訪問出来るエリアにて対応致します。お客様からの信頼を第一に考える仕事を行っています。

当社は中間業者を挟まない直営工事を特徴としており、低コストで丁寧な仕事を行うことをポリシーとしています。売り上げとしては小さくても、塗装の力で皆さんに笑顔を届けたいという想いで、部分塗装も随時承っています。家や店舗、管理しているマンションやアパートの内装、外装で気になる所があれば遠慮なくご相談ください。

また、当社は住宅や店舗、公共施設などの外壁や屋根の塗装を行っています。神戸で塗装工事をお考えの際は、ぜひ外壁塗装専門ヤマオカ君にご相談ください。

住宅や店舗、マンションやアパートなどの外壁や屋根について、塗装が必要な時期を見極める無料の診断を積極的に行っており、調査結果は正直に報告して無理に契約を押し付けるようなことも致しません。

住宅の外壁や屋根の塗装だけでなく、部分的なものでも塗装業者としてできることなら対応します。千葉、東京近郊で塗装工事をお考えの際はぜひ株式会社ティーダにご相談ください。

外壁塗装が劣化するとどうなる?外壁塗装について大事なこと

外壁塗装の耐用年数が知りたい
建物について、「外壁の塗装」のことを日常的に気にする人は少ないですよね。

しかし、日本の住宅の外壁の8割に使われているサイディングボード自体には防水性はなく、防水塗料で水が浸み込んだり素材が劣化したりすることを防いでいます。

塗装が劣化すれば家は無防備な状態になってしまいます。

そんな重要性を持つ外壁塗装の耐用年数についてまとめてお伝えしたいと思います

1・外壁塗料が劣化するとどうなる?
家は塗装で守られている
日本の住宅の8割以上は外壁に窯業(ようぎょう)系サイディングボードという素材を使っています。このサイディングボードにはもともと防水性は無く、塗装されていなければ室内に水分が侵入しますし、サイディングボード自体も劣化してひび割れなどが起こります。

「塗装は見た目を良くするためのモノ」という認識を持っている方も多いと思いますが、この考えは間違いです。「塗装があるから家は守られている」という認識を持ってください。

塗装も劣化するの?
外壁は日常的に、太陽からの紫外線、風雨、温度差、砂やホコリなどにさらされ続けているので、外壁塗装も時間ごとに劣化が進んでいます。

家の外壁に使用されている窯業系サイディングボードは、工場出荷の時に防水塗装が施されていますが、その塗装の寿命は5年から10年程度が一般的です。

ですから新築住宅でも10年程度すれば外壁塗装をしないと、外壁そのものが破損したり、雨漏りが起こったりするのです。

塗料によって塗装の耐用年数は変わる

外壁塗装の耐用年数って?
外壁塗装の耐用年数は、塗料そのものの耐用年数と、外壁材の耐用年数によって変わります。塗料も外壁材も、メーカーごとにさまざまな工夫をしていますから、同じ種類でも均等ではありません。また、暑さ寒さや降水量などの使用環境で実際の耐用年数は変化します。

とはいえ、目安は必要ですから、一般的に言われている塗料の耐用年数をまとめましょう。

塗料によって耐用年数は変わる
塗料は種類によって耐用年数が変わります。メーカーや商品によって異なるため、一概に言えない面はありますが、以下に一般的な分類と耐用年数を書き出します。

4年から7年
アクリル系塗料は価格が安いので過去には多く使われていましたが、耐久性が低いことと汚れやすいことから最近は主流ではなくなっています。

6年から10年
ウレタン系塗料は、耐久度が高く、汚れに強いことや施工のしやすさでバランスが良い塗料です。しかし近年はシリコン系に押されて使用頻度は減っています。

8年から15年
シリコン系塗料、ラジカル系塗料は高い耐久性を持っています。特にシリコン系は色落ちしにくく、カビなどにも強いことから現状最も多く使われています。

10年から15年
光触媒塗料は耐久性があるだけでなく、降雨と太陽光で汚れを落とし、カビや菌にも効果を持つという優れた塗料です。一方工事のコストはアクリル系、ウレタン系、シリコン系、ラジカル系より掛かります。

12年から15年
ピュアアクリル塗装は、耐久性が非常に高く、防水性も良好です。乾燥に時間を要する特徴があり、冬季の施工では期間が掛かります。

15年から20年
フッ素系塗料、遮熱系塗料、無機系塗料の3種類については耐久度は申し分なく、その分価格も上がります。

フッ素系は耐久性だけでなく、太陽光や熱に耐える機能、汚れにくさ、カビや菌への強さ、防水性が高い特徴を持っています。

遮熱系塗料はその名の通り熱を遮断する機能に優れており、他の塗料より夏の暑さなどを遮ってくれます。そのためエアコン使用量を押さえられる点で地球に優しく、選定した場合、補助金を出す自治体もあります。

無機系塗料は有機物をほとんど含まないことで耐久性を上げており、カビや藻などが付きにくい利点があります。また、汚れが浮きやすいので雨でキレイになる機能も持っています。

この3つは耐久性が高い分、工事費用も他の方法よりあがります。

安い方法で回数を増やすか、高価でも回数を減らすか

結局塗料は何を基準に決めればいいのか?
ここまで書いてきたように、塗料はそれぞれの耐用年数と特徴を持っており、材料費や施工費用も変わります。ですから、施工にあたってはその地域の気象条件、お客様の趣向、予算に合わせた選択をすることが最も重要です。

回数か耐久度か?
概略でいえば、安い塗料は耐久性が低く、高い塗料は長持ちするのが実情です。ですから、安い方法を短い間隔で繰り返すか、回数を減らして高い方法を選択するか、というライフスタイルでも塗料選択は変わります。

実績が多い業者に頼む重要性
どれほど高価な塗料を使っても、施工がしっかり行われなければその塗料が持つ性能は発揮されません。ですから、依頼する側にとって最も重要なのは、塗料選びではなく業者選びです。

塗装は専門性が高いので、依頼主は手を抜かれてもよくわからないという特徴をもっています。ですから施工例が多く、評判がしっかりした業者に頼むことが塗装の耐久性を左右すると言っても良いでしょう。

 

外壁塗装専門店ヤマオカは神戸市にある塗装業を専門とする会社です。神戸市西区(西神中央・西神南・学園都市・その他エリア)・須磨区・垂水区・三木市・北区藤原台など、車で30分程で訪問出来るエリアにて対応致します。お客様からの信頼を第一に考える仕事を行っています。

当社は中間業者を挟まない直営工事を特徴としており、低コストで丁寧な仕事を行うことをポリシーとしています。売り上げとしては小さくても、塗装の力で皆さんに笑顔を届けたいという想いで、部分塗装も随時承っています。家や店舗、管理しているマンションやアパートの内装、外装で気になる所があれば遠慮なくご相談ください。

また、当社は住宅や店舗、公共施設などの外壁や屋根の塗装を行っています。神戸で塗装工事をお考えの際は、ぜひ外壁塗装専門ヤマオカ君にご相談ください。

【戸建ての外壁長持ちさせる為に】外壁塗装の最適な時期とタイミング

夢のマイホームを建ててから10年経過すると外壁塗装の塗り替えが必要などと聞いたり調べたりする人も多いと思います。でも実際にいつが塗り替えの時期っていつ?」
そう思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな方へ!!!外壁塗装は定期的におこなうことで、大事な戸建てを長持ちさせることができます。
今回は外壁塗装をおこなう最適な時期・タイミングをご紹介していきたいと思います。

1.外壁塗装をおこなう最適なタイミング

外壁塗装を考える時ってどのような時ですかか?

・家を建てて年数が経過した
・近所で塗り替え工事をしてて気になり始めた
・新築時よりも色が劣化してきた

・・・など理由はたくさんあると思います。


しかし「外壁の汚れは気になるけど、今すぐおこなう必要はないかな?」「工事や見積りするのが大変だから先延ばしにしてる」など外壁塗装の必要性や手間に感じて先延ばしにしてる方も多いのではないでしょうか。

まず外壁塗装の必要性をお伝えいたします。

◎戸建て住宅は築10年が塗装の目安と言われてます。

日本の住宅平均寿命は約30年で、実はアメリカの住宅と比べると平均寿命が3分の1と言われています。びっくりですよね。

これには理由があって気候がすごく関係してます。


日本は高温多湿であり、昔の日本の家は石の上に土台を乗せるような作りをしてました。

現代の戸建ては、コンクリートを基礎に使うようになり、床下の風通しが悪くなったり、戸建てに使用する木材が痛みやすくなってしまったが原因とも言われてます。


外壁塗装をするメリット

①建物の美観を保つ
外の壁はは毎日、風雨や紫外線に晒されています。時期によっては黄砂や台風などもあります。近年、異常気象により外壁へのダメージは以前よりも増えてきてます。

なので色あせや塗膜の汚れ・劣化が見られます。

外壁塗装をすることによって、劣化していた外壁塗膜を綺麗にすることができ、以前の新築のような綺麗さに取り戻すことができます。

また、新築時とは違ったデザインや色味に変更することもでき、今までと気分転換をすることも可能です。


②外壁を保護するため
塗料を塗り、塗膜を作ることで、劣化した外壁を風雨や紫外線などから守ることができます。

定期的なメンテナンスをおこない、建物の耐久性を高めることで、劣化の原因から大切なお家を守ります。
お家の築年数が5~7年の方は、防水性が切れるといわれている時期ですので、一度外装劣化診断や専門業者に相談することをオススメします。


◎防水性の低下が引き起こすもの

防水性が切れてしまうと、外壁材に直接雨水や紫外線が当たり、外壁材や住まいの内部にまで問題が広がります。内部の劣化・雨漏りにつながってしまう恐れがあります。
そのまま放置すると外壁塗装では済まされず、住宅の建て替えまでに繋がる恐れもあるので、定期的なメンテナンスをしてください。



外壁塗装をした方がいい劣化のサイン!!!
定期的なメンテナンスと言っても、外壁がどのような状態になったら塗り替えが必要なのか、わからない方が多いと思います。
専門業者じゃないと分からないことも多いですが状態によってはお客様でも確認することはできます。


◎外壁の色あせ

外壁に劣化がなくても、外壁が昔より色あせをしている場合は、塗り替えを考えたしたほうがいいです。外壁の色あせは劣化が始まっている証拠です。
早急に塗り替えをおこなう必要はないですが、塗り替えの目安の一つとして覚えておくのも良いと思います。


◎チョーキング
外壁に触れた時に衣類や手に白い粉がついたことはありませんか??
それがチョーキングです。

業界用語でこのことを「チョーキング現象」といいます。

これは紫外線や直射日光、風雨や黄砂などが原因となり、塗装の表面が劣化して起こるものです。

このチョーキング現象を放置しておくと、外壁のひび割れやカビの発生などにまで発展する恐れがありますので、早めのメンテナンスが必要です。


クラック(ひび割れ)

「クラック」は防水性の低下で雨漏りの原因になったり建物の基礎に悪影響を及ぼしたりするため、早急な対応が必要な劣化サインの一つです。
クラックを放置しておくと、そこから雨水がどんどん浸入し、カビなどの原因になる他にも住宅の強度低下の問題も引き起こす恐れがあります

外壁が劣化してくると、保水性を持つようになってカビや藻、コケが生えてくることがあります。ひび割れの箇所だけ色が変化してるのがそのしるしです。
また、金属部分が茶色くなっている場合はサビが発生し、劣化のサインと判断できます。
そして塗膜に膨らみや剥がれがある場合、塗膜と下地素材に水分が入りやすくなり、劣化が早く進行する可能性があります。
これらの劣化サインを発見した際は、すぐに対処することが大切なので地元の業者かインターネットで調べた信頼できる業者に依頼をしてください。


いかがでしょうか?
【戸建ての外壁長持ちさせる為に】外壁塗装の最適な時期とタイミングはもちろんですが信頼できる業者を選ぶことがもっとも重要です。
相見積もりをして良い業者が見つからなかったり、予算オーバーをしてしまう、不安点が多く任せたくないなど戸建ての外壁の事なら
神戸で外壁塗装が得意な外壁塗装専門ヤマオカにご相談ください。
打合せから施工まで自社で行っていますので打合せ時と施工の内容が違ったり予算以上になってしまったりすることはございません。

お客様の要望を細部までお聞きした上で最善のご提案をさせていただきます。
相見積もりや外壁塗装のことでお悩みならぜひ一度ご相談ください。

塗料の劣化はなぜ起こる? 大事なマイホームを守る方法を教えます

実は日本の住宅の外壁に使われている材料の多くは、本来は防水性がありません!
そのため塗装を行うことで、塗料が持っている防水機能で屋内に水分が侵入することを防いでいるのです。

しかし、塗装が持つ防水機能も時間と共にさまざまな要因で劣化していきます。

ここでは塗装が劣化する要因を説明したうえで、大切な住宅を守る方法を考えていきます。

まず塗膜のことを知ろう

塗料の劣化を説明するには、「塗膜(とまく)」という言葉を知ってもらうことが重要です。そのため、ここでは塗膜という言葉について解説しましょう。

塗膜は塗料が乾いて固まったもの

塗膜というのは、住宅の外壁に塗った液状の塗料が乾燥して固まったときにできる「膜(まく)」です。

塗膜は建物を保護する役割を持っている

冒頭で解説したように、住宅の外部に使われている建材は、本来は防水機能を持っていません。素材の成分にセメントが使われていることもあって、防水性が無いというより、水を吸収する性質を強く持っているとも言えます。

水分を含んだ建材は、水分が温まることで膨張したり、冷えて収縮したりします。それによって割れなどの破損が起こりやすくなるのです。

この問題をカバーしてくれるのが塗膜なのですが、塗膜にも良いと膜と悪い塗膜があります。それは適正な塗料を均一に塗って、乾燥する時のムラが無いように作られた膜であることです。

塗装という作業は一見簡単そうに見えますが、ベテランの塗装職人が作った塗膜と、経験が浅い人が作った塗膜とでは、均一性の違いなどから、耐久出来る期間に圧倒的な差が出ます。

つまり住宅の外壁塗装は、塗装業者の技能によって耐久年数が変わるのです。

塗膜が劣化する原因は?

上で書いたように、塗膜は非常に重要な役割を持っています。しかし、どんなベテラン職人が作った塗膜でも、いろいろな原因によって時間と共に劣化は起こります。ここでは塗膜が劣化する原因を説明していきましょう。

紫外線

太陽から降り注ぐ光の中には紫外線があります。紫外線は人間にも日焼けなどの影響を与えることで知られていますが、塗膜に最もダメージを与えるのはこの紫外線です。そのため、塗料の寿命をメーカーが調べる際には、研究室などでどのくらい紫外線を当てれば劣化が始まるかを確認する作業が行われるほどです。

日焼け止めなどのCMで、紫外線は曇っていても降り注いでいるという趣旨のことがよく言われます。まさに住宅の外壁は、常に降り注ぐ紫外線を受け続けているわけです。

雨や車の排気ガス

雨や空気中の水分、車の排気ガスなども塗膜を劣化させる原因のひとつです。特に水分は塗膜に発生した小さな傷にも侵入して、温度差の影響で膨張、収縮を繰り返して塗膜のダメージを広げていくので要注意です。

飛来物

風が吹くと、住宅の外壁には砂などの細かい粉塵が当たり、塗膜は少しずつ削り取られています。時には強風で大きなものが飛んでくると、塗膜に傷がつき、そこから水分が侵入して塗膜を膨れ上がらせ分断していきます。

塩害

上で水分が塗装に悪影響を与えることは書きましたが、海沿いで塩分を含んだ水分はさらに大きなダメージを与えます。これは「塩害(えんがい)」と呼ばれる現象です。

 

塗膜の劣化を防止するには?

塗膜は降り注ぐ紫外線や、目に見えにくい塩害などで24時間365日ダメージを受け続けています。これによって住宅自体がダメージを受けるのを防ぐには、専門業者で塗膜のダメージを確認してもらい、定期的に外壁塗装の塗りなおしをする以外の方法はありません。

前の項目で説明したように、「良い塗膜」を作るにはベテラン職人の熟練の技が必要です。しかしそれは一般の人の目にはなかなかわかりにくいという問題もあります。そのため、口コミや実績などをしっかり見て、信頼できる塗装業者を探して塗膜のダメージをしっかり診断してもらいましょう。

まとめ

住宅の外壁を守るために塗装が非常に重要であることや、塗膜の劣化の原因とその対策についてまとめました。

 

外壁塗装専門店ヤマオカは神戸市にある塗装業を専門とする会社です。神戸市西区(西神中央・西神南・学園都市・その他エリア)・須磨区・垂水区・三木市・北区藤原台など、車で30分程で訪問出来るエリアにて対応致します。お客様からの信頼を第一に考える仕事を行っています。

当社は中間業者を挟まない直営工事を特徴としており、低コストで丁寧な仕事を行うことをポリシーとしています。売り上げとしては小さくても、塗装の力で皆さんに笑顔を届けたいという想いで、部分塗装も随時承っています。家や店舗、管理しているマンションやアパートの内装、外装で気になる所があれば遠慮なくご相談ください。

また、当社は住宅や店舗、公共施設などの外壁や屋根の塗装を行っています。神戸で塗装工事をお考えの際は、ぜひ外壁塗装専門ヤマオカ君にご相談ください

外壁塗装をするならどの時期がいい?

外壁塗装には寿命があるってご存知ですか?

戸建てを所有・管理している人は気が付くことがありますよね

外壁塗装は年数とともに剥がれ、ひび割れ、色落ちが目立ってきます。

これは防水性などの建物を守る大切な機能も低下しているということです。

つまり見た目の悪さだけでなく、建物自体の耐久性や、中にいる人の快適性も低下します。

それを防ぐためには定期的に塗装を行う必要があります。

そこで今回は、外壁塗装を行う場合の時期や季節についてお伝えします。

1・外壁塗装の劣化は見分けられる?
外壁塗装はほんの少しずつ劣化していくので、昨日と今日といった短い期間での違いは判りません。

しかし、紫外線や風雨、砂やホコリ、車両の通行や地震による振動、鳥の糞などさまざまな要素によって確実に劣化は進んでいます。ここでは、その劣化はどんな現象で現れるかを記載します。

色落ちや汚れ
新築時や塗装工事の直後には鮮やかだった色がくすんできた、そう感じられたらそれは塗装を考える時期かもしれません。

また、汚れが目立つのもサインのひとつです。塗料にも寄りますが、「親水性」が高い塗料は汚れが付きにくい特徴がありますから、汚れが目立つのは機能が低下しているためと言えます。

しかし、どの程度色落ちしたら、どの程度汚れたら塗装の時期か? という基準は専門性が無い人にはわかりません。色落ちや汚れが気になってきたら、まずは信頼できそうな業者を探すことから始めることをお勧めします。

チョーキング
外壁を触った時、白っぽい粉状の物質が手に付くことをチョーキング現象と言います。これは紫外線などによって塗料内の樹脂が分解してしまい、混ぜ込まれた顔料が浮き出てくることによっておこります。

きちんと施工されていれば、耐用年数が終わりつつあることを知らせるサインになります。しかし施工が雑だった場合、本来の耐用年数より早くチョーキングが発生することもあります。塗料の混ぜ具合の不足や、外壁の汚れをしっかり落とさないまま塗装したことでもチョーキングは起こるからです。

チョーキングは見つけたらすぐさま塗装しなければならない、という状態ではなく、塗装を考える時期が来た、という程度に捉えるべきです。ですからチョーキングが見られるだけで早急な施工を勧める業者は、恐怖感をあおって仕事を取りたいだけの可能性があります。相談する場合は信頼性が高い業者に頼みましょう。

塗膜が剥がれたり膨れたりしている
塗膜が浮き上がって中に空気か水が入っている、または塗膜が剥がれてサイディングボードが見えている場合、早い段階で塗装を行うことをお勧めします。

これは建材を保護する機能が既に働いておらず、塗膜の内側に水分やほこりが侵入している状態ですから、建物自体を傷めますし、屋内の快適性も低めている可能性があります。

建材がひび割れている
サイディングボードの目地やサイディングボードそのもの、コンクリートなどにひび割れがあれば、塗装も破断していますから、早めに対処する必要があります。

髪の毛程度でも要注意ですが、0.3ミリを超えているとそこから雨水が侵入している可能性が高く、カビなどの原因になります。

年数の目安は?

新築物件の塗装時期は?
新築の家であれば、外壁塗装を行う時期の目安は10年と言われています。日本で外壁に多く使われている窯業系サイディングボードは、それ自体は防水機能を持っていません。そのため工場出荷時に防水を目的とした塗装が施されています。この塗料の耐用年数が10年前後であることから、10年が目安と言われています。

新築以外の塗装時期は?
前回の塗装の情報があれば、その時使用した塗料からも目安を知ることができます。中古の物件を購入した時でも売主に聞けば目安時期がわかるかもしれません。しかしそのような情報が無い場合、専門性が無ければ時期の判断は難しいでしょう。

前の項目で記載した塗装時期のサインを確認する、信頼できる業者に相談するなどして、次回にいつ頃塗装をすべきかの目安を確認しましょう。

このように塗装は長いスパンで管理していくものなので、施工の際には次回の目安となる年数をしっかり聞いておきましょう。塗料の選択次第で耐久性が10年程度のものから15年、20年と持つものもあるからです。

また、業者によっては10年などの具体的な保証期間を約束しているケースもあるので、それも検討してみてください。

塗装に向いた季節はある?
塗装工事には天候や温度湿度が関係するため、どの時期にもメリット・デメリットがあります。以下で具体的に説明します。


気温が極端に低い日が無く湿度は低いので、塗装に向いた日が多いでしょう。ただし、天候が不安定なこと、地域によっては4月でも雪が降ることなどから、工事期間が伸びる可能性はあります。


気温が高く塗料が良く乾くので作業が早く進む利点があります。ただし養生によって窓が開けられないこと、台風やゲリラ豪雨で作業日程がずれたりすること考慮しておきましょう。


温度も安定しており、乾燥しているので塗装に向いた季節です。しかし台風が最も多いシーズンなので、施工日程が大きくずれることがあります。


乾燥しているため塗料が乾きやすいメリットがあります。また養生で窓が開けられないことが苦になりにくいのも冬の利点です。しかし、日暮れが早いので作業時間が短いことや、雪や霜の影響で作業が遅れることがあります。

以上のようにどの季節にもメリット・デメリットがありますが、一般的には春と秋が向いているという業者が多いです。

結局どの季節に施工しても、適切な知識と技術を持つ業者が施工をすれば、仕上がりに影響はありません。ですから、気を付けるべきなのは季節よりも業者選びだと考えて下さい。

まとめ
外壁塗装には適切な時期がありますが、専門知識がない一般の方にはそれを見分けるのは難しいのが現実です。業者によってはそこに付け込んで、必要ではない塗装工事を無理に勧める場合もありますから、相談するなら信頼できる会社を選びましょう。

外壁塗装専門店ヤマオカは神戸市にある塗装業を専門とする会社です。神戸市西区(西神中央・西神南・学園都市・その他エリア)・須磨区・垂水区・三木市・北区藤原台など、車で30分程で訪問出来るエリアにて対応致します。お客様からの信頼を第一に考える仕事を行っています。

当社は中間業者を挟まない直営工事を特徴としており、低コストで丁寧な仕事を行うことをポリシーとしています。売り上げとしては小さくても、塗装の力で皆さんに笑顔を届けたいという想いで、部分塗装も随時承っています。家や店舗、管理しているマンションやアパートの内装、外装で気になる所があれば遠慮なくご相談ください。

また、当社は住宅や店舗、公共施設などの外壁や屋根の塗装を行っています。神戸で塗装工事をお考えの際は、ぜひ外壁塗装専門ヤマオカ君にご相談ください

外壁塗装の塗り替え時期と業者選びの深い関係性のお話

外壁塗装の塗り替え時期と業者選びの深い関係性 家を建てたばかりの時は綺麗だった外壁にも必ず塗り替えのタイミングが訪れます。見栄えはもちろんのこと、何より建物の保護のためになくてはならない外壁塗装ですが、経年とともにどうしても保護効果が薄れてしまうのです。 外壁塗装の塗り替えを考え始めたとき、皆さんに知っておいていただきたいことがあります。それは、塗装に適した季節があるということです。 一般的に言われている外壁塗装に合う季節、人気の季節は春と秋です。というのも天候に左右されやすい外壁塗装にとって、春と秋は適した天候だと言われているからです。事実として、気温や湿度などの条件が悪いことが多い夏や冬に塗装をしてしまうと、塗膜の膨れや剥がれなどの不具合を起こす可能性はあります。 では、夏や冬に外壁塗装をするのは良くないのか。 答えはノーです! リフォームシーズンである春と秋にもデメリットはありますし、逆に夏と冬だからこそのメリットもあるのです。 だからこそ、それぞれの季節に合った適切な外壁塗装を行うことができる業者を見つけることが重要です。 ~業者選びのポイント~ 春と秋は外壁塗装に向いた条件が揃いやすい時期ですが、言い方を変えると、さほど注意しなくてもどんな業者でも施工がしやすい季節だとも言えます。もっと極端なことを言ってしまえば劣化した壁面の塗り替えさえすれば一時的に見栄えは良くなるものなのです。 しかし、春と秋に比べると施工に適した条件が揃いにくい夏と冬の外壁塗装は、塗料の乾燥に不都合が発生しやすくなる季節なので、その分豊富な知識や高い技術力を要します。 つまり、「夏や冬の施工を得意としている外壁塗装業者か否か」は業者選びの大きなポイントの一つだといえます。 ~業者選びから実際の施工まで余裕をもったスケジュール確保を~ 「〇月に施工をしたい」というお客様の希望と業者のスケジュールの空き状況が合わないこともあります。 希望の施工時期の直前になってから動き出すのではなく、ワンシーズン前から業者選びを始めることをおススメします。なかなか業者が決まらず、直前に慌てて頼んだ業者にやってもらった施工で大失敗・・・なんて悲しい思いをしないためにもスケジュールにはできるだけ余裕をもちましょう。 外壁塗装は頻繁に行うものではないですし、決してお安いものではありません。外壁塗装の時期と業者選びの関係を知っていただき、大切なお家を安心して任せられる業者を見つけていただきたいです。同じ条件のもと施工を行ったとしても、施工技術の差で次回の塗り替えまでの期間に大きな差がでてきます。長い目でみたときに本当に正しい価格で適切な施工をしてくれる業者なのかどうか、とことんこだわって探してください

【外壁塗装する時に知っておきたいウレタン塗料の特徴】

外壁塗装を施工する際に使用される事例が多いウレタン塗装はリーズナブルな料金で施工を行う事ができるため、高い頻度で塗装を行いたいと考えている方や、はじめての外壁塗装をリーズナブルに済ませつつ上質な仕上がりにしたいと考えている方に最適です。 そのようなウレタン塗装とは主成分としてウレタン樹脂が用いられている塗料の事を指し、数ある樹脂の種類の中において特に柔軟性に優れているので密着性に優れています。 また、艶ありのタイプを選定した際には美しい光沢が得られるので、仕上がりに高級感が感じられるようになるといった特徴もあります。 数ある樹脂の種類の中でも伸縮性に長けているという事で、塗膜面がしなやかになる様子から内部にてひび割れが発生してしまっても塗料が有している高い密着性によってカバーする事ができ、塗膜の表面上に至るまでひび割れが広がってしまいにくいという安心材料も有しています。 こうしたウレタン塗装とは一言で言っても種類が油性と水性に分類されており、油性は乾燥油と樹脂が主成分で作られています。 密着性が高い塗料であるからこそ、住宅の外壁塗装はもちろん外壁塗装と共に合わせて行うエクステリアの塗装にも柔軟に対応する事ができ、塩化ビニールの部材や木材にも施工可能です。 このようなウレタン塗装は価格帯が低く抑えられているが故に、広い範囲に対して外壁塗装を行っても施工費用を低く抑えられやすくなっているため、物件の大きさが大きいなど比較的施工する範囲が広い事例でも施工料が高額になりにくいです。 そして、塗膜を樹脂が覆う様子になっているので物理的に物が擦れてしまっても外壁に傷が生じにくいという特徴もあるため、風が強くて砂埃などが吹き付けやすい立地に位置している物件の外壁塗装を行ったり、人の出入りが多くて壁に人や物が擦れやすいといった場所の施工に選ぶと、長年にわたって美しい見た目を維持し続けられます。

【外壁塗装で耐用年数が変わるって知ってます?】

【外壁塗装で耐用年数が変わるって知ってます?】

耐用年数とは、メーカーが保証できる素材の使用限度のことを指すのが大半です外壁塗装で耐用年数を超える場合には以下の2つの内容を知っておく必要があります。一般的にも、壁などに利用されている耐用年数の考え方には、塗料と建物の2つの耐用年数の考え方があります。外壁の場合は、そこに利用されている材料や素材がどの程度の期間で持つのかを表す良い指標になりますので、とても重要になります。言い換えると、外壁塗装に利用されている材料を変えれば耐久力を向上させることができるようになることがわかります。実際に、塗装のメンテナンスを欠かさず行っていけば、それだけ耐用年数は長くなりますのでより外観の良い住宅を造っていくことができます。一方で、メンテナンスの状況が悪いと劣化が激しくなっていくため、どんどん外壁の環境も落ちていきます。 基本的に、塗料がどの程度の耐久力を持っているかの基準は、それぞれのメーカーを製造して販売している業者に依存する傾向があります。製造元は、開発した塗料を様々な実験を通して試験していくことになりますので、そのデータを元に耐久力を決めていきます。例えば、太陽光に似た人工的な光を作り、その疑似的な光を当ててどの程度の期間で耐えることができるのかの実験をしたりします。これは、促進耐候性試験と呼ばれるものです。人工的な光とはいっても、実際に利用される光の強さは太陽光の何倍にもなっていますので、ここで相当に耐えることができるものは非常に優秀な塗料だということがわかります。 そして、建物そのものの耐久力に関しては国の公的な機関から発表されています。建築物に利用されている素材などによって基準は異なりますが、例えば木造建築では22年程度であると考えられています。もちろん、これは客観的な基準として提供されている基準であるため、実際の住宅がそれ以上の年数で人が住めなくなってしまうわけではありません。現実的にも、築年数で50年も100年もずっと役割を果たしている木造建築は存在します。ただ、資産的な価値や保証などが無くなる可能性が高くなる基準であるという点を知っておくことです。 このように、塗料や建物の耐久性というのは一律に決まっているわけではありません。特に、塗装に関しては素材や材料を変化させることで長い年月で利用し続けることができることがわかります。だからこそ、優良な外壁塗装がとても大切になります

外壁塗装するときに塗装が必要な劣化症状って?

外壁塗装するときに塗装が必要な劣化症状って? “”新築できれいだった住まいも年月の経過とともに傷んでいきます。もっとも影響が現れやすいのは、風雨や日差しなどの影響を受け続けている外壁です。そのため、長く暮らし続けるうえで外壁塗装は必須といえます。大体の目安は10~15年といわれていますが、それはあくまでも目安に過ぎません。劣化症状がひどい場合は目安に関わらず実施したほうが良いでしょう。必要な時が訪れたら、早めに直しておくことでトータルの出費を抑えやすくなります。悪化するほど費用がかかりやすいことを覚えておきましょう。 外壁の表面を擦ったときに、チョークの粉のようなものがたくさん付着する場合があります。これは紫外線などの影響で素材が劣化し、表面が細かく崩れて生じたものです。表面の粉程度であれば問題ないと楽観視する人が見受けられます。しかし、この劣化症状は内部に被害が起こりうることも意味しているのです。表面の耐久度がゼロに近い状態になっており、すでに内部にも影響が現れている可能性があります。したがって、早く外壁塗装を行わないと被害が深くなっていくかもしれません。 また、外壁に亀裂が走っている場合も注意が必要です。クラックと呼ばれる症状であり、警戒しなければならない度合いは太さで変わってきます。間近で見ないと分からないぐらい細いものは、ヘアクラックという名称です。この程度であれば大きな問題はありませんが、たくさん密集しているような場合や異様に長い場合は気を付けましょう。離れた位置からでも分かる太いクラックがあれば、急いで塗り直しを実施するのが得策です。その隙間から雨水が入り込むことで、重要な構造部分が錆びたり腐食したりするからです。そうなると外観の劣化だけに留まらず、住まい自体の耐久性が大きく下がることになります。 雨漏りも、外壁塗装の必要性を検討すべき劣化症状の一つです。屋根や天井の劣化だと考えがちですが、雨どいなどを伝って外壁から浸水しているケースも珍しくありません。この場合もやはり急いで外壁塗装を行わないと、構造部分に深刻なダメージを与えてしまう恐れがあります。また、単純に汚れやすくなってきたときも、塗り直しに適しているタイミングです。苔などが生えやすくなることは、外壁の耐水性が下がっている証拠に他なりません。水が表面に残りやすくなっているので、改めて塗料でコーティングすることが望ましいです。放置していると上記のような症状を招いてしまいます。

エスケー化研 高級シリコン外壁塗装が人気の理由って?

エスケー化研 高級シリコン外壁塗装が人気の理由 “”外壁塗装を依頼する際に、どのような塗料を選べばよいのか、その種類で悩む人も多く見られます。どのような塗料を選んだとしても、それぞれメリットやデメリットがあるので、それらを把握したうえで良いものを選ばなければなりません。その中でも近年人気を集めている塗料が、エスケー化研の高級シリコンです。 外壁塗装を行う場合には、一般的に塗料を使うことになるでしょう。塗料とは外壁の表面などに塗りつける材料のことを言いますが、塗料を新しく塗ることによって、まるで新築なのではないかというほどに見た目を美しく保つことができます。またそれではなく外壁を保護したり特殊な効果を付け加えることもできるのです。塗料にはさまざまな種類のものがありますが、グレードで大きく分類するとアクリルとウレタン、シリコンとフッ素の4種類が挙げられます。同じメーカーで比べた場合には、グレードが高ければ単価も高くなるものの、その分耐久性や機能の面ではかなり優れるということになります。一般的にグレードが高ければ高いほど劣化のスピードは遅く、次に塗り替えるまでの期間が長くなるといえるでしょう。グレードが低ければ次に塗装を行うまでの期間が短くなってしまうので、反対に外壁を維持するための費用は割高になってしまうかもしれません。このようなことから塗料を選ぶ場合には、価格だけを見るのではなく、耐用年数についてもよく考えなければなりません。 この中でもシリコンと呼ばれるものは、塗料の主成分である合成樹脂にシリコンがある程度含まれているものを指しています。エスケー化研高級シリコンの場合には、塗料を選ぶうえで重要となる、価格と耐久性において非常にバランスが良いとされています。つまりほかの種類と比べた場合には、かなりコストパフォーマンスに優れているといえます。価格も安定していて性能もよいので、主に一般住宅でもよく使われているものです。プロの業者がすすめることも多いと言えるでしょう。価格と耐久性のバランスが良く、次の塗り替えまでの期間も長めとなるため、コストパフォーマンスが高いことに注目する人が多く見られますが、それだけではなく汚れにくさや紫外線に強いことも人気の理由といえるでしょう。雨やほこりなどの汚れを防ぐ効果が期待でき、このようなことから長い間外壁を美しく維持することにつながります。さらにはひび割れしにくかったりカビが発生しにくいなどの効果も期待でき、このような理由を総合してエスケー化研高級シリコンは人気を集めているといえます。””

外壁に塗る塗料には色外壁に塗る塗料には色んな種類があるんな種類がある

住宅や店舗などの外装は、定期的な塗り替えを行うことで、内部の快適性を保つことができます。しかし、塗り替えを行う際に多くの人が迷うのが、「どの塗料を選べば良いのか」という点です。

そこでこのコラムでは、これから外壁の塗装を考える人に向けて、塗料の種類や特徴をわかりやすく解説していきます。ぜひ最後まで読んで参考にしてください。

塗装は家を守るための重要な要素

ここではまず、塗装自体の重要性を解説します。

塗装が持つ多数の目的

建物の外壁は塗装によって守られています。塗装は外観を良くする目的も持っていますが、防水性をあげて外壁を守り、遮熱、断熱、防汚などの機能も持っています。

塗装は定期的な塗り替えが必要

塗装は紫外線や風雨などの影響で時間とともに劣化していきます。劣化が進むと色合いも悪くなるので、外観上からも塗り替えが必要になります。

塗料の種類と特性

ここでは塗料の種類とそれぞれの特徴、耐用年数などを紹介していきます。塗料は一般的に耐用年数が短いものは安く、長いものが高価です。ですから住宅の塗り替えを定期的に考える場合、比較的安価な塗料で回数を多くするか、高価な塗料で長期間持たせるかなどの判断が必要です。

  耐用年数 価格  
アクリル塗料 5〜8年 安価 人気度・特徴:耐用年数が短いことから最近まであまり使われていませんでしたが、アクリル塗料の中にも長持ちする商品が出ており、最近は見直されてきています。
ウレタン塗料 7〜10年 比較的安価 人気度・特徴:以前は主流だった時代もありましたが、耐用年数が長いものが出たことでそれほど使われなくなりました。しかし、柔軟性が高く密着度があるため、ベランダなどの部分的な箇所に現在も使用されています。
シリコン塗料 12〜15年 単価が安いわけではないが
コスパ的には良好

人気度・特徴:格安の塗料ではありませんが、耐用年数を考えればコストパフォーマンスの高さが魅力です。最近までナンバー1の人気を持っていました。

美しい光沢があり、汚れにくく、カビにくく、比較的環境にも優しいなどのメリットも持っています。

ラジカル塗料 12〜15年 単価が安いわけではないが
コスパ的には良好

人気度・特徴:他の塗料が成分を名前にしているのに対して、ラジカルというのは成分には関係しない名称です。ラジカルという名称の由来は、塗料にとって悪い影響を与える「ラジカル」という劣勢因子を抑制することから来ています。耐用年数の高さとコストパフォーマンスの良さで、最近非常に人気が高い塗料です。

ラジカル塗料は対候性があり、カビに強く、ツヤの有無を選べるなどのメリットがあります。さらに臭いが少ないことでユーザーに人気があります。臭いの少なさは住む人にとっても大きなメリットですが、住宅街で塗装をする時に近所住民に迷惑を掛けにくいという点でも喜ばれる特性です。

また、塗りやすく(作業性が良い)、モルタル、コンクリート、サイディング、鉄、アルミなど、どんな下地にでも塗れることなどから、塗装作業を行う業者にも評価が高い塗料です。

フッソ塗料 15〜20年 単価は高いが
耐用年数の高さで
評価されている

人気度・特徴:フッソ塗料についてまず言われることは、とにかく耐用年数が長いという特徴です。しかし、フッソ塗料の特徴はそれだけではなく、耐熱性が高いこと、親水性があることで汚れが付着しても浸透せず、雨で流してくれること、カビや藻(も)に強いので見た目が悪くなりにくいこと、防水性が高いことなどがあげられます。

しかし、価格的に高いことから一般住宅にはそれほど使用されておらず、商業施設やビルなどに用いられることが多い塗料です。

塗装を依頼する際の注意事項

ここまでは塗料の種類による特性を上げてきましたが、それぞれの塗料が仕様通りの性能を発揮するには、塗装業を専門とする職人の技が欠かせません。

塗装という仕事は専門外の人から見ると違いがわかりにくいのですが、下地処理の技術、塗料の調合の技術、天気や季節を考慮した作業段取り、ムラができない均一な塗り方などの多くのスキルを必要とする専門的な仕事です。

ですから、しっかりした実績がある業者を探して作業を依頼することで、ここまでに紹介した特徴が出るということを御理解下さい。

まとめ

住宅の外装に使用する塗料の違いや性能、価格などについてまとめました。

 

外壁塗装専門店ヤマオカは神戸市にある塗装業を専門とする会社です。神戸市西区(西神中央・西神南・学園都市・その他エリア)・須磨区・垂水区・三木市・北区藤原台など、車で30分程で訪問出来るエリアにて対応致します。お客様からの信頼を第一に考える仕事を行っています。

当社は中間業者を挟まない直営工事を特徴としており、低コストで丁寧な仕事を行うことをポリシーとしています。売り上げとしては小さくても、塗装の力で皆さんに笑顔を届けたいという想いで、部分塗装も随時承っています。家や店舗、管理しているマンションやアパートの内装、外装で気になる所があれば遠慮なくご相談ください。

また、当社は住宅や店舗、公共施設などの外壁や屋根の塗装を行っています。神戸で塗装工事をお考えの際は、ぜひ外壁塗装専門ヤマオカ君にご相談ください

外壁塗装の業者選びはどうしたらいい?

考えている費用内で理想的な外壁塗装を行うためには依頼する業者選びが重要になりますが、外壁塗装を行っている業者数が多くて依頼すべき業者の選定に迷ってしまった時は、許可や資格に目を向けるようにしましょう。
その理由は、壁面に塗装を行う事を目的とした企業を立ち上げる際には取り分けて許可または免許を得る必要が無い実情が関係しており、業務が依頼されれば誰もが塗装が行えるためです。
もちろん、許可または免許を有していなくても高い技術と知識を有して業務を行っている企業は多いですが、建設業許可証や技能技能士などは長い年月にわたって経験と実績を有していなければ得られないため、有している業者なら大きく高い信用が約束されます。
また、塗装技能士に関しては1級の他に2級も存在しているのですが、取得するための難易度の高さは1級の方が高いため、技能技能士について目を向けて選ぶ時には1級を得ている職人が居る業者選びをすると尚安心です。
そのような有している資格の階級によって異なるバッジが得られるのですが、仕事中にバッジを装着している職人はそう多くないため、依頼する際に階級について知りたい時には業者が開設し運営しているウェブサイトにアクセスしてみると詳細な情報が得られます。
そして、ウェブサイトに記載されている情報を参考にして業者選びをする時には、ウェブサイト内にてこれまでに実際に物件に対して行われた施工実績を目にするようにしましょう。
施工実績は、実際に同様に外壁塗装の必要性を感じている住宅に対して行われた事柄を公開しているので、文言などで目にするよりも明瞭に把握しやすくアイディアが得られるきっかけにもなります。
さらに、施工実績から多くの情報を得て業者選びをしたいのであれば、実際に現在施工を行っている現場に訪れて相談してみるのも良い方法です。
今日の外壁塗装を行っている業者では、物件に対して施工を行っている時に足場などに自社の強みや特徴などが記載された垂れ幕を掲げているので、実情をよく知る事ができますし現場の様子を手に取るようにして知る事ができます。
もちろん、現場で働いている方と直接的にお話をする事によりウェブサイトやパンフレットよりも多くの情報が得られるようになる上に、現場で作業を行う方々が下請けであるのかもはっきりとします。
加えて、業者選びをする時には定期的に壁のメンテナンスや外壁塗装をする事を考慮して、アフターケアが充実している企業を選ぶ事も大切です。

外壁塗装を失敗しない為には?業者選びで大事なこ

まず【外壁塗装】どこの業者に依頼をしても基準などは存在しません。

料金・品質・サービスにはバラつきがあります。

なのでインターネットだけで業者を選ぶことは行わずに慎重に選定をしてください。

大前提として考えておきたいのは、訪問営業をしてくる業者はNGです。


依頼主と施工業者には相性の善し悪しがありますし、一方的に営業で勧誘してくる業者と契約するとイメージ通りに仕上がらない、契約前と金額が違うなど失敗する確率が高いです。

失敗しないためには手間ですが近所のお店や紹介などまずは自分自身で探すことをおすすめします。


見積もりは無料のところが多いですから、数社から見積もりを取ってみるのもいいと思います。
 


相手から勧誘してくる業者の場合、まだ塗装をする時期ではないのに勧めてくるケースがありえます。

外壁塗装は塗装が完全に劣化してからするのは遅すぎますが、早すぎても問題があるのです。塗膜がまだ十分に残っている状態ですと、塗料が乗りにくくなってしまう可能性があります。塗装の決断をするのはあくまで依頼主であり、依頼主が選定した業者と十分に話し合いながら決めていくのが得策です。

業者選定をするときは大手を選んでおけば、大きな失敗につながりにくいです。大手は管理体制やサービスが徹底しており、口コミや評判を気にするので丁寧な作業をしてくれるところが目立ちます。


料金は安ければよいものではなく、適正価格が好ましいでしょう。

塗装業者は他社よりも低価格を提示しようと、塗料の品質を下げてくるケースも稀に見られます。安さだけを強調してくるところよりも、品質を第一に考えているところがおすすめです。塗料は三回塗りが基本になり、一回や二回塗りでは問題があります。十分な塗膜効果を期待できませんので、三回塗りを徹底している塗装業者を選択しましょう。いくら安くても粗末に塗装をしてしまうと耐用年数が短くなるので、結果的に高上がりになります。外壁塗装の業者選定では安さよりも費用対効果に重きを置いてください。

 

足場をしっかりと組んで作業する業者が好ましいです。

足場なしで作業できることをアピールする業者が一部に存在しますが、足場を組まないと作業が不安定になります。

作業員の安全性もですしし、塗装の品質がムラだらけになります。

外壁塗装をするときは屋根塗装も勧められるケースがあるので、ここはよく考えて判断してください。

別々の機会に行うとなれば、そのたびに足場を組むことになります。つまり一度でまとめて作業をしたほうが総費用を安く抑えられるのです。


ただ屋根の塗膜があまり傷んでいない状態で無理に塗装をすると、結果的に高くつく可能性があるので要注意です。

いかがでしょうか?
失敗しないためのポイントをお伝えしていきましたが外壁塗装といっても最終的には人と人とのお仕事になります。
この人は信用できそうだなとか信頼できる業者だと思えば依頼すると良いですがあくまでも上記のポイントをクリアしている業者を選んでください。

株式会社ヤマオカではお約束する3つの強みがございます

まず1. ダントツの施工実績!
やまおか君の一番の強みは、ダントツの施工実績数。
戸建て住宅塗り替え工事は4000棟!西神エリアだけでも年間約200棟の外壁塗装工事を行っています。

さらに一般住宅だけでなく、マンションや各種公共施設等大型建築物も手がけています。幅広い塗装経験と実績が、やまおか君の技術力を支えています。

そして2. 確かな技術力
やまおか君の社内研修では、塗装技術者の技能レベル向上のため1963年から実施されている全国規模の大会”塗装技能オリンピック”に出場した代表自らが指導しています。スタッフは数多くの資格を保有しており、塗装技能士をはじめとして二級建築士、一級施工管理士等々、それぞれに専門知識を習得した技術者が管理・施工にあたります。
また、住まいのやまおか君は確かな技術力と豊富な施工実績により、国土交通大臣表彰 顕彰状、兵庫県知事表彰 技能顕功賞、神戸市長表彰 優秀技能者彰、職業訓練指導員等々、多数の表彰を頂いています。

最後に3.信用と信頼の安心感
やまおか君は昭和44年創業。地元神戸で約半世紀に渡って外壁塗装を行っている塗装の老舗です。
塗装の目的は美観を保つことだけではなく、紫外線や風による劣化・腐食から建物を保護することにあります。
下地に合った塗料の選定や、下地処理の方法など、長年の経験と実績を蓄積してきました。
仕事を請ける窓口と施工業者が異なるケースも見られる昨今ですが、住まいのやまおか君では品質保持の観点から自社施工にこだわり、お客様満足を第一に信用と信頼をお届けいたします。

この3つのお約束以外にも訪問営業はしておりません。

弊社では最初から最後まで担当が変わりませんのでご希望通りに仕上げて納得していただいて納品させていただいております。


お客様の大切な家を紫外線や雨から守れる強い外壁に変えていきます。

神戸市西区(西神中央・西神南・学園都市・その他エリア)・須磨区・垂水区・三木市・北区藤原台などのエリアで外壁塗装のことをお考えならぜひ一度ヤマオカへご相談ください。

お手軽なご相談はLINE@へ

弊社施工事例

お客様からのアンケートはこちら

 外壁の塗装をする時期はいつが良い?目安をプロがお伝えします

【外壁塗装】最近ではたくさんの情報があるので簡単に知ることができました。簡単に知れるからこそどの情報が正しくて間違いなのかわからないことありませんか?

施工したお客様からよく「外壁塗装する時期がどこもバラバラに言うのでどれが正しいかわかりにくい」といったお声をよくお聞きします。
今日はその外壁塗装をする時期や目安を外壁塗装一筋のヤマオカがお伝えします。


まず外壁塗装の業者によりますが塗装を適切に施工が行われていた場合には、新築から10年ほどで壁の寿命を迎えることがあります。

長く外壁の性能を維持するのであれば、環境条件や外壁の種類によっても異なりますが、10年を目安に外壁塗装を行うなどのメンテナンスが必要になります。

外壁は24時間365日、雨や紫外線などに晒されている状態なので施工や下地が適切に施工できてないとすぐに劣化が見られます。ただ、10年ごとに初期症状でもメンテナンスを繰り返すことによって、壁の寿命をのばすことができたりします。。
しかし壁が寿命を迎えそうな時に外壁塗装を検討していては、あまりにも遅すぎます。そのため外壁塗装を行う症状やサインなどを日々チェックしておく必要があります。劣化症状があらわれたときには、実施タイミングだと考えておくと安心です。
まず最初に何となく外壁が汚れてきたと感じる場合には、外壁塗装のタイミングだと言えるでしょう。汚れがつきやすくなっているということは、塗装の耐久性や防水力などが低下していることでもあります。まずは業者に塗り替えが必要である状態かを点検してもらうことから始めましょう。これにより外壁塗装が必要であると判断された場合には、依頼を検討することになります。地域により気候の特徴が異なり、寒冷地や積雪の地域、台風が接近しやすいエリアなどの場合には、塗装のタイミングも限られてくることがあるので、季節ごとの特徴を知り自分のエリアにあったタイミングで塗装を考えます。
そして早急に検討が必要な例として、チョーキング現象と呼ばれるものがあげられます。これは外壁を触った際に、壁の色と同じ色の粉が手に付くことで判断することができます。紫外線や太陽の光、風や雨水など様々な外部からの刺激によって、塗装は日々劣化していきます。この塗装の成分が劣化してチョークの粉のように壁の表面に付着している状態を、チョーキング現象と呼んでいます。この現象が発生しているということは、塗料の耐久力が失われてきている状態です。できる限り早い段階で塗り替えを行う必要があります。この現象は劣化現象の中でも分かりやすいものなので、だれもがチェックできるので頭に入れておきいてください。

そしてひび割れの状態も深刻な状態です。

すき間から雨が入り込んで、カビやさび、腐食などを発生させる原因にもなります。

見た目が悪いだけではなく、建物自体の強度が低下することにもつながります。


そして室内に雨漏りが発生している場合には、外壁や屋根などに何らかの問題が発生している証拠でもあります。


早急に補修しなければ、内装が傷むだけではなく、構造が劣化して家全体の耐久性が落ちてしまう可能性もあるので、早急に依頼するようにしてください。


いかがでしょうか?

外壁塗装をする時期やタイミングや年数よりも壁の状態をみて判断するのが間違いありません。

当社がお約束する3つの強み

-.ダントツの施工実績!
やまおか君の一番の強みは、ダントツの施工実績数。
戸建て住宅塗り替え工事は4000棟!西神エリアだけでも年間約200棟の外壁塗装工事を行っています。さらに一般住宅だけでなく、マンションや各種公共施設等大型建築物も手がけています。幅広い塗装経験と実績が、やまおか君の技術力を支えています。

二.確かな技術力
やまおか君の社内研修では、塗装技術者の技能レベル向上のため1963年から実施されている全国規模の大会”塗装技能オリンピック”に出場した代表自らが指導しています。スタッフは数多くの資格を保有しており、塗装技能士をはじめとして二級建築士、一級施工管理士等々、それぞれに専門知識を習得した技術者が管理・施工にあたります。
また、住まいのやまおか君は確かな技術力と豊富な施工実績により、国土交通大臣表彰 顕彰状、兵庫県知事表彰 技能顕功賞、神戸市長表彰 優秀技能者彰、職業訓練指導員等々、多数の表彰を頂いています。

三.信用と信頼の安心感
やまおか君は昭和44年創業。地元神戸で約半世紀に渡って外壁塗装を行っている塗装の老舗です。
塗装の目的は美観を保つことだけではなく、紫外線や風による劣化・腐食から建物を保護することにあります。
下地に合った塗料の選定や、下地処理の方法など、長年の経験と実績を蓄積してきました。
仕事を請ける窓口と施工業者が異なるケースも見られる昨今ですが、住まいのやまおか君では品質保持の観点から自社施工にこだわり、お客様満足を第一に信用と信頼をお届けいたします。

この3つのお約束でお客様の大切な家を紫外線や雨から守れる強い外壁に変えていきます。

神戸市西区(西神中央・西神南・学園都市・その他エリア)・須磨区・垂水区・三木市・北区藤原台などのエリアで外壁塗装のことをお考えならぜひ一度ヤマオカへご相談ください。

お手軽なご相談はLINE@へ

弊社施工事例

お客様からのアンケートはこちら

はじめて外壁塗装をする方がしっておくべきポイント

どのような戸建て住宅であっても、築年数が10年ほど経過すると、外壁塗装が必要になり、そこから10年ほどのサイクルで塗り替えを繰り返し行うのがよいとされています。外壁塗装は壁の汚れを落とし見た目をきれいにする事だけが目的なのではなく、いつまでも安心して快適に過ごしていくことが真の目的であるといえます。外壁塗装をはじめて行おうと思っているのであれば、最初に知っておくべきポイントを把握しておくことが求められます。
まず最初になぜ外壁塗装が必要なのかというと、防水効果が落ちてしまうからです。外壁は紫外線や風、雨などの外部からの刺激に常にさらされている状態です。外壁塗装を行わなければ防水効果が落ち、カビや苔が付着したり雨水が侵入したり、外壁がひび割れるなど、様々な原因を作り出し建物を悪化させてしまいます。その結果として不動産価値が低くなってしまうということです。見た目の問題を強く考える人は多いですが、耐久性にも大きくかかわってくる問題です。
塗り替えの時期に関しては、外壁の種類により異なります。サイディングの場合には10年間、モルタルは7年間、板張りは5年ほどだと言われています。これらは一つの目安であり、住んでいる環境や条件によってももっと短くなることも考えられるでしょう。外壁にひび割れが見つかったり、塗装のはがれが目立ってきたり、壁に触れた時に白い粉がつくようであれば、塗り替えの合図であるともいえます。
気になるのが費用の相場ですが、基本的な単価は平米あたりで計算されることになります。この費用の中には足場や高圧洗浄、養生などもすべて含まれています。場合によってはここに下地の補修代が必要になってくるケースもあるでしょう。30坪の家であれば約70万円ほどとされていますが、実際のところは塗料の代金や人件費などによって高くなる傾向もあります。依頼する際には複数の業者に見積もりを依頼して比較することが大切です。しかし一般的な価格よりも驚くほど値段が安い業者の場合には、十分な注意が必要です。すぐに契約してくれれば安い値段でできるなどと言われるとすぐに契約したくなるかもしれませんが、すぐに返事をすることは危険です。保証が適用される範囲、塗料の耐久年数などをよく確かめてから、自分たちのライフプランに合ったものを選ぶ必要があります。また外壁と同時に屋根を一緒に塗装することによって、結果的に安く済ませることができるでしょう。

お手軽なご相談はLINE@へ

弊社施工事例

お客様からのアンケートはこちら

外壁で重要な塗装ポイント3つ

築何年か経ってきたら、外壁に汚れが目立ち古めかしいイメージがついてしまいます。

塗装の浮きや壁の汚れも出てくるので定期的に塗装はしたいところ。

ですが外壁塗装を業者にお願いしたら「思っていた仕上がりにならなかった」「1年も経たないうちに剥げてきた」といったトラブルが起きてしまった、ということも。

そこで今回は、外壁塗装でよく起きる失敗例についてお話しします。

失敗例を知っておくことで未然に防ぐことができるものもあるので、今現在外壁塗装を検討されている方はぜひ参考にしてください。

1.外壁塗装の失敗例

1-1.数カ月で塗装が剥げてきた せっかく塗装したのに数ヶ月で剥がれてきてしまうことは稀にあります。塗装したばかりの頃は綺麗だったのに、数回雨に晒されたら塗装が流れてきてみすぼらしい見た目になってしまうことも。せっかく高いお金を払って塗装したのに、そうなってしまったら悲しいですよね。外壁塗装がどれだけ長持ちするかは、塗装会社が使う塗装の種類や施工する人の腕が関係してくるので、業者選びは慎重に行いましょう。

1-2.想像していた仕上がりにならなかった 「カタログで見ていた色と、完成後の色が違った」ということはよくあります。なぜこのようなことが起こるのかと言うと、カタログはせいぜい大きくても A4サイズ。外壁のサイズと比べるとあまりにも小さすぎます。狭い範囲で見た時の印象と大きい範囲で見た時の印象はどうしても変わってきます。これは家の中の壁紙にも当てはまることなのですが、壁一面にその色を入れたらどのような完成図になるのか、頭の中でしっかりとイメージする必要があります。

1-3.周辺環境に溶け込まなかった 「気に入った色だから」という理由だけで外壁の色を決めてしまうと、完成した後に周辺環境に上手く溶け込まない恐れもあります。「あのピンク色の家に住んでいる人」 などとご近所さんから後ろ指を差されることもあるかもしれません。そうならないためにも、外壁ではあまり遊びすぎず、個性を出したいなら内装で勝負しましょう。街の景観を崩すわけにもいかないので、外壁の色は慎重に決めなければいけません。

1-4.費用が思ったよりも高額になった 事前に建物の定期点検をきちんとしていなかったために、実際に施工に入ってから数々の場所でトラブルが発覚し、思った以上に費用がかかってしまうというケースも珍しくありません。 外壁は雨風にさらされているので、家の中よりもダメージを受けやすくなります。外壁塗装と修繕を同時にしなければいけなくなった場合、予算以上のお金がかかってくるので、日頃から定期点検は怠らないようにしましょう。

1-5.挨拶廻りをしていなかった 工事に入る前に近所の人に挨拶回りをしていなかったために、ご近所トラブルになってしまうこともあります。大掛かりな工事をする際はどうしても騒音が出てしまうので、事前に挨拶回りをすることは絶対に忘れないようにしましょう。

2.外壁塗装で失敗しないために

2-1.汚れが目立たない色を選ぶ 外壁を何色にするかはとても重要です。家の周りの景観を意識しなければいけませんし、想像した色にするためにも業者との打ち合わせをしっかりしなければいけません。また、外壁は好きな色を選ぶのではなく、汚れが目立ちにくい色を選ぶことをおすすめします。 具体的には、グレーやアイボリー、薄いブラウンなど。反対に白色や黒色は汚れが目立つやすいので避けた方が無難です。また、地域によっては景観のガイドラインがある場合もあるので、事前に確認しておきましょう。

2-2.できるだけ大きいサイズのカタログを見る 外壁の色はカタログを見て決めると思いますが、その時なるべく大きいサイズのカタログを見るようにしましょう。少しでも大きいサイズのカタログを見ることで、イメージを掴みやすくなります。また、業者によっては実際あなたが住んでいる家をデータ化し、カラーシュミレーションをしてくれることもあります。

2-3.口コミを調べる ただ安いからと言って業者を決めるのは、あまりにもリスクが大きすぎます。業者を選ぶ際は口コミがとても大切になってくるので、近所で外壁塗装をしたことがある人に聞いてみてもいいでしょう。

3.まとめ 外壁の汚れや劣化が目立ってきたら塗装を考えると思いますが、事前にしっかりと考えなければ、「イメージしていたものと違った」ということになりかねません。

1度外壁塗装をすると、短くても10年以上はそのままの状態なので、施す色などは慎重に決めましょう。 兵庫県神戸市にある外壁塗装専門店ヤマオカは外壁・内装工事を主体に幅広く工事を行っています。壁面のヘコミや浮きがある箇所の補修や部分張り替え等を行い、価値のクラック部分の補修など、なんでも対応いたします。下地調整から始まりシーラー塗装や上塗りを経てキレイな塗装を心がけておりますので、外壁塗装を検討中の方はお気軽にお問い合わせください。

お手軽なご相談はLINE@へ

弊社施工事例

お客様からのアンケートはこちら

外壁塗装で起こりやすいトラブルって?外壁塗装が得意なヤマオカなら安心の実績があります。

マンションや戸建てに住んでいると「外壁塗装」と一度は聞かれたことがあると思います。
では外壁塗装ってなんの役割があるの?施工するとご近所とトラブルになったりしないの?と思われる方も多いと思います。
今日はそんな疑問にお答えしていきたいと思います。


まず「外壁塗装」は風雨や紫外線から家を守ってくれる重要な箇所であります。その大切な壁の塗装が剥がれたり割れたりすれば性能を発揮できません。なので定期的に塗り直す必要があるんです。

そこでインターネットや近所にある工務店や外壁塗装業者に依頼するわけですが、ときとしてトラブルが発生します。

起きやすいトラブルとして、よくあるのがムラのある塗り方です。

刷毛やローラーの跡がくっきりと残っていたり塗料の厚みが違うと、見た目が悪いし薄く塗ったところはすぐに剥がれます。

なぜ、そのようなことが起きるのかと言うと、作業にあたっている職人の技術が未熟であること、あえて手を抜いた作業をしていることが原因として考えられます。

新人が未熟なのは当たり前ですが、ベテランがカバーできないというのは人手不足だったとしても問題です。

また作業の手を抜くというのは真面目に仕事をするつもりがない悪徳業者である場合と、費用が安すぎて職人は二度塗り・三度塗りと手間をかける余裕がない場合があります。

手抜き工事をする業者に、手直しをして欲しいと頼んでも取り合わなければ、別の業者を雇わなければいけません。

外壁塗装の仕上がりには問題がなくても、近隣の住民からクレームを受けることがあります。


塗料を使うので周辺に臭いが充満してしまうからです。

作業をするためにはやむを得ないことですが、迷惑をかけることを伝えていれば我慢してくれることが多いです。

また作業をするために出入りをする職人が、近隣の住民に対してどのように接するかも重要です。

礼儀正しく挨拶ができる職人がいれば、工事をすることへの不満も減ります。

あとは、色が工事前にイメージしていたのとは違っていたり、工事後に問題が生じたときには業者が倒産していたというトラブルもあります。

イメージ通りではなっていないというのは、塗った後の色合いがどのように見えるのかを業者自身が把握しておらず、正しく情報を伝えられないことが原因です。

また倒産をしてしまう業者というのは、もともと経営が厳しいところが多く創業が浅く経験がない会社がほとんどです。

ここまで取り上げてきたトラブルですが、神戸市を中心に地元に根付いた活動をしており

戸建て住宅塗り替え工事は4000棟!西神エリアだけでも年間約200棟の外壁塗装工事を行っています。

さらに一般住宅だけでなく、マンションや各種公共施設等大型建築物も手がけています。

そして弊社ではやまおか君の社内研修では、塗装技術者の技能レベル向上のため1963年から実施されている全国規模の大会”塗装技能オリンピック”に出場した代表自らが指導しています。スタッフは数多くの資格を保有しており、塗装技能士をはじめとして二級建築士、一級施工管理士等々、それぞれに専門知識を習得した技術者が管理・施工にあたります。
また、住まいのやまおか君は確かな技術力と豊富な施工実績により、国土交通大臣表彰 顕彰状、兵庫県知事表彰 技能顕功賞、神戸市長表彰 優秀技能者彰、職業訓練指導員等々、多数の表彰を頂いています。

このように確かな技術と昭和44年創業の信頼でお客様の壁を守るためへのご提案をさせていただいております。

神戸市西区(西神中央・西神南・学園都市・その他エリア)・須磨区・垂水区・三木市・北区藤原台などで外壁塗装についてお困りのことがございましたら 外壁塗装専門の株式会社ヤマオカへご相談ください

お手軽なご相談はLINE@へ

弊社施工事例

お客様からのアンケートはこちら

外壁塗装で耐用年数が変わるって知ってます?

耐用年数とは、メーカーが保証できる素材の使用限度のことを指すのが大半です。
外壁塗装で耐用年数を超える場合には以下の2つの内容を知っておく必要があります。

一般的にも、壁などに利用されている耐用年数の考え方には、塗料と建物の2つの耐用年数の考え方があります。
外壁の場合は、そこに利用されている材料や素材がどの程度の期間で持つのかを表す良い指標になりますので、とても重要になります。
言い換えると、外壁塗装に利用されている材料を変えれば耐久力を向上させることができるようになることがわかります。
実際に、塗装のメンテナンスを欠かさず行っていけば、それだけ耐用年数は長くなりますのでより外観の良い住宅を造っていくことができます。
一方で、メンテナンスの状況が悪いと劣化が激しくなっていくため、どんどん外壁の環境も落ちていきます。

基本的に、塗料がどの程度の耐久力を持っているかの基準は、それぞれのメーカーを製造して販売している業者に依存する傾向があります。
製造元は、開発した塗料を様々な実験を通して試験していくことになりますので、そのデータを元に耐久力を決めていきます。
例えば、太陽光に似た人工的な光を作り、その疑似的な光を当ててどの程度の期間で耐えることができるのかの実験をしたりします。
これは、促進耐候性試験と呼ばれるものです。人工的な光とはいっても、実際に利用される光の強さは太陽光の何倍にもなっていますので、
ここで相当に耐えることができるものは非常に優秀な塗料だということがわかります。

そして、建物そのものの耐久力に関しては国の公的な機関から発表されています。
建築物に利用されている素材などによって基準は異なりますが、例えば木造建築では22年程度であると考えられています。
もちろん、これは客観的な基準として提供されている基準であるため、実際の住宅がそれ以上の年数で人が住めなくなってしまうわけではありません。
現実的にも、築年数で50年も100年もずっと役割を果たしている木造建築は存在します。
ただ、資産的な価値や保証などが無くなる可能性が高くなる基準であるという点を知っておくことです。

このように、塗料や建物の耐久性というのは一律に決まっているわけではありません。

特に、塗装に関しては素材や材料を変化させることで長い年月で利用し続けることができることがわかります。
だからこそ、優良な外壁塗装がとても大切になります。

お手軽なご相談はLINE@へ

弊社施工事例

お客様からのアンケートはこちら

外壁のヒビを放置するとどうなる?ヒビが入る原因も解説

 家を建てて何十年もすると、どこかしらにガタがきてしまいます。

家の中であれば不便さが生じてすぐに修繕に取り掛かろうと思えるのですが、外壁は意外と気づかない場合が多いのです。

ですが、外壁は常に雨風にさらされているわけなので、実は一番ダメージを受けやすい場所。

知らぬ間にヒビが入っていたり、塗装がはげていたりするので、定期的なチェックは必要です。

早い段階で気づいていれば、塗装だけで補修できていたはずのものでも、放置することで高い修理費用がかかる場合もあります。

そこで今回は、外壁のヒビが入る原因や、放置してはいけない理由をお話しします。

「外壁のヒビに気づいていたけど何もしていない」という方は、ぜひ最後まで読んで今すぐにでも対策をとってくださいね。

1.外壁塗装は10年に1回塗り替える 外壁塗装は何年に一度塗り替えるべきなのでしょうか?もちろん劣化具合にもよりますが、基本的には10年に1回塗り替えるのがベストだと言われています。一部でも塗装が剥げていると家がみすぼらしく見えますし、強度が下がってしまうので、定期的に塗り替えが必要。外壁塗装するだけでまた家が新しく生まれ変わったような印象になるので、費用はかかりますがやはり嬉しい気持ちになりますよ。

2.なぜヒビ割れが起こるのか? ヒビ割れが起こる原因はいくつもあり、原因が一つだけとは限りません。ヒビ割れが起こるとどうしても「施工不良ではないのか?」と思ってしまいがちですが、気温や湿度が原因の場合もあります。そこでここからはヒビ割れが起こる原因についてお話しします。

2-1.気温変化 コンクリートは急激に温度が下がると縮む性質を持っているので、その時の力がコンクリートの引張強度を上回るとヒビ割れが起きてしまいます。気温変化によるヒビ割れは、夏の時期に施工された場合に起きやすくなります。

2-2.乾燥収縮 コンクリートの内部が乾燥することで基礎が収縮してしまうこともあります。基本的に住宅の基礎はコンクリートが固定されているので、収縮することでコンクリートが引っ張られヒビが入ってしまいます。

2-3.地震 かなり大きな地震でない限り、そう簡単にヒビが入ることはありません。もしも地震によってヒビが入った場合、基礎に問題がある可能性があるので、一度確認しておきましょう。

2-4.施工不良 あまり考えられにくいですが、知識が乏しい人が施工した場合、コンクリートのかぶり厚さの計算ミスや、強度不足などにより、ヒビ割れが起きやすい場合もあります。この場合基礎の施工に問題があるので、耐震強度なども心配です。

2-5.不同沈下 地盤が弱い場所に家を建てた場合、家が斜めに傾くことがあります。そうすると基礎が家を支えることができなくなり、結果的にヒビ割れを起こしてしまいます。こうなってくるとヒビだけの問題ではなく、家そのものの修繕をしなければいけません。傾いた家に住み続けることはあまりにもリスクが大きすぎるので、すぐに対策を取る必要があります。

3.外壁のヒビを放置するとどうなる?

3-1.雨漏りが生じる これは安易に想像がつきますが、外壁にヒビが入ると雨漏りにつながります。最初の段階ではすぐに内側まで雨が入ることはありませんが、徐々にそこから腐食が進み内側に到達します。雨漏りが起きた時点ではもうすでにかなり腐食が進んでいる証拠なので、すぐの修繕が必要です。

3-2.建物の耐震性が落ちる 外壁のヒビ割れを放置するとどんどん劣化が進むので、内側の木部が腐食し、場合によっては外壁材を全て取り替えなければならなくなります。家の耐震性は内側の木部や鉄骨の状態が関係してくるので、その大事な部分が腐食していると、地震や災害の時に取り返しのつかない事になるかもしれません。早い段階で処置をしておけば、1日で修繕できていたはずのものでも、放置することで何倍もの時間とお金がかかってしまうので要注意です。

3-3.カビが発生する カビの大好物は湿気。外壁のヒビから汚れや湿気、雨が内側に入り込むことになるので、カビの発生は免れません。カビは人間の体に悪影響を及ぼすので、絶対にそのまま放置しないでください。一度発生してしまうと除去することが難しいので、そうなる前に外壁のヒビは早めに対処しましょう。

4.まとめ 外壁のヒビ割れには様々な原因があり、どんな家でも起こり得る話です。放置していると、基礎の劣化につながりますし、雨漏りなどを引き起こしてしまう可能性があります。劣化が進むと結果的に費用が高くつくので、気付いたら早めの修繕が必要。 外壁のヒビは小さいうちに対処しましょう。 兵庫県神戸市にある外壁塗装専門店ヤマオカでは、外壁塗装・内装工事を主に幅広く工事を行っています。壁面のヘコミや浮きがある箇所の補修や部分張替え等承りますので、なんでもご相談ください。長持ちする綺麗な仕上がりを心がけておりますので、外壁塗装を検討中の方はお気軽にご連絡を下さい

お手軽なご相談はLINE@へ

弊社施工事例

お客様からのアンケートはこちら

セミナー参加・無料お見積もり