コンテンツ

はじめて外壁塗装をする方がしっておくべきポイント

どのような戸建て住宅であっても、築年数が10年ほど経過すると、外壁塗装が必要になり、そこから10年ほどのサイクルで塗り替えを繰り返し行うのがよいとされています。外壁塗装は壁の汚れを落とし見た目をきれいにする事だけが目的なのではなく、いつまでも安心して快適に過ごしていくことが真の目的であるといえます。外壁塗装をはじめて行おうと思っているのであれば、最初に知っておくべきポイントを把握しておくことが求められます。
まず最初になぜ外壁塗装が必要なのかというと、防水効果が落ちてしまうからです。外壁は紫外線や風、雨などの外部からの刺激に常にさらされている状態です。外壁塗装を行わなければ防水効果が落ち、カビや苔が付着したり雨水が侵入したり、外壁がひび割れるなど、様々な原因を作り出し建物を悪化させてしまいます。その結果として不動産価値が低くなってしまうということです。見た目の問題を強く考える人は多いですが、耐久性にも大きくかかわってくる問題です。
塗り替えの時期に関しては、外壁の種類により異なります。サイディングの場合には10年間、モルタルは7年間、板張りは5年ほどだと言われています。これらは一つの目安であり、住んでいる環境や条件によってももっと短くなることも考えられるでしょう。外壁にひび割れが見つかったり、塗装のはがれが目立ってきたり、壁に触れた時に白い粉がつくようであれば、塗り替えの合図であるともいえます。
気になるのが費用の相場ですが、基本的な単価は平米あたりで計算されることになります。この費用の中には足場や高圧洗浄、養生などもすべて含まれています。場合によってはここに下地の補修代が必要になってくるケースもあるでしょう。30坪の家であれば約70万円ほどとされていますが、実際のところは塗料の代金や人件費などによって高くなる傾向もあります。依頼する際には複数の業者に見積もりを依頼して比較することが大切です。しかし一般的な価格よりも驚くほど値段が安い業者の場合には、十分な注意が必要です。すぐに契約してくれれば安い値段でできるなどと言われるとすぐに契約したくなるかもしれませんが、すぐに返事をすることは危険です。保証が適用される範囲、塗料の耐久年数などをよく確かめてから、自分たちのライフプランに合ったものを選ぶ必要があります。また外壁と同時に屋根を一緒に塗装することによって、結果的に安く済ませることができるでしょう。

セミナー参加・無料お見積もり