コンテンツ

外壁塗装で耐用年数が変わるって知ってます?

耐用年数とは、メーカーが保証できる素材の使用限度のことを指すのが大半です。
外壁塗装で耐用年数を超える場合には以下の2つの内容を知っておく必要があります。

一般的にも、壁などに利用されている耐用年数の考え方には、塗料と建物の2つの耐用年数の考え方があります。
外壁の場合は、そこに利用されている材料や素材がどの程度の期間で持つのかを表す良い指標になりますので、とても重要になります。
言い換えると、外壁塗装に利用されている材料を変えれば耐久力を向上させることができるようになることがわかります。
実際に、塗装のメンテナンスを欠かさず行っていけば、それだけ耐用年数は長くなりますのでより外観の良い住宅を造っていくことができます。
一方で、メンテナンスの状況が悪いと劣化が激しくなっていくため、どんどん外壁の環境も落ちていきます。

基本的に、塗料がどの程度の耐久力を持っているかの基準は、それぞれのメーカーを製造して販売している業者に依存する傾向があります。
製造元は、開発した塗料を様々な実験を通して試験していくことになりますので、そのデータを元に耐久力を決めていきます。
例えば、太陽光に似た人工的な光を作り、その疑似的な光を当ててどの程度の期間で耐えることができるのかの実験をしたりします。
これは、促進耐候性試験と呼ばれるものです。人工的な光とはいっても、実際に利用される光の強さは太陽光の何倍にもなっていますので、
ここで相当に耐えることができるものは非常に優秀な塗料だということがわかります。

そして、建物そのものの耐久力に関しては国の公的な機関から発表されています。
建築物に利用されている素材などによって基準は異なりますが、例えば木造建築では22年程度であると考えられています。
もちろん、これは客観的な基準として提供されている基準であるため、実際の住宅がそれ以上の年数で人が住めなくなってしまうわけではありません。
現実的にも、築年数で50年も100年もずっと役割を果たしている木造建築は存在します。
ただ、資産的な価値や保証などが無くなる可能性が高くなる基準であるという点を知っておくことです。

このように、塗料や建物の耐久性というのは一律に決まっているわけではありません。

特に、塗装に関しては素材や材料を変化させることで長い年月で利用し続けることができることがわかります。
だからこそ、優良な外壁塗装がとても大切になります。

セミナー参加・無料お見積もり