マスチックでパターン付け 塗り替えでおしゃれな模様に。

先日は福山雅治さんの結婚ニュースに驚きましたね!今年一番のニュースではないでしょうか(笑)
やまおか君の今年一番のニュースは、先日のブログでも紹介した「産業メッセでの大躍進」ですかね!

さて、今日は塀塗装の現場中継です。

お家を囲っている塀にはブロック塀やコンクリートの塀などありますが、塗料の浮きやひびがあって綺麗にしたい!と思われる方大勢いらっしゃると思いますが、もちろん塗装で美しくよみがえらせる事が出来ます。

ただ、どのペンキでも良いわけではなく、正しい知識のもと適切な塗料を使う必要があります。

今回は旧塗膜を剥がした後に新たにパターンを付ける作業を紹介します。
使用するのは「マスチック」という、模様をつける専用の物です。
マスチック パターン付け


凹凸が付くように専用のローラーを使用して、均一に塗って行きます。
これがとても難しい作業でして、水で薄める割合、その日の天気、塗る面の現状、などなど職人の腕の見せ所です。


この様なパターンを付けました。
マスチック塗布 拡大

乾いてから中塗りと上塗りをかけ色を付けますが、上塗りを塗り終わった時の出来を予想して凸凹具合を作らないといけません。

それが難しいんです。


全面パターン付け完了です!
マスチック 完了

この上に、中塗り・上塗り工程を経て塀の塗装工事終了となります。塗装前・塗装後で比較して御覧ください。

201510710949.jpg

塗装前

塀塗装完成

塗装後

塀塗装前

塗装前

塗装工事後

塗装後

塗装前

塗装前

塀塗装完成

塗装後

塗装中の様子を動画でもご覧ください。

綺麗になってご満足いただきました!!

 
*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。
屋根外壁の塗り替え工事は住まいのやまおか君へ
対応エリア:西神・学園都市 神戸市西区全般・須磨区・垂水区・三木・明石
~塗装・防水のプロフェッショナル~
住宅・住まいのお困りごと ご相談ください!
*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・

まずはお気軽にお問い合わせください !!