外壁塗装にあった季節

 
皆さんは外壁塗装にあった季節と聞いてどのような印象をお持ちでしょうか。
「梅雨の季節はあまりよくなさそう・・・。」
「季節って関係あるんだ。」
このように感じた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで今回は外壁塗装にあった季節をテーマにお話していこうと思います。
 
・梅雨の時期でも大丈夫
印象的に梅雨の日になると乾燥しにくい印象をお持ちのかたも多いのではないでしょうか。しかし決してそのようなことはありません。施工期間は長くなってしまう可能性はありますが、直接雨に当たらないような工夫を行なっているためあまり気にする必要はありません。けれど業者によっては梅雨の時期にも施工工事を急いで行なって完成度の低いものにしてしまう業者もいますので注意が必要です。
・真夏でも外壁塗装はしっかり行うことができる
梅雨と同様に真夏の時期でもやはり塗装できないような印象を持ちがちです。しかし決してそのようなことはありません。50度以上の温度でない限りあまり気にしなくてもいいようになっています。けれど高温の場合は作業しているかたが大変なのでそのような部分では少し施工時期が伸びてしまうこともあるでしょう。
・真冬は避けるべき
では真冬の場合はどうなんでしょうか。実は真冬こそ避けるべき時期なのです。気温が低いと塗装が乾燥しないといった弊害が出てきてしまいます。また、霜などもあるためうまく作業ができない環境になってしまいます。日照時間的にも真冬の時期はどうしても乾きにくく工期もかなり伸びてしまう場合があるため注意しましょう。
・やはり施工時期は晴れが多い日
では一番施工時期がいいのはいつなんでしょう。季節でこの時期が一番いいという時期はありません。しかし、晴れが一番多い季節は外壁塗装的にはかなりやりやすい時期になっています。梅雨に入る前の時期や真夏など晴れ日が多い日をえらんで行うといいでしょう。
いかがでしたでしょうか。外壁塗装にあった季節について知ることができましたね。ぜひ今回の記事で興味を持った方はぜひ検討してみてください。そして季節をしっかり考慮して外壁塗装を行いましょう。

まずはお気軽にお問い合わせください !!