ウレタン防水って

 
皆さんはウレタン防水と聞いてどのような印象をお持ちでしょうか。
「え、あまり聞いたことがない・・・。」
「前回のアスファルトルーフィングとはまた違うの?」
このように感じた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで今回はウレタン防水についてお話していこうと思います。
 
そもそもウレタン防水とは名前の通りウレタン樹脂を用いたものになっています。液体状のウレタン樹脂は塗布した材料で化学反応を起こすことができます。このウレタン樹脂のメリットはまず価格が安いということです。他のFRP防水などと比較しても大幅に費用を下げることができます。あまり外壁塗装にコストをかけれないという方にはかなりお勧めの商品になっています。


そしてもう一つのメリットは均一に施工することができるため、防水効果をかなり高めることができるということです。これも前回のようなアスファルトルーフィングと比較しても均一に広げることができるため、ズレができない間はやはりウレタン防水が大きな防水効果を持っています。


そして最後にウレタン防水は軽量な素材になっているため、住宅にかかる負担がかなり減らすことができます。どうしても素材が重たいものになってきてしまうと、自分の建物全体に負担がかかってきてしまいます。しかし、このウレタン防水は軽量に設計されているため住宅に関して、負担を減らすことができます。

しかしデメリットもあります。それは乾燥期間が長いため施工期間が長くなってしまいます。その施工期間に雨などが降ってしまうと施工工事が台無しになってしまいます。そのようなリスクがあるのは大きなデメリットかもしれません。またこの塗料を均一に塗装することが難しいということも挙げられます。先ほどお話した塗料の均一化ですが、業者によっても腕前の幅があるため当たり外れがあります。
 
いかがでしたでしょうか。ウレタン加工について知ることができましたか。ぜひこの機会に興味を持った方はぜひもっと情報を集めてみてください。そして自分にあったものを選びましょう。

まずはお気軽にお問い合わせください !!