縁切りの必要性

皆さんは縁切りという言葉を耳にされたことはありますか?
今回は縁切りという言葉の意味についてお話していこうと思います。

まずコロニアル屋根、カラーベスト屋根などは、薄い板を屋根に複数枚貼り付けた屋根のことを指します。
通常、板と板との間には、隙間がありますがこの隙間は雨水を逃がし、屋根の腐食を防ぐという役割があります。
しかし、板の上から塗装を行った場合には、塗料によって板の隙間が塞がってしまいます。
その結果、雨水を逃がすことが出来なくなってしまうために、屋根の腐食につながってしまいます。

そこで、それを防ぐために行われるのが、縁切りと呼ばれる作業です。
この作業は、塗料でふさがった隙間を開けるという作業です。
専用の道具を使用して隙間を一枚一枚開けていくことで、本来の雨水を逃がすという役割をはたすことが出来ます。
これをしておくことで雨漏れなどを防ぐことができます。

しかしこの作業は時間と手間がかかる非常に面倒な作業ですので、業者によっては行わないというところもあります。
この作業を行うかどうかによって、屋根・住宅の寿命は全く異なるものになります。
自分の自宅を長く持たせるためにもこの作業は決して抜いてもらわないようにしましょう。

勾配が穏やかで一度でも塗替えをしたことがある、コロニアル屋根やカラーベスト屋根であるという場合には、縁切りがなされているかどうかを確認したほうが良いでしょう。
勾配が急な屋根などの場合には、行わなくても良い場合もありますので、確認することが大切です。また、自宅の構造などを把握しておきましょう。

いかがでしたでしょうか?
縁切りは業者によってするしないがあるんですね。
でもしないことで雨漏れやひびなどが起こってしまう可能性もあります。
担当業者に一度確認してみたり、直接聞いてみてみるのも一つの方法です。
大切な自宅を守るためには欠かせない作業です。
ぜひ導入を検討してみてください。

まずはお気軽にお問い合わせください !!