水性塗料と油性塗料の違い

外壁塗装で使われる塗料には水性塗料と油性塗料があります。
では水性塗料と油性塗料の違いは何でしょうか。

それぞれにメリットとデメリットがありますので塗る所によって使い分けましょう。

まずは水性塗料についてです。
水性塗料の主成分は水で、価格も安いのが特徴です。ただ、耐久性は乏しく、油性塗料と比べて長持ちしません。

油性塗料と違い、臭いがしないため、内装に使用することができますよ。

耐久性については油性塗料よりも密着力が劣るので、下塗り材を塗る必要があります。

水性塗料は温度が低過ぎると施工できないことがあります。

他には、水性ですから乾燥しない時間帯なら、塗料を薄める、使った用具をきれいにする、また周りに付いた塗料の拭き取るといったことは水だけで済みます。

次に油性塗料の特徴についてみていきましょう。
油性塗料はシンナーを使って薄めている塗料です。
雨水に強く耐久性がありますので壁など被塗物に対して直接塗ることが可能です。

鉄部に対しても水性塗料よりも容易に塗ることができますし、水性塗料よりも塗料密着度が高いです。

ただ、油性塗料は水性塗料に比べて値段が高いですし、シンナーの臭いがきついです。外壁塗装をする際には臭いが原因でトラブルになることもありますので、近所の方に日時などは必ず知らせるようにしましょう。

この油性塗料には溶剤、弱溶剤の2種類あり、弱溶剤の方がシンナーの臭いが弱いですので、油性塗料を使う際は弱溶剤をおすすめします。

油性塗料弱溶剤は臭いを抑えており環境に優しい塗料になっています。

値段については高めですが、汚れが付きにくいですし、ツヤツヤした状態を長く保ってくれますよ。

水性塗料と油性塗料にはそれぞれメリット・デメリットがあります。
予算や塗る場所などを踏まえて、水性塗料か油性塗料、どちらかを選んでください。

また、外壁塗装をする際の塗装会社の選び方に関してはランキングサイトなどを参考にしましょう。

まずはお気軽にお問い合わせください !!