外壁塗装の劣化原因


皆さんは、外装塗装でなぜ劣化するのか疑問に思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか?
今回は塗装がはがれてしまったり劣化してしまう理由についてお話していこうと思います。

外装塗装の劣化原因にはいくつかありますが、まず建物自体に起因する劣化があります。
建物は細かに動くため、建物の動きにより塗装下地が影響されます。
木造であれば、湿度に応じて常に収縮を繰り返すように、鉄も温度に応じて収縮しています。
目に見えぬほどの動きですが、これらの小さな動きが外装塗装へと影響を与えることになります。
小さすぎて気にする必要がないと思ってしまいがちですが、実はそうではないんですね。

また塗装下地の乾燥が原因の場合もあります。
はじめは水分を含んでいる塗装下地は、時間の経過とともに少しずつ乾燥していき、縮んでいきます。
この縮むときに油膜が引っ張られることでひび割れが発生します。
はじめは目に見えないほど小さいひび割れですが、時間が経つにつれ広がっていき、見た目でもわかるレベルにまで劣化していきます。
時間がたてばたつほど、どんどん大きくなるため、外壁は常にチェックしておく方が安心です。
早期発見ができればなにかと対策でき、家を長期間保つことができます。


他にも、紫外線や雨風が原因になる場合があります。
雨による汚れや台風による強い風などにより年々劣化していきます。
外壁の種類によっても違いが出てきますが、8年から10年程度のサイクルで外壁を塗り替えることが多いです。
外壁がはがれてしまい、下地が傷ついた状態で放置しているとさらに悪化させることになるため、劣化している部分はすぐに補修が必要になります。

いかがでしたでしょうか?
先ほどもお話したように、定期的なメンテナンスなどで十分劣化や傷を遅らせることができます。
せっかくの住宅を末永く利用していくためにこのような日ごろのチェックは欠かせません。
そして安心して生活できる家にしていきましょう。

まずはお気軽にお問い合わせください !!