見積もりでチェックすべきこと

外壁塗装をする時に気にするべきことは一体どのようなことでしょうか。
一番気になるのはお金についてだと思います。

外壁塗装についての詳しい知識を持っている人は多くはないでしょう。相場が分からないので一回塗装をするとどれくらいのお金がかかるか予想しにくく、見積りを出すまではその金額にドキドキしますよね。

そして業者に見積りを出してもらった時に、おおよその金額の把握ができて、次に進むことができます。
このように考えると、見積書は金額を確認するためにあるといえます。

ですが、見積書の役割はそれだけではありません。実は、各項目を見ることで、その業者が優良な業者かそうでないかがわかるのです。

優良な業者の見分け方は、見積書に正確な事実が記載されています。
また、詳細が描かれているのもポイントになります。
逆に、悪質な業者の場合は、見積書の中身も適当であることが多いですよ。
具体的に見るべきポイントは4つあります。

1つ目のポイントは塗装面積と費用が正確かを見ることです。
見積書に塗装面積が書かれていない場合には、その業者は避けるようにしましょう。

2つ目は、3度塗りになっているかが大事です。
外壁塗装は、どの業者に頼んでも三度塗りが基本になります。3回塗ることで強度や耐久性が高まります。価格が高くても3度塗りだけは回数を落としてはいけないところです。

3つ目は、塗料の商品名が書いてありグレードが全て等しいかです。塗料にはたくさんの種類があり、性質によって価格が変わります。この塗料の価格で全体の価格が変わってきますので必ず確認するようにしましょう。

4つ目は、施工一式が具体的に何を示すのかも重要になります。
一式という言葉を使用する場合は、全て書くと多すぎるときや複雑になる時だけです。それ以外の場合で一式という言葉を用いる場合は詳細を書くのが面倒か、何かを隠して後ろめたいかのどちらかです。
ここで相手が誠実かどうか分かりますので確認しましょう。

見積書を見るときは4つの点に注目するようにしてください。

まずはお気軽にお問い合わせください !!