ウレタン塗料の特徴とは

前回はアクリル塗料についてご紹介しましたので、今回はウレタン塗料についてご紹介します。
ウレタン塗料にはどういう特徴があるのでしょうか。

ウレタン塗料は価格や機能の面において塗料の中では一番バランスが良い塗料で、アクリル塗料の欠点を補っています。

まず硬化剤を用いる2液型の塗料で、その主成分の樹脂はウレタン系です。

ウレタン樹脂塗料とも呼ばれる、以前は主流だった塗料です。

この塗料は光沢があり、高級感がでますし、密着性が非常に良く耐久性や耐光性、耐薬性にも優れており「万能塗料」とも呼ばれています。
密着性能が優れているということでアパートやマンション、住宅の屋根や外壁によく使われています。


耐久年数はアクリル塗料よりも長く、8年?10年くらいといわれていますが、平均値はやや下回っています。


またこの塗料は柔らかい性質を持っており、ひび割れに強い塗料ですので、下地によっては木部などの細かい箇所を塗るのに最適だといえるでしょう。

今日でも細かい箇所はこの塗料で塗ることも多いです。

このようなウレタン塗料は、液型の塗料と異なり、塗って硬化剤を加えた時点から硬化が始まり、硬化によってその網目構造が作り出されます。

硬化剤の量が多いほど網目構造の密度は高くなって塗膜の性能は高くなりますよ。

このウレタン塗料の欠点としては変色しやすいことが挙げられます。白い外壁の場合には注意が必要です。

また、耐久性に関してですが、上記のようにアクリル塗料よりは長持ちしますが、シリコン系塗料には劣ります。

なお、ウレタン塗料には油性ウレタン塗料と水性ウレタン塗料があるのですが、その違いとしては油性ウレタン塗料は毒性が少ないことが挙げられます。

水性ウレタン塗料は臭いが少ないですし、環境にやさしいものでもあります。

値段は油性ウレタン塗料の方が安いといえるでしょう。

塗料にはそれぞれ長所や短所がありますので、それらを踏まえたうえで選ぶようにしましょう。

まずはお気軽にお問い合わせください !!