塗装業者の正しい選び方

外壁塗装をしてもらう時、どうやって塗装業者を選んでいますか。
塗装業者は悪徳業者が多いので、用心をしていないとそのような悪徳業者にあたってしまい、お金を無駄にしてしまいます。

外壁塗装ではハウスメーカー、リフォーム会社、工務店が実際に塗装するのではなく下請けが塗装します。
ですのでどこの業者が塗装をするのかということを確認しておき、実際に塗装をする業者が信用できるのかどうかということも確認しておきましょう。

しかし、何を持って信用できるのかというのは普通の人には分かりにくい部分がありますから難しいところですよね。
信用できるかどうかの判断材料のひとつとしては一級塗装技能士がいるかどうかという点が挙げられます。

悪徳業者の場合にはわざわざ手間を掛けて一級技能塗装士を立てておくということは少ないですので、このような資格を持っている人がいるというだけでもある程度信用する根拠になります。

保証の確認をすることも大事なのですが、自社保証、組合保証、メーカー保証など様々な保証があり内容を確かめなければならないので注意が必要です。

保証の内容をよく確認しておかなければ、いざトラブルが起こった時に何の対処もしてもらうことができなくなりますので、非常に重要なポイントとなります。

このような部分を丁寧に教えてくれる業者であれば、信用できますから、わかりやすい説明をしてくれるかどうかを判断材料にするというのも良いでしょう。

また、一社だけで決めずに複数の会社から見積もりをもらって見比べましょう。同じ工法、塗料であっても業者によって値段は変わります。見積もりを出してもらって見比べることで相場が分かりますし、だまされる可能性も低くなりますよ。

悪徳業者にあってしまえばお金を無駄にするどころか、住宅の耐久性が失われてしまったり、劣化が早くなったりします。そのようなことを未然に防ぐためにもしっかりと情報収集をするようにしましょう。

まずはお気軽にお問い合わせください !!