気になる塗装工事中の洗濯

外壁塗装工事中は、施工を行ってくれる職人にお茶を出したり場合によっては昼食も用意するなど気を遣いますが、特に気をつけなければならないのが洗濯物です。塗装工事を行っている際、いつも通りに干すわけにはいかないのが実情です。

外壁塗装のリフォーム工事期間はだいたい10日から半月ほどですが、雨などが降ると塗料が乾きにくくなり、工期は延びます。しかし、外壁塗装工事中でもほとんどの場合、家の中でいつも通り生活するので、洗濯をする必要があります。

普段は、洗濯物をベランダや庭に干しているはずですが、塗装工事中はベランダにも足場が組まれたり庭に職人が出入りすることが多くなります。
さらに、塗装する際に落とした壁の汚れなどいろいろな物が付着する可能性があるためベランダや庭に干すことは避けるべきです。

他にも、弱溶剤塗料や溶剤塗料のようなにおいが強い塗料の場合、シンナー臭が洗濯物に付いてしまうこともあるので、ベランダに干すことはデメリットが多いです。

また、職人の目に入る場所に干すと職人たちも作業がしにくいため、塗装の仕上がりに影響することも考えられるのです。

そのため、乾き具合が気になりますが、塗装工事中の洗濯物は室内に干すほうがおすすめです。室内であればせっかくきれいに洗った洋服に汚れが付着することもなく、職人の邪魔になることも必要もなくなります。

もし乾きづらい季節であれば、乾燥機やコインランドリーも併用するなど工夫しましょう。洗濯物の乾き具合は一時的なものですが、塗装の仕上がりはそうではありません。職人の作業環境を整えることも大切なのです。

そして最後に忘れてはいけないのは、近隣の方の洗濯事情です。
外壁塗装という作業の性質上塗料は飛び散ります。そのうえ飛び散る範囲は広いので自分の家の敷地外にも飛び散る可能性はあります。その飛び散った塗料が隣家の洗濯物にかかってしまうとトラブルの原因になります。そういったことも考え、外壁塗装をする際は事前にご近所の方にその旨を伝えておく必要があります。

まずはお気軽にお問い合わせください !!