外壁の汚れの原因

新築であったり外壁塗装をして数年が経ち住宅の外壁の汚れが気になるという場合、その原因はいろいろとありますが、外壁が汚れる原因として最も多いのが水あかです。

雨水が伝っていく場所が一箇所に集中している場合、その部分だけに水あかが付着してしまうため、汚れやすくなってしまいます。

また、外壁には凹凸がありますので砂ぼこりや排気ガスなどがたまりやすく、ススやホコリが付着することで、それらが雨水に溶け込み汚れが見られるようになります。

ススやホコリ以外にも、カビや藻も外壁の汚れの原因になります。
外壁の素材は建物によって異なりますが、吸収性が高い素材である場合には、カビや藻が発生することもあります。また、日当たりの悪いジメジメした場所にも生えることがあります。
雨が続くと、多湿状態が保たれるため、カビや藻が繁殖しやすくなり、悪循環となります。

他にも、ほとんど毎日換気扇を使うので、その吹き出し口から油が垂れることがあります。換気扇の吹き出し口から出る油も外壁を汚す原因となります。特に油汚れは取れにくく、定期的に清掃しないと外壁にこびりついてしまいます。

最後にチョーキングというものがあります。
チョーキングとは、外壁の塗料が劣化することで発生します。チョーキングが起きると外壁に白い粉が付き始め、手で触ると手が真っ白になってしまいます。チョーキングを発見したら外壁を綺麗に洗い、その後外壁を塗りなおす必要があります。

外壁は常に紫外線や雨、風などにさらされています。
そのため、外壁塗装によっては、紫外線や雨などで変色が見られ、それが外壁の汚れとなって現れることになります。
耐光性は塗装の種類によってことなりますので、外壁塗装を行う際には、塗装の種類によるメリット・デメリットをしっかりと把握をするようにしましょう。

気になる汚れは、早めに対処することで、簡単に落とすことが出来ます。
自分で落とすことが難しければ、業者に依頼することも検討しましょう。

まずはお気軽にお問い合わせください !!