外壁塗装をしないとどうなるの?

長年マイホームに住んでいると、マイホームのメンテナンスという問題に直面します。特に外壁塗装にはお金がかかるので、見た目が悪いのは我慢してそのままにしてしまおうと考えてしまうこともあるのですが、これは外壁の寿命を考えると非常に危険なことになります。

一般の方にとって外壁塗装というのは、外観を整える程度のものと解釈している人も多いのですがたしかにその役割はあるもののそれよりも大切なことに、外壁塗装の保護があります。

一般的に外壁塗装の寿命は10年と言われています。10年を過ぎると外壁塗装は劣化し、外壁塗装の本来の役割を果たせなくなります。

外壁塗装をせずに、本来塗装が持つ役割を果たさなくなってしまうと防水効果が著しく低下をして、雨漏りやひび割れであるクラックが発生してしまうので注意が必要です。クラックが発生してしまうと、ひび割れの隙間から水分が入り込み外壁の基材が腐食してしまいます。

外壁の基材が腐食すると、部屋の断熱性が低下します。また、外壁がもろくなり、崩れ落ちる危険性もでてきます。
さらに内部まで水が入り込むと今度は内壁の基材まで腐食し、家全体の傾きを引き起こします。

また、塗装があることによって風雨や紫外線にそれ以外の様々な影響から外壁が守られることになっているのですが、外壁塗装が劣化をしてこの役割がなくなってしまうと外壁そのものが直接ダメージを受け劣化がとても早まってしまうことになるのです。

特に雨漏りはかなり外壁の劣化が進んでるかもしれないので、早めに業者に見てもらって状況を確認して貰う必要があります。

外壁塗装を塗り直すのは比較的簡単な作業ですが、劣化をしてしまった外壁を修繕するとなるとかなり大掛かりな工事になってしまうこともあり余計にお金がかかってしまうことがあります。そのためにも定期的に家の外壁をひび割れがないかなどの確認することが大切です。これこそ家のメンテナンスの第一歩であるといえます。

まずはお気軽にお問い合わせください !!