「クラック」ってなに?

外壁は、基材と塗料で作られた膜である塗膜によって形成されています。
しかし、常に風雨にさらされることから次第に劣化して行き、ひび割れや塗膜がはがれてしまうこともあります。
また、塗膜は時間が経つと徐々に劣化していき、光沢が失われると共にもろくなり、基材との密着力もなくなっていきます。塗膜が劣化すると、付着力がなくなり水や空気を通しやすくなります。また、日光や気温の変化の影響を直接受けるようになり、ひび割れやクラックを起こしやすくなります。

下地までダメージがない割れをチェッキングやヘヤークラックと呼び、塗膜の底まで割れている状態をクラックと言います。
この状態になると、雨などが降った際、水がクラックから基材にまで浸透し、基材の腐食の原因になることもあります。外壁の内部に水分が入り込むと外壁がもろくなり、外壁が崩れ落ちる可能性があります。また、水分が内部の木材部分にまで入り込むと、内部の木材の腐食が進み、家全体の傾きの原因になったり断熱性の低下を引き起こします。
丈夫なコンクリートであってもコンクリートに含まれるセメント部分が中性化し、強度がとても弱くなります。

そのため、クラックが生じた場合は、早急に対処する必要があるのですが、単にクラックを塗りつぶしてしまえばよいのかというと、そう簡単なものでもありません。
なぜならば、クラックが生じたということは、外壁が劣化しているためであり、他の箇所でもクラックが生じやすくなっているためです。
さらに、クラックと塗膜の表面上のひび割れを見分けることも難しく、素人の目では判断を誤ることもあります。

そのため、外壁にひび割れが生じたら、一度業者に見てもらうのがおすすめであると言えます。
ただし、事前にひび割れのある個所と状態くらいはチェックしておいた方が良いでしょう。
そうすれば、業者とのやり取りもスムーズになりますし、それによって費用や工事の規模などについても話しやすくなるためです。

まずはお気軽にお問い合わせください !!