養生の必要性について

マイホームに住み、長年家と付き合っていくなかで必要な時期が来れば、外壁塗装をしなければいけません。
お金をかけて外壁塗装をすることになりますので、いい仕事をしてくれる実績のある業者を選ぶようにしましょう。

外壁塗装を進めてもらう工程の中に、養生というものがあります。外壁塗装には欠かせない工程なので、しっかりと丁寧に養生をしてから作業を進めてもらう必要があります。

外壁塗装は足場を組むことから始まり、準備ができると塗り替え場所の高圧洗浄をおこない、外壁にこびりついた汚れを落とさなければいけません。その後養生の過程に入ります。

作業を進めるうえでなぜ養生は必要になるのでしょうか?

養生とは塗装を行う際に、窓やサッシ部分など塗料を塗る必要のない場所や塗ってはいけない場所にシートやテープで覆って、塗料がつかないようにする作業のことを言います。養生をする場所としては、サッシや窓だけでなく、必要があれば自分の車や近隣に停めてある車、隣家の外壁、庭の木などにも養生をしておく必要があります。
よって外壁塗装をする前にきちんと業者の方に養生しなければならない箇所を伝えておく必要があります。

また、作業を進めるうえでしっかりと丁寧に養生をすることが大切な理由として、仕上がりが変わってくる点にもあります。

もしもサッシや窓などをビニールで覆う時にテープを綺麗に貼っていなければ、境界部がガタガタになってしまい、仕上がりも雑なものになってしまいます。仕上がりが悪ければ見た目も当然よくなりません。せっかくお金をかけて外壁塗装をするのですから、養生をしっかりすることがとても大切になります。

これらのことを考え、外壁塗装をする際しっかりと養生をしておけば、作業時に塗装が飛び散ることがあっても問題なく作業をしてもらうことが出来ます。マイホームのことだけでなくご近所の方への配慮として、しっかりと養生をすることはとても大切なことです。

まずはお気軽にお問い合わせください !!