外壁塗装中の生活について

外壁塗装中は家の周囲に足場が組んであるのでどのような生活を送ればいいのか悩んでしまうこともあるかもしれません。
外壁塗装の工事は大体2週間ほどかかりますが、基本的には普段通りの生活を送って構いません。しかし家のまわりに足場を組んだり養生する関係で普段の生活よりも制限を受けます。

日中は外壁塗装を行うために足場の上を人が行きかっていたり塗料が飛んでしまうのを防ぐために家の周囲にシートを張り巡らせていることもあるので窓を開けられない場合もあります。
また、基本的にエアコンは使えますが、エアコン周辺の塗装をする場合や、室外機が二階のベランダにあり、ベランダの塗装をする場合には、一時的にエアコンが使えなくなることも考えられます。エアコンが使えず、窓も開けられなくなる可能性がありますので、夏場の工事の際はエアコンが使えるのか?窓をあけることができるのか?といったことに気を付け、事前に確認しておくことが大切です。

また、外壁塗装中は洗濯物を外で干すことができなくなります。
天気のいい日は直接日光で洗濯物を干したいものですが、風向きなどによってどれだけ塗料が飛び散ったりしないように慎重に作業を行っても細かな飛沫が飛んで洗濯物についてしまう可能性があるため、屋外に干すことができなくなります。

他にも、塗料の臭いにも気を付けなくてはいけません。
水性塗料を使えば臭いに気を付ける必要はありませんが、臭いがする塗料を選んだ場合、エアコンや換気扇の使用を控える必要があります。
また、外壁塗装を行っている日中に敷地内に車を置いておく場合にも洗濯物同様に塗料が飛ぶ危険性があるので、離れた場所に置くようにするかそれができない様なら車専用の養生シートをしっかりとつけて車本体に塗料がついてしまわないようにしておきましょう。

そして最後に、塗装中や足場を組んでいる時などに騒音や物音などが発生するので、事前にご近所の方に外壁塗装の旨をお伝えしておく必要があります。

まずはお気軽にお問い合わせください !!