外壁塗装におすすめの季節

外壁塗装は条件さえそろえば、一年中行うことが出来るものではあります。

しかし向き不向きな季節はもちろんありますので、最適な季節に行うようにしたほうがより良いかと思います。

外壁塗装をするのに適しているのは、春が塗装向きといわれています。春は気温も少しずつ上がり湿度もそれほど高くないので作業しやすい季節です。また日照時間も長くなり作業時間も取りやすいです。出来るだけ春に外壁塗装を行うようにするのがいいでしょう。

それでは夏はどうでしょうか。

夏は気温が高いため塗料の乾きがはやく日照時間も長いので作業時間も確保しやすいのですが、外壁塗装中に表面に泡が生じることがあり、湿度も高いため、あまり外壁塗装に向いているとはいえません。

それにあまりにも高温の日となると、作業をする人がバテてしまうことになり、思うように作業ペースを上げられないこともありますので、職人にとってはとてもつらい季節といえます。

それでは逆に冬はどうでしょうか?

冬は天気が安定し、湿度も高くないため作業はしやすくなりますが、この時期は日が短いので、遅くまで塗装をすることができません。また、気温も低いため厚着をしカイロなどの防寒対策が必要です。

また、塗装を行う時には基本的に窓を閉め切った状態で行うようになりますので、家の中で過ごすのであれば、エアコンは必須となります。

最も外壁塗装に向いていない季節としては、梅雨があります。

雨が多い梅雨は工期が長引く可能性がありますので、いつまでたっても作業が終わらないということになる場合があるので向いていないといえます。

また、秋も外壁塗装にはよい季節と思われがちですが、予期せぬ台風などの上陸により大雨や洪水が起こり、梅雨同様作業が終わらず長引くことも考えられます。

外壁塗装をするのであれば、季節を考えたり天候や気温に気を付ける必要があります。出来るだけ最適な時期を選んで天候に左右されないようにしたいものです。

まずはお気軽にお問い合わせください !!