プロが教える外壁塗装の基礎知識~屋根の塗装で快適性アップ!

実は、屋根は壁以上に重要な場所

201521314613.jpg

塗替え工事といえば、外壁につい目が行きがちですが、
屋根は壁以上に需要な場所と言っても過言ではありません。

外壁以上に直射日光や風雨などの過酷な環境にさらされている屋根は
気が付かない間に劣化が進んでいることがあります。

屋根もメンテナンスしておけば、雨漏りから守り、家の耐久性をアップさせるだけではなく
暑い夏でも快適に過ごせる住空間になるのです。

暑い夏・寒い冬、温度変化による劣化を塗装がガード!

2015213141350.jpg
 

あつ~い夏の熱気にさらされ、さむ~い冬の雪や凍結を耐え忍ぶ屋根。

直射日光が照りつける真夏は屋根が熱くなり屋根の塗料・瓦の材料が傷み、
逆に冬場は屋根が最も冷やされる場所のため、染み込んだ水分が凍り付いて屋根を劣化させます。

そういった過酷な環境にある屋根を定期的な塗装で守って行けば
永く住宅としての品質を維持することが出来るのです。

屋根塗装で快適性をアップさせられる

夏場の屋根表面の温度は、何度まで上昇するかご存じですか?
なんと70度!
暑い夏のアスファルトの温度が60度ということですから、それを10度も上回る温度なんですね。
このような高い温度になる屋根からの熱気によって屋根裏の室内の温度もどんどん上昇してしまいます。

そこで、最近は屋根の温度上昇を抑える遮熱塗料というのも使われるようになってきました。
遮熱塗料を塗ると、屋根の温度は15~20度下がり、屋根裏の室内の温度を下げることが出来ます。

住宅の造りにもよりますが、体感温度を下げる効果が期待され、快適性を大きくアップさせることが出来るというわけです。

少し話が脱線しますが、遮熱塗料が生まれたきっかけは 飛行機の技術によるものでした。
太陽光線の50%を占める赤外線によって、暖められて熱を帯びるのですが、
塗料に含まれるセラミック粒子が近赤外線を反射させて、表面温度を15~20度下げているのです。

 

 

*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。

屋根外壁の塗り替え工事は住まいのやまおか君へ
対応エリア:西神・学園都市 神戸市西区全般・須磨区・垂水区・三木・明石
~塗装・防水のプロフェッショナル~
住宅・住まいのお困りごと ご相談ください!
*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。

 

まずはお気軽にお問い合わせください !!