フッ素系塗料の特徴とは


外壁塗装において、最も高額で、最も耐久性が高いフッ素系塗料をご存知ですか?

高額だといえど、後々のことを考えて耐久性が格段に高い塗料を選びたいという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで、今回は、フッ素系塗料についてご紹介します。



まず、フッ素塗料の特徴として、耐久性というのが挙げられます。

塗装した部分は時間が経ってもほとんど劣化しませんし、しっかりと外壁に塗料が密着する性能を持っているので、長期間にわたる紫外線や雨風から家を守ってくれるのです。

その耐久年数はなんと15年から20年にもなり、一度塗装をすると当分塗り替えの必要がなくなります。

安価で人気となっているウレタン塗料と比べると倍以上にもなり、その耐久性がいかに高いかがわかる数字となっているのではないでしょうか。



また、耐熱性もフッ素系塗料の特徴の一つです。

外壁は雨風にさらされるだけでなく、日中は強い日差しで熱され続けてしまいます。

熱が外壁にたまることによって、材質によっては外壁自体が膨張してしまったりもするので、耐熱性というのは塗料に必要になってくるのです。



さらに、親水性が高いということがあり、水と密着しやすい性質を持っています。

この親水性が強いと、例えば外壁に空気中の汚れが付着してしまっても、雨が降ると水が汚れを吸収して、自動的に汚れを流してくれるのです。

どうしても一般的な塗料では外壁の塗膜表面に汚れがついてしまいがちで、知らぬ間に外壁がくすんでしまったということもあります。

かといって外壁の汚れを落とす作業を定期的にするのも大変なので、親水性が高い特徴はフッ素系塗料の魅力的な特徴でしょう。




フッ素系塗料についてお分かりいただけたでしょうか。

このように、フッ素系塗料はその耐久性の高さから六本木ヒルズなどの高層ビルなどにも使われています。

高価でも問題ないということであれば、フッ素系塗料を選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

まずはお気軽にお問い合わせください !!