シリコン系塗料の特徴とは


外壁にチョーキング現象やひび割れなどの劣化が見られ、そろそろ外壁塗装をしなければならないなとお考えではありませんか?

外壁塗装を施工するにあたって、よく検討して頂きたいのがどんな塗料を使うのかということです。

塗装を施した後の耐久性というのは、職人の腕ももちろん関わってきますが、塗料の種類によっても大きな差があります。


今回は、外壁塗装の塗料の一つである、シリコン系塗料の特徴をご紹介します。



まず、シリコン系塗料は汚れにくく耐久性の高い塗料です。
耐久年数も長いということで、最もよく選ばれている塗料となっています。

高耐候性、高性能という特徴によって、その耐久年数は10年から15年となっているのです。



また、価格的に高性能なものが多いのもシリコン系塗料のメリットとなります。

一般的にフッ素系が最も高いグレードとはなりますが、やはりその価格は少々高いものなのです。

シリコン系塗料になると、耐久年数は10年から15年でフッ素の次のグレードと言われているのにも関わらず、
価格はフッ素系と比べると抑えられることから、コストパフォーマンスが良いことも特徴として挙げられます。



ただ、シリコン系塗料は、溶剤によってその耐久性が少々変わってきます。

2液型の溶剤が最も高く、次が水性2液型、さらに溶剤1液型、水性1液型といったような順で高性能となるかどうかが決まるのです。

価格も2液型の溶剤になるにつれ高価になってしまいますが、その後の耐久性なども考えると、2液型の溶剤型塗料がおすすめと言えます。



シリコン系塗料の特徴、お分かりいただけたでしょうか。

このように、シリコン系塗料は機能面で考えると汚れにくい材料が多いもので、
耐久性が大変高く、コストパフォーマンスは最高の部類に入ります。

迷ったらシリコン系塗料を選ぶと良いですが、溶剤によってはその機能を生かせていない可能性もあるので、どういった溶剤を使っているのかについては注意しましょう。

まずはお気軽にお問い合わせください !!