チョーキング現象とは


みなさん、壁を触ったら手に白い粉がついてしまったという経験はありませんか?

この現象はチョーキング現象というもので、外壁塗装をお考えの方にはぜひ知っておいてほしい現象なのです。

では、チョーキング現象とは一体どういった現象のことをいい、その原因はなんなのでしょうか。

今回は、チョーキング現象についてご紹介します。




まず、チョーキング現象の原因は、ずばり外壁の劣化です。

外壁というのは日々雨や風、太陽の熱だけでなく紫外線などにさらされて、劣化が進んでしまうのです。

一度チョーキング現象が起きてしまうと、そこから勝手に修復されることはなく、どんどん悪化していく一方となるので、定期的にチョーキング現象が起きていないか、外壁を触って確認する必要があります。

塗料の部分の油分でできた塗膜がほとんど水をはじく機能をしておらず、撥水機能がかなり落ちてしまっているのです。

ガードレールなどを触ったときにも白い粉が手につくときがありますよね。
それこそチョーキング現象なので、触ってどのようになるとだめなのかということをイメージしておくとよいでしょう。




また、チョーキング現象は最も分かりやすい外壁塗装の塗り替え時期の目安で、
この現象が起きるというのは、かなり劣化が進んでしまっている状況でもあります。
したがって早めに塗装を検討する必要があります。

チョーキング現象を放置しておくと、外壁にヒビが入ったり、カビが生えてしまったりと外壁のトラブルがどんどん多くなってしまうのです。

トラブルが多くなってしまうというのは、外壁塗装の料金も上がってしまいますし、場合によっては外壁自体を取り換えなければならないことも考えられます。




チョーキング現象についてお分かりいただけたでしょうか。


劣化した外壁を放置してしまうと、外壁自体の劣化にもつながってしまい、結果的に大掛かりな工事が必要であったりと、費用も時間も余分にかかってしまいます。

チョーキング現象が見られたら、早めのご相談をお待ちしております。

まずはお気軽にお問い合わせください !!