外壁塗装をするべきタイミングとは


ご近所の方が外壁塗装をされて、自分の家も外壁塗装を考えたほうがいいのかなとお悩みではありませんか?

外壁塗装をしたほうがいいといっても、一体いつすればよいのか、どういったタイミングが塗り替えるべき時期なのか、分からないという方もいらっしゃるでしょう。

そこで、今回は外壁塗装をするべきタイミングについてご紹介します。



まず、外壁塗装の塗り替え時期は一般的に築10年くらいが目安となります。

ただ、外壁の材質にもよりますし、ものによっては5年くらいで外壁塗装が必要な場合もあるのです。

外壁塗装をするタイミングは、目視でも分かる部分がたくさんあるので、今まで外壁をまじまじと見たことがないという方も一度しっかりと目視で確認してみましょう。

この塗装の塗り替えのサインとしては、以下のものがあげられます。
・ひび割れがある
・外壁に過度な汚れがついている
・塗装が膨れている部分がある
・苔や藻、カビが発生している
・腐食している部分がある
・塗装がはがれてきている



これらの現象が起きているのであれば、早めに塗装を検討する必要があるのです。

外壁のひび割れはモルタル壁に多く見られるもので、ひび割れを放置しておくと割れた部分から雨水などが侵入していき、雨漏りの原因にもなってしまいます。

見た目が悪くなってしまうだけでなく、雨水が入った部分から外壁そのものが劣化する可能性もあり、強度面での不安にもなるでしょう。


また、日の当たらない北側に多いのが苔やカビで、これらを放っておくとどんどん広範囲に発生してしまい、外観が悪いだけでなく、そこから外壁の腐食も始まってしまいます。




このように、目視だけでも外壁塗装をするべきタイミングなのか、そうでないのかというのはある程度分かります。

これらの現象が確認できるのにも関わらず、外壁を放置してしまうと外壁塗装で対処できないくらいまで劣化が進行してしまう可能性があるのです。

外壁塗装の劣化が進行して、外壁にまで腐食などが進んでしまうと、外壁自体を取り換えなければならないということにもつながり、かえって時間もお金もかかってしまうことになります。

築5年以上経過している住宅に住んでおられる場合は、一度外壁を目視で確認して、外壁塗装が自分の家には必要なのか、まだ大丈夫なのかをしっかりと確認しましょう。



今回は目視でわかる外壁塗装のタイミングについてご紹介しましたが、
次回のブログではチョーキング現象という、触って分かる外壁塗装のタイミングをご紹介します。

まずはお気軽にお問い合わせください !!