シール(コーキング)打ち

コーキングとは?
気密性、防水性のために隙間を目地材などで充填する施工を「コーキング」や、「シーリング」といいます。

シーリング材の耐用年数は10年程度と言われていて、

汚れ・色あせが進んできた頃にひび割れなどが発生します。

シーリング材が劣化していると雨水が浸入してしまいます。

雨水が浸入すると建物の腐食原因にもなりますし、シロアリが発生する原因にもなります。

・しわ、変形、軟化・チョーキング・ひび割れ・破断、剥離

が見られる場合は、外壁塗装と同時にシーリングの補修・打ち替えをお勧めします。


▼最初にハケでごみを取り除きます

201681791625.jpeg

▼プライマーを塗布して接着性を高めます

201681791713.jpeg

▼シール打ちです

201681791746.jpeg

▼ヘラで均します。ヘラは必ず端から端まで往復させるのがポイント

201681791820.jpeg

▼施工完了です。隙間なくキレイに出来ました

201681791911.jpeg

乾くまで1日程度かかりますのでそれまで触ることは厳禁です。

シールはこのようにして施工して行きます。

サイディング壁の場合、目地の古いシールは撤去します。

分からない事や困った事があれば、是非住まいのやまおか君にご相談下さい!(^^)!


*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。
屋根外壁の塗り替え工事は住まいのやまおか君へ
対応エリア:西神・学園都市 神戸市西区全般・須磨区・垂水区・三木・明石
~塗装・防水のプロフェッショナル~
住宅・住まいのお困りごと ご相談ください!
*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・

 

まずはお気軽にお問い合わせください !!