外壁塗装 見積書のポイント

見積書チェック項目

外壁塗装に欠かせない、複数業者への見積もり。

でも、2,3社から見積もりを取ってどの辺を見比べれば良いのか。。。。

項目や塗料の量など素人が見ても、さっぱり分かりません。

本日は、見積り書のチェックポイントを一緒に確認していきましょう!(^^)!
 

 
①すべての塗料が同じランクのものか
 
外壁・屋根の塗装に耐用年数が10年の塗料を使用したとします。
それ以外の部分の塗装に、5,6年しかもたない安めの塗料で塗装をします。
すると。。。。5,6年経った頃剥げた雨戸や雨どい・・・。
外壁は綺麗なままなので、劣化部分との差が目立ってしまいます。
また、わざわざそこだけのために足場をかけて塗装工事は費用もかかる為、難しいですね。
雨戸の塗替え工程について 
 
②塗装が3度塗りになっているか
 
外壁塗装の基本は、3度塗りです。下塗り・中塗り・上塗りで塗装します。
外壁塗装3回塗りはなぜ?
中には、1度塗りや2度塗りで終えてしまう業者もいますので注意しましょう。
使用する塗料の缶数が明記されているか確認しましょう。
 
③ケレン処理が見積もり項目に入っているか(屋根塗装時は、縁切り作業をチェック)
 
ケレン・・・・古くなった塗膜をはがしたり、さびを落としたりする工程のこと。
古い塗膜の上から新しい塗装をしても、すぐに落ちてしまいます。
縁切り作業・・・・縁切り作業
どちらも手作業で行うのでとても時間のかかる作業ですが、
これを省くとどんなに高級な塗料を使用してもその意味が全くありません。
人件費削減、工期短縮のため、この作業を省いてしまう業者が中にはいます。
「下地処理」や「ケレン」という項目がきちんと入っているかどうか確認しましょう。
 
④m2単価から塗料の数量を計算しているか
 
使用する塗料の種類・グレードによって、価格は大幅に異なります。
面積と使用塗料があらかじめわかっていれば、適正価格が概算でも導き出せるはず。
また、外壁も足場も、養生もなにもかも同じ面積で統一して見積もりしてくる業者も避けた方が良いです。
「施工一式」という表記のみで、塗料の種類や使用缶数が明記されていない場合などは注意が必要です。
その「一式」が何を指すのか事前に確認しておきましょう。
見積もりはすべて正確に出せるものではありません。しかし、正しい塗装面積は決まっています。
 
⑤塗装箇所が全て書いてあるか
 
外壁塗装工事におけるトラブル相談の中でも多いのが、
「見積り書にない項目の費用を、あとで追加請求された」というものです。
工事中に追加され、金額が跳ね上がってしまった・・・という事例は数多くあります。
見積もり書をチェックするときに、
塗らなければいけない箇所の名前と金額がきちんと入っているかどうかを確認しましょう。。
2,3社へ見積りを頼むと、各社の違いがよく分かります。
ここの業者は入っている項目が、こちらの業者には無い!という時には必ず確認をとり、
その部分の塗装はどうするんですか?と聞いておきましょう。
また、これ以上お金はかからないのかどうか?という確認もしましょう。
 

まとめ

塗装工事は、値段が高い、家のメンテナンスって面倒、どんな業者に頼んで良いかわからない…など
様々なイメージをお持ちのことだと思います。
そして外壁塗装工事の業界というのは、手抜き工事や不誠実な業者がたくさん存在する世界なのです。
実際、当社のお客様でも以前に塗り替え工事で失敗した、手抜き工事で泣き寝入りした、
業者をよく調べてなくて後悔した、などの経験をお持ちの人が大勢いらっしゃいます。
皆様が賢い消費者になって、
ご自身の納得の行く塗り替え工事を実現しましょう。

 

 

マイホームを大切にしたい、家を長持ちさせたいという想いに寄り添い、
大事な想い出が詰まったご自宅を一緒に大切にしたいと思っています。
住まいのやまおか君を気に入って頂き、
ご縁を頂けるお客様がいらっしゃったら、お客様の満足を第一に、精一杯対応させて頂きますので
是非、宜しくお願い致します。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
屋根外壁の塗替え工事、外装リフォームは住まいのやまおか君へ
兵庫県下及び神戸市内でダントツの戸建住宅塗り替え実績4000棟
西神(桜が丘含む)・西神南(井吹台)・学園都市での実績№1
戸建住宅対応エリア 神戸市西区・垂水区・須磨区・明石・三木
大型物件の対応エリア 神戸市内全域・芦屋・稲美町・加古川市
 「塗装防水のプロ」住まいのやまおか君にご相談ください。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 
 
 
 
 

 

まずはお気軽にお問い合わせください !!