屋根を腐らせないため必須!屋根塗装の縁切り作業!!

縁切りって何?

塗料を塗ったことでふさがってしまった隙間を、道具を使い1枚1枚開けていく作業のこと。

コロニアル屋根・カラーベスト屋根の住宅が増えてきていますが、これらの屋根は1枚1枚薄い板を屋根に貼り合わせることで屋根が完成します。上から入って来た雨水を、板と板の隙間から逃がす構造になっています。この隙間の上を塗装すると、塗料で板の隙間がふさがってしまうのです。雨水を逃がす場所がなくなると屋根が腐食します。「縁切り」と言われる作業は、塗料でふさがった所を1枚1枚道具を使ってあけていく作業になります。かなり面倒な作業なのですが、屋根が腐るか腐らないか、という非常に重要な項目なので必ずやってもらうようにしましょう。

確実に縁切りが出来るタスペーサーという道具もあります。それを使用している業者だと大変安心です。

 

▼タスペーサー挿入

▼タスペーサー挿入後

20167410636.JPG

 

業者の中には、縁切りなどせずに(説明も無し)、工事を終えてしまうところもあります。工事前に見積もりの段階で作業の有無を確認しましょう。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

屋根外壁の塗替え工事、外装リフォームは住まいのやまおか君へ
 
兵庫県下及び神戸市内でダントツの戸建住宅塗り替え実績4000棟
西神(桜が丘含む)・西神南(井吹台)・学園都市での実績№1
 
戸建住宅対応エリア 神戸市西区・垂水区・須磨区・明石・三木
大型物件の対応エリア 神戸市内全域・芦屋・稲美町・加古川市
 「塗装防水のプロ」住まいのやまおか君にご相談ください。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 

まずはお気軽にお問い合わせください !!