外壁塗装で成功する人、失敗する人の分かれ道

外壁塗装やリフォームで失敗する人が存在するのはどうしてでしょう?
「営業マンのセールストークを信じていたら大変なことに・・・」
「予算の問題でうまくいかなかった・・・」
「その時のめぐり合わせが悪かったから・・・」など
言い訳を挙げ出したらきりがありません。
 

外壁塗装で失敗する人の大きな理由は「知識を持っていない」こと。

面倒だなと思われるかもしれませんが、
外壁塗装で失敗しないためには、外壁塗装の知識を持つことが一番の近道です。
 
塗装する目的については、こちらのブログで書いているのですが、
一番大切な目的が「家が傷まないように保全すること」です。
 
家が傷むと一体どうなるのか?
どんどん傷み、ヒビや亀裂が生じ雨漏りが起こり虫にも侵され、やがて最後は腐って行きます。
放っておけば住むことが難しくなることもあります。
そういった外壁塗装の必要性や実際の事例などについて、当社の無料セミナーで様々な知識をお教えしています。
塗装に関する知識を身に付けると、営業マンのセールストークには簡単に騙されなくなりますし、不誠実な業者がどんな手法でやってくるのか、わかってきます。
 
まずは知識を身に付け賢い消費者になることが大切です。
 
20141215141453.jpg

計画性を持って、外壁塗装を考える

 
さて、外壁塗装を行った人の大半が「訪問販売の営業マンに言われて工事を決め」ているって知ってました?
 
ピンポーン♪と訪問販売の営業マンがやってきて、
「奥様、ご自宅の壁にひびが入ってますよ、そのうち大変なことになりますよ」
「苔が生えてきて、見栄えも悪くなってきてません?」
と、あの手この手の営業トークで丸め込まれ、結局契約しているという方がまだまだ実際多いんですね。
 
これって、話をいろいろ聞いたり診断してもらったり(実際どの塗装業者も診断は無料で出来ます)してますが、
結局衝動買いをしているだけの話です。
 
塗装に成功している人は、絶対に衝動買いなんてしません。計画的に事を運ぼうとします。
ご自分の体、人間ドッグや健康診断でチェックしますよね。
もしどこか具合の良くないところがあったら、病院に通ったり、食事や運動などの健康管理をしますよね。
それと同じで、将来を見通して必要なことを事前にチェックすることは、
自宅についても同じと考えるべきなんです。
外壁塗装は安い買い物ではありませんから、ご自宅の状態を知った上で資金計画を立てることがとても大切になってきます。
 
20141215141612.jpg
 
まずは、ご自宅の状態チェックしてみませんか
そして、今後の自宅のメンテナンス計画について考えてみられてはいかがでしょう?
 

費用対効果について考えられるか?

 
皆さん様々な価値観をお持ちだと思います。
 
お財布についての価値観について考えてみましょう。
高級ブランドの10万円する財布を10年間使うことが、自分の価値観と言う人。
そこそこのブランドで数万円の財布を数年使うことが、自分の価値観と言う人。
ワゴンセールの数千円の財布を毎年買い換えて使うことが、自分の価値観と言う人。
 
車で言えば、ファミリーカーとかコンパクトカー、また排気量やグレードによって価格は違います。
自分が欲しいのは3000ccのファミリーカーなのに1500ccのコンパクトカーが安いからって買う人はいませんよね。
お財布や車は価値観だけでお買いもの出来ますが、外壁塗装については、
単なる価値観だけで買い物すると大変な目にあうかもしれません。
 
20141215141033.jpg
 
 
何故かと言うと、外壁塗装には「必ず費用としてかかってしまう」物が存在するからです。
それを度外視して価格だけで判断して塗装すると、あとで後悔することも多いのです。
 
外壁塗装のチラシなどを見ていても、「一式ぽっきり価格!」で安い価格を提示していることがよくあります。
しかし、実際の工事の中身は「それなり」のものであることが多いのが実情です。
例えば、塗料が長持ちしないものだったり、経験の浅い職人を使って安くあげたり、酷い場合は、塗料を薄めて使うなんて悪質な業者まであります。
 
安く済ませたつもりが、結局後々家の傷みが早くなったりして余計なお金を使わざるを得ないなんてことも考えられるのです。
 
また、自宅の状態に合わせた塗装をしないと、結果的に高くつくケースもあります。
ですから、自宅の状態に合った適切な塗装をすることが大切で、安いから得だとか、高いから損だという単純な話ではないのです。
 
外壁塗装について知識を持ち、どういう工事が必要かを見極めて費用対効果について考えられる方は、塗装にはまず失敗されないでしょう。

賢い業者選びが出来るか?

20141215141742.jpg
まず、外壁塗装を行っている業者について簡単にまとめてみましょう。
 
大きく分けると、営業会社と施工会社とがあります。
 
●営業会社とは自社で工事をしない窓口的な会社です。
ハウスメーカーや大手リフォーム店、ホームセンター、大型電気店や大規模小売店・量販店等が主にあげられます。
この他にも訪問販売会社や小規模なリフォーム店であっても自社で施工や管理をせず、いわゆる「下請丸投げ」という工事をしている会社は多いです。
 
●施工会社とは、ペンキ屋さんが直接請負う会社のことです。
ペンキ屋さんといっても規模~実績などスキルの差は驚くほどあります。とりあえず塗り方を覚えた職人さんが独立をして、「〇〇ペイント」とか「〇〇塗装」といった会社は意外と多いです。また建設業許可や技能士資格などの有る無しや、民間の工事しかしていない会社や公共工事の実績がある会社などさまざまです。
 
営業会社、施工会社と分けましたが、例えば大手のハウスメーカーに依頼しても、本職のペンキ屋さん(ここで言う施工会社)が請負うことがほとんどです。
結局塗装工事はペンキ屋さんがするということは、大手ハウスメーカーにお願いしていても「どんな職人が塗装してくれるかは不明。いい人に当たればラッキー!」くらいに思っておく方が賢明です。
 
また、私たちがセミナーで申し上げていることは、
「その会社、ほんとに実在しますか?」ということです。
 
ここ近年でインターネットの普及スピードは計り知れません。
そういった背景から、さも立派なホームページを持っている塗装業者が数多くあります。
しかし、実際住所を頼りに探してみたら。。。「会社が無かった」ということが本当にあるんです。
「高い買い物をしているのに購入相手の会社の所在も知らない、行ってみたこともない」という方も多いのでは?
会社訪問を実際にしてみるということは、意外と皆様見落としがちな点なように思います。
 
一度会社に訪問すると社員の方などお店の雰囲気も分かります。
またチラシやホームページ上ではすごく立派に見えた会社でも行ってみたら「えっ?」と言うこともあります。
ご自分の目でしっかりチェックし検証してみること、一度実行してみられてはいかがでしょう。
 
そのうえで、どの業者が一番ご自身納得出来るかを見極められる方は
業者選びに失敗しないと思います。
 
20141215141812.jpg
 
 
 
*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。
屋根外壁の塗り替え工事は住まいのやまおか君へ
対応エリア:西神・学園都市 神戸市西区全般・須磨区・垂水区・三木・明石
~塗装・防水のプロフェッショナル~
住宅・住まいのお困りごと ご相談ください!
*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。

まずはお気軽にお問い合わせください !!