【外壁のコーキング】DIYは難しい?

コーキングとは

以前から何度かお伝えしているコーキング、外壁塗装をDIYでするのは難しいですが、

シーリング材(コーキング)はホームセンターでも売られている事もあり、

コーキングの補修は自分でやってしまうという人が多いみたいです。

 
キッチンやお風呂などのシーリング補修をDIYでやる人は多いですが、
 
外壁のコーキングは、一見簡単そうに見えて
 
コーキングの打ち方や扱い方を間違えるだけで、トラブルになってしまう恐れがあります。
 
 
 
①既存のコーキングを綺麗に撤去出来ない
 
コーキングは、既存のコーキング撤去をいかに綺麗に出来るかが重要なのですが
綺麗に既存コーキングを取り切る作業は素人さんではとても難しいんです。
 
2017524154923.JPG
 
 
②適したコーキング材料を選ぶ事が出来ない
 
コーキングには色んな種類があり、
外壁に合ったコーキング材料を選ばなければ
不出来なコーキングを作ってしまう事があります。
また、プライマー(接着剤)も色んな種類がありますので
見極めがポイントになります。
2017524155025.JPG
 
 
③高所作業による危険
 
コーキングは2階または屋根付近までありますので
高所作業になり、とても危険です。
慣れない作業をして
足を踏み外し墜落してしまう事故をよく耳にします。
 
 
 
このように、意外と簡単に思えるDIYでの外壁のコーキング工事ですが、
 
自分で行うと以外にも大きなデメリットが発生してしまいます。
 
防水という大事な役割をはたしてくれるコーキング。
 
雨水が浸入すると建物の腐食原因にもなり、シロアリが発生する原因にもなります。
 
 
外壁のコーキングでお困りの際は是非、住まいのやまおか君へ相談下さい!(^^)!
 

まずはお気軽にお問い合わせください !!