現場リポート

プールって、何で出来てるの?プールもお任せ!

プールって何で出来てる?

プールが砂場に変身です。^ ^

通常はコンクリートの表面に

防水を施していますが、

今回改修工事をしているプールは

アルミ製。

長年の劣化で底板がペコペコになったので

底板のアルミ板を撤去し、

コンクリートを打設してから防水をします。

ベビーサンダーでアルミ板を切っています。

意外と分厚いので

カッターの刃はみるみる小さくなります。


㈱ヤマオカ「住まいのやまおか君」
フリーダイヤル 0120-414-368

<本社>
〒651-2117
神戸市西区北別府5-15-8

<西神ショールーム>
〒651-2254
神戸市西区平野町芝崎285-1

外壁塗装 屋根塗装 防水工事 屋根工事 雨漏り(雨漏れ)の修理
ミラブル 除菌・バスター 
㈱ヤマオカ Twitter
https://twitter.com/yamaokakun1​
Eメール info@yamaokakun.com

打診点検ってなに??

打診点検ってなんの為にするの??

建物の外壁は消耗品のため

経年劣化は防ぎようがありません。

季節外れの台風や気温の上昇など

異常気象の影響などもあり、

建物の劣化が思いのほか

早く進んでしまう可能性も、、、、

そこで打診点検の出番というわけです!

打診点検は簡単に言うと、

安全性を確認するためのものです。

壁面がタイルや石貼り、

モルタル仕上げの建物時に

用いられるのが打診点検になります。

検査器具を使用して外壁を叩いて

発生する音の高低によって

目に見えない外壁の剥離部の有無を判断する

点検になります。
 

直接目で見たり、外壁を触って

状態を確認していけるため

外壁の剥離部以外にもひび割れや爆裂、

窓周りやシーリングの劣化なども、

一緒にチェックしていきます。

すぐに判断することが可能なため、

迅速な応急処置を行うことができます。

ここでポイント!

この打診点検、

全て人間の手による検査となります。

すなわち、検査をする側の経験によって

結果が左右されてしまう可能性が

あるということです

打診点検の際は

実績がある業者へ依頼することをお勧めします。

住まいのやまおか君には

経験豊富なスタッフが多数在籍。

気になる点がございましたら

是非ご連絡下さいませ。


㈱ヤマオカ「住まいのやまおか君」
フリーダイヤル 0120-414-368

<本社>
〒651-2117
神戸市西区北別府5-15-8

<西神ショールーム>
〒651-2254
神戸市西区平野町芝崎285-1

外壁塗装 屋根塗装 防水工事 屋根工事 雨漏り(雨漏れ)の修理
ミラブル 除菌・バスター 
㈱ヤマオカ Twitter
https://twitter.com/yamaokakun1​
Eメール info@yamaokakun.com
山岡鉄也 Facebook
https://www.facebook.com/yamaoka.tets…

笠木放っておくと、、、、危険かも!!

板金笠木からアルミ笠木への

取り替え工事です。

板金笠木を取り外したところ、

下地の木材が、かなり傷んでいました。


下地を補強してから

アルミ笠木を取り付けます。

そもそも笠木ってなんのためにあるの?

ベランダやバルコニーの手すり部分に

用いられる笠木は「躯体(外壁)」を

腐食から守る役割があります。

家屋から突き出ているベランダや

バルコニーの壁面は雨や風を

よけるものがなく風雨の影響を受けます。

そこで、

笠木を取り付け

家屋自体に直接

水や風があたることを防止します。

これにより長い間家屋を

雨風から守る事が出来ます。

 

水の侵入を許してしまい

内部が腐食してしまうと、

階下の居間や軒天井などに被害が出てきて、

住宅全体を傷めてしまう恐れにも繋がります。

さらに腐食が広がると、

「シロアリ」が発生するケースもあります。

そのため定期的な点検が必要です。

気になる際は見積時、

この項目に注目してみるのも

良いかもしれませんね(^^)/

——————————————————-

㈱ヤマオカ「住まいのやまおか君」
フリーダイヤル 0120-414-368

<本社>
〒651-2117
神戸市西区北別府5-15-8

<西神ショールーム>
〒651-2254
神戸市西区平野町芝崎285-1

外壁塗装 屋根塗装 防水工事 屋根工事 雨漏り(雨漏れ)の修理
ミラブル 除菌・バスター 
㈱ヤマオカ Twitter
https://twitter.com/yamaokakun1​
Eメール info@yamaokakun.com
山岡鉄也 Facebook
https://www.facebook.com/yamaoka.tets…

外壁屋根塗装、電線の保護が必要だと言われたら?

こんにちは😊

塗装するにあたり

これってどうすればいいの?

よく聞くお困りに

今日はお答えしていこうと

思います(^^)/

 

外壁塗装及び屋根塗装の工事を始める際

電線がお家と接近しているような場合

足場を設置する際に

防護管を取り付ける必要があります。

近くに電線があるにも関わらずに

防護管を使用しないというのは有り得ません。

 

「外壁塗装をする時の電線保護はどこに頼めば良いの?」

「電線の保護が必要と言われたけど費用はかかるの?」

A:電力会社とリース業者への依頼は

   塗装業者が行ってくれる場合がほとんどです。

   ご自身での予約や見積もりなどの手間は不要です。

   見積もり金額を知りたい場合、

   やまおか君に連絡下さいませ。

 

なぜ電線保護が必要なのか

法律で安全確保の義務が定められている

 

塗装工事のための足場の近くに

電線が通っている場合、

業者は防護管を電線に取り付けて

感電防止対策を行わなければなりません。

作業員が電線に接触してしまう箇所を

放置しておくと、

事故にも繋がる可能性があり非常に危険です。

電線に触れて事故を起こすと

停電が起きる可能性があるうえ、

雨が降った後は事故の危険性も高まるため

防護管の取り付けは必須なんです!!

 

住まいのやまおか君では

こんなお悩みも即座に解決です。

見積り時、なぜこの作業が必要なのか。

見積書を見て不明な項目がありましたら、

是非やまおか君スタッフにお聞き下さい。

 


㈱ヤマオカ「住まいのやまおか君」
フリーダイヤル 0120-414-368

<本社>
〒651-2117
神戸市西区北別府5-15-8

<西神ショールーム>
〒651-2254
神戸市西区平野町芝崎285-1

外壁塗装 屋根塗装 防水工事 
屋根工事 雨漏り(雨漏れ)の修理
ミラブル 除菌・バスター 
㈱ヤマオカ Twitter
https://twitter.com/yamaokakun1
Eメール 
info@yamaokakun.com
山岡鉄也 Facebook
https://www.facebook.com/yamaoka.tets…

 

屋根の漆喰って、なに??

漆喰とは

水酸化カルシウム=消石灰

(石灰石を焼いて水を加えたもの)

を主原料とした塗り壁材。

この消石灰に糊(のり)やスサを加えて、

水で練ったものが漆喰になります。

漆喰工事なぜ必要?

この漆喰は、屋根瓦の1番上の箇所にあたる

「棟(むね)」の台土を守るために

塗り込んでいる材料です。

白く塗り込まれたところが『漆喰』になります。
この漆喰(しっくい)は、

定期的にメンテナンスを行う必要があるのですが、

意外にみなさん漆喰のメンテナンスについて知らず、

ここから屋根全体のダメージに

繋がってしまうケースがあります。

屋根瓦に使われる瓦の耐用年数は

長いもので50年〜60年ですが、

屋根の漆喰の寿命は瓦よりも短く、

20年前後で表面が朽ちてきたり、

剥がれてきたりするのが一般的です。

必要なタイミングで漆喰の手入れを行うことで、

瓦屋根全体を長持ちさせることができます。

住まいのやまおか君では

高耐久の材料で

コーキング打ち替えも行っています☺

オートンイクシード

新たに開発した特殊高耐久ポリマー

「LSポリマー」を配合することにより、

これまでにない耐久性、耐候性を実現した

「超寿命シーリング材」です。

 新築・リフォーム問わず幅広い用途で、

長期に渡り大切な建物を雨水の侵入から守ります。

特長
経年で流出する可塑剤を配合せずに

優れた柔軟性を実現。

経年による硬質化を防ぎ「柔らかさを長時間維持」

 

漆喰工事を行う時のポイント

まずは、

①漆喰補修工事の実績がある業者を選ぶ!

専門外のため実は漆喰工事をしたことがない、

知識のない業者も存在します。

漆喰の補修工事の施工実績があるか、

まず確認してみましょう。

②工事中の写真を撮ってくれる業者を選ぶ!

工事中の写真を撮ってくれる業者を選びましょう。

屋根の上の工事は

お客様が確認しにくい場所です。

写真を撮らずに

工事を終える業者も存在します。

そのため一枚でも

写真を撮って見せてくれる業者を選ぶと

手抜き工事の確認も取れ安心です。

 

 

 

軒裏にアクセント②

前回に引き続き第2弾、

外壁の塗装工事をする際、

色選びに悩むお客様をよくお見かけします。

、、、、イメージを変えたいけど

、、、、なかなか派手にする思い切りも

、、、、でもお洒落にしたいな。

こんなお悩みに対して、

すまいのやまおか君スタッフは

アドバイスさせていただいております☺

本日は、実際に塗装させて頂きましたので

ご紹介させて頂きます。

アクセントカラーは、

名前の通りアクセントになる色です。

全体がぼんやりした印象の時には

ぐっとひきしめてくれる役割があります。

ベーシックカラーとアソートカラーを

調和させてくれます(^^)

アクセントカラーは、

面積の少ない所に塗ると効果的です。

これだったら印象ががらりと変わっても

全体の色は変わらずで済みますね☺

外壁の色選びも

経験豊富なスタッフがいる

すまいのやまおか君にお任せです(^^)/

 

 

 

やまおか君の自慢!建物診断書!

さて、本日はご好評いただいてる

無料の建物診断をご紹介致します😊

「住まいのやまおか君」に

お問い合わせいただいた後、

最初に行うのが建物診断になります。

経験豊富なスタッフが

お客様のご自宅へうかがい、

建物の現状を調べます。

そこでお見積りと一緒にお出ししているのが

「建物診断報告書」です。

中を開くと、

お客様のお家の痛み具合が

詳しく説明してあります。

●外壁/屋根
傷み
退色
コケカビの発生
 水の吸い込みの状態
チョーキング現象 などについて
●打診点検
●コーキングの劣化状態・目地測定
●外壁の顕微鏡画像

など様々な点検項目を詳細に明記させて頂いています。

この建物診断の現地調査は

1時間程度お時間を頂いております(^^)

ちなみに屋根を調査する時は屋根に上らず、

(屋根の瓦を破損してしまわないように)

ドローンで撮影し、その映像を解析します。

当社のこだわりの1つです✨

お客様には、

「この建物診断書がとても分かりやすくて良いね!」と

言って頂くことが多く、

私たちも嬉しく思っております。

またこの他に

工事が決まり、完了した際には

工事の様子や補修箇所などを

写真と一緒に記載した

冊子をお渡ししております。

こちらが一部になります。

住まいのやまおか君は

お客様の安心を一番に考えております。

その為、見積書の際から

細かく診断し、工事完了の際には

工事した箇所や塗装回数などが

分かりますよう

ご提示させて頂いております(^^)

塗装工事をお考えの方も、

参考程度にお家の現状を把握しておきたい方も、

一度お気軽にお問い合わせ下さい。

勧誘等は一切いたしませんのでご安心下さいね。

*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。
TEL:0120-414-368
対応エリア:西神・学園都市 神戸市西区全般・須磨区・垂水区・三木・明石
~塗装・防水のプロフェッショナル~
住宅・住まいのお困りごと ご相談ください!
*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・

外壁色でイメージが、がらりと変わる!

🏠ビフォー

🏠アフター

せっかく外壁を塗り直したのに、

「仕上がりが希望する色と違う」

「塗り替える前の方が良かった」などの話が、

実はよくあります。


トラブルの原因は大きく分けて2つ。

①希望する色が業者にきちんと伝わらなかったケース

※自然光で見たときの見え方が異なるためおこります。

②色の見本と実際に塗られた色が違って見える

※面積によって色の見え方が異なるためおこります

以上の事があった時、

残念ながら塗り直しには

追加費用がかかってしまいます、、

その他注意ポイント
・家の周りの景観を観察する両隣や向かいの家の色をチェックし、

 外壁を新しい色に塗り替えたとき、

 自分の家だけが浮いて見えないか想像します。

・色の組み合わせは2~3色にする。

 使う色は3色までに抑えると、仕上がりが美しくなります。


 2色のツートンカラーにする場合は、

 同系色、または同じような薄さの色を選ぶといいでしょう。

 上下に色分けする場合は、

 上よりも下を濃い色にする方が落ち着いた雰囲気になります。

 

好きな色を塗ってしまえば

大丈夫、、とばかりにはいかない場合があります。

住まいのやまおか君では

経験豊富なスタッフが外壁色のアドバイスも

積極的に行っております。

今回紹介させて頂いた写真は

福祉施設の外壁塗装工事です。

建物が明るくなったと、職員さん喜ばれてました😀

外壁色選びは

神戸市西区、実績数ナンバー1!

住まいのやまおか君へ(^^)

 

*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。
屋根外壁の塗り替え工事は住まいのやまおか君へ
対応エリア:西神・学園都市 神戸市西区全般・須磨区・垂水区・三木・明石
~塗装・防水のプロフェッショナル~
住宅・住まいのお困りごと ご相談ください!
*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・

 

 

好評!トーメックスシートでイメージ

今日は塗装工事のお楽しみでもあり悩みでもある

外壁の色についてのお話です😀

やまおか君では塗料の色決めの際、

トーメックスシートというものを使って

決めていきます。

トーメックスシートとは、

ご自宅の外観写真の外壁部分だけを切り取った

シートのことです。

 

 

 

 

 

 

 

後ろの背景が透けて見えます

このシートの後ろに塗料の見本シートを置いて、

どんなイメージになるか確認していきます。

 
 

同じお家ですが、

色目が変わるとずいぶん印象も変わります。

また、屋根の色や鉄部などの色目で変化を持たせても、

象が変わってきます。

こちらのシート☺イメージがつきやすいと

大変お客様から喜んでいただき、

好評です!!

一度塗ってしまうと次の塗装時期まで

そのお色で過ごすことになります。

塗装の際は、

気に入ったお色をお選び頂きたいです(^^)

色決めの際は、

やまおか君の監督が様々なアドバイスをさせて頂きます。

ご満足いただけるイメージを探して頂いて、

楽しみになる塗装工事を実現させて頂ければと思います。

塗装の色のお悩みも

是非、住まいのやまおか君へ🏠

 

*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。
屋根外壁の塗り替え工事は住まいのやまおか君へ
対応エリア:西神・学園都市 神戸市西区全般・須磨区・垂水区・三木・明石
~塗装・防水のプロフェッショナル~
住宅・住まいのお困りごと ご相談ください!
*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・

屋根塗装改修工事~工場編

    
 

本日は、工場の屋根塗装改修工事着工しました。

工場塗装は材料も沢山使います。

これは下塗りの一部です。

ちなみに上塗りは

アステックペイントEC-100を90缶使います。

EC-100Fとは

水性系の上塗り材です。金属屋根、波形スレート屋根などに使われます。

EC-100Fの特徴
耐久性EC-100Fは耐久性に優れていて、最長10年保証の塗料になります。高性能であるピュアアクリルという新素材を採用しています。ピュアアクリル塗料は高分子量のピュアアクリル樹脂で、不純物が一切排除されています。塗料の最大の劣化原因は紫外線ですが、こちらは紫外線が日本の3倍以上もあるオーストラリアで開発されました。このため紫外線に強い塗料となっており、寒さ・暑さにも高い耐性を発揮します。劣化によって起こるチョーキング現象(熱や紫外線、水分や風などによって劣化し、チョークの粉を吹いたようになる現象のこと)を長期間防ぐことができます。弾性・防水性は塗料自体に伸縮性があり、外からの水の浸入を防ぐだけでなく、中にこもった湿気を外に放出する性能も備えています。またナノセラミック粒子を含んでおり、太陽光に含まれる近赤外線を効果的に反射・放射するため、高い遮熱効果が期待できます。2回目以降の塗り替えに関しては、コストを約50%下げることができると言われています。

工事が終わりましたら

キレイになった屋根もご紹介致しますね(^^)/

 

#漏水調査
#工場塗装
#屋根塗装
#スレート屋根の塗装
#アスベスト屋根の改修
などなど

セミナー参加・無料お見積もり