お出かけブログ

新たな防水技術を習得するために!~リボール防水って?

 

今回の鉄っチャンネルは、

動画は昨年の秋、

鉄っちゃんが長野県へ防水の技術研修に行った時の

模様をお送りしています!

防水と言えば、

鉄っチャンネルでも解説してきたように、

「塗る防水」「貼る防水」「固める防水」があります。

その中で今回のテーマは「塗る防水」いわゆる塗膜防水です。

「塗る防水」では一般的にウレタン防水がよく使われますが、

今回は水性のポリマー系の塗膜防水。

長野県の株式会社リボールの商品を扱っています。

研修は2日間。 大自然に囲まれ、環境のいいところに工場があります。

研修では、

新築のバルコニーを想定して 構造合板が用意されており、

そこに塗っていきます。 

 

 

リボール防水とは

リボール式防水は、

アクリル系高分子多成分系共重合エマルジョンに、

更に複合材料を加えた画期的な水性塗膜防水材。

超薄型の防水層を実現し、

抜群の防水性能に加え、

溶剤臭がなく環境への負担が少ない

接着性弾性などの

従来の防水材にはない数多くの特性を

持っています。

 

安全:水性で臭気がほとんどない。お施主様や近隣の方、施工者にとって安全な防水材。有毒ガスや引火の危険性がないため管理が容易。浴室、病院、住宅密集地に最適。


施工しやすい:一液の為攪拌の手間が省け、混合ミスは起きない。ローラーや刷毛で施工。役物廻りなどの複雑な箇所に容易に施工できる。垂れにくいため、立ち上がりや急勾配の箇所にも膜厚確保が容易。


火に強い:防火地域、準防火地域の新築木造住宅に施工できる。


下地を選ばない強力な接着力:1種類のプライマーでアスファルト、ウレタン、シート、FRPなどの各種既存防水材、木材、各種金属等に対して対応可能。


耐久力がある:弾性がありながら塗膜表面は固いため、耐摩耗性に優れる。通路や階段等の歩行頻度が多い場所にも対応できる。


耐候性に優れる


メンテナンスが容易:計量で薄膜なため、何度でも塗り重ねることが可能。

 

屋根調査!劣化状況をこれで見逃さない?

 今回は屋根の調査方法についてご紹介致します!

屋根の調査というと、 昔ははしごをかけて登っていましたが、

それは正直、ちょっとアブナイ。

そこで鉄っちゃんが取り出したのは、

伸びる棒。(自作です。笑)

7メートルも伸びるので、

撮影する人の身長を足すと9メートルぐらいまで伸びます。

そしてもう一つ、

住まいのやまおか君に屋根の調査を頼んだ時の秘密兵器が

今話題のドローンです!

以前から度々ご紹介しておりますが

今回は一部始終を動画にまとめてみました(^^)

思っている以上に鮮明に見えますので

ご興味のある方は

是非動画の方をご参照下さい。

今回は本社の駐車場で操作して、

本社上空、屋根の様子をドローンで撮影してみました。

自宅の屋根の様子が気になる、

見えない部分の工事は

ちゃんと工事してくれているのか不安、、

そういった悩みは

住まいのやまおか君にお任せください!!

一緒に確認も出来ますので

ぜひお声がけください(^^)

外壁塗装時の色選び、面積効果も考えて!

建物の色を決めていくには、

まず何よりも、

全体の色を考えることが大事です。

その際、

「この色が好き!」「こっちがいい!」

とその時の好みで決めてしまうと、

失敗してしまうことが多々あります。

気をつける点としては、

例えば前回も説明したように、

アルミサッシは塗らないので、

色がそのまま残ります。

そのアルミサッシの色と、

選んだ壁全体の色が合うかどうか。

バランスを考えながら選んでいくことが必要です。

そして、建物には色々な色がありますが、

一番面積の大きな壁を優先して

決めることも重要です。

メインをどんな色にしたいのか?

そこで大切になるのが「面積効果」です。

ここをおさえておけば、

塗ったあとで

「こんなはずじゃなかった!」

と後悔することがありません☺

面積効果とは?

外壁塗装における面積効果というのは、

色選び段階と工事終了後の段階では

色の感じ方について差がでてしまう問題です。


色選びをする際には

小さなカラーパレットや色見本を参考し、

自分のイメージした色を選ぶでしょう。

しかし、いざ塗装が完了してみると

明るい色の場合

 

大きい図形と小さい図形だとどちらの方が明るくみえますか?

おそらく、

大きい図形の方が明るく見えた方の方が多いかと思います。

明るい色の場合は、

面積が大きい方が明るく(薄く)、鮮やかな見た目になります。

暗い色の場合

 

暗い色の場合は、

面積が大きい図形の方が暗く、濃く見えますよね。

暗い色は明るい色とは、

正反対の性質を持っています。

これらを頭に入れておくと

面積効果は方法次第である程度は

避けることができます✨

カラーパレットを参考にするのではなく、

実際に建っている住宅を見て

色選定をしてみたり、

塗料を外壁に塗った際にどういった見え方がするか、

業者が詳しく知っていますので

アドバイスを求めるのも良いでしょう。

色選びを失敗してしまうと

次の外壁塗装を行うまでの間、

嫌な思いをすることになるかもしれません。

面積効果で、外壁塗装で後悔しないためのポイント

1⃣明るい色は面積が大きいほど明るく見える

2⃣暗い色は面積が大きいほど暗く見える

色選びで迷った際は

経験豊富な住まいのやまおか君に

ご一報くださいませ(^^)

 

 

ドローンで屋根調査!見えない箇所も見えます!

屋根の点検と言えば、ハシゴを使って人が登って点検するが今までは基本でした。

しかし今はドローンを使って屋根の点検をします。

ドローンを使った屋根の点検にはたくさんのメリットがあるんです!

屋根の点検のために人が登ると色々なリスクがあります、、、、

破損した屋根に足をひっかけたり、

傾斜で人が落下してしまうことも。

その点、ドローンを使えば安全です。

またドローンを使った点検であれば画像を一緒に見ることができ、

屋根の状態をしっかりと把握できます。

今回もドローンで屋根調査!!

すると、瓦が一枚ズレてました。

雨漏りの原因になったり、

台風で飛んで落ちる事もあるので、早めの補修が必要です。

ドローンで撮った画像でも綺麗で分かりやすいです。

さてさて、ここで一つ注意が!!

ドローンが手元にある方は、

さっそく飛ばして屋根の点検をしたくなるかもしれません。

しかし、

ドローン飛行にはルールがあります。

航空法による規制です。

航空法によると空港付近、

人口密集地、

高さ150m以上の上空、

夜間飛行などが禁止されています。

航空法による規制以外にも、

各都道府県や自治体による規制があるので、

よく調べてみてくださいね。

金属瓦、増し葺き!これで台風も安心(^^)

本日は工場のスレート屋根の上に、

金属瓦を増し葺きしてきました!

これで台風も一安心ですね(^^)

 

葺き(ふき)の意味

葺くとは屋根を仕上げる行為を意味し、

江戸時代までの住宅屋根は茅葺き(かやぶき)といって、

屋根は草を被せて仕上げていたため、これが語源となり

葺きと呼ばれています。

現在の屋根は陶器瓦やコロニアル(スレート・カラーベスト)、

ガルバリウム鋼板など多種多様で

これらを含めて屋根を覆う行為を「葺く」とよびます。

ハチの巣だって見つけちゃいます!

こんにちは(^^)

本日は現場調査に行った際、

軒下に特大のスズメ蜂の巣を発見!!🐝🐝

家のお主人様も知らなかったようで

さっそく神戸市に駆除を依頼して頂きました!

蜂の巣ができやすい場所

蜂の巣を早期発見するためにチェックすべき部分を場所ごとにまとめてみました!

場所 チェックすべき箇所 当てはまる条件
家の1階 床下通風孔の周辺、屋根のひさしの下、エアコン室外機、雨戸の戸袋 天候の影響をうけにくい箇所
閉鎖空間
家の2階 屋根裏部屋、天井の裏側(通風孔周辺)、ベランダ周りなど 天候の影響を受けにくい箇所
家の庭 植木の枝や根本、生垣の中、物干し竿、物置の中など 閉鎖空間
駐車場 ガレージの中、詰まれたタイヤの中、自転車のカゴなど 閉鎖空間

 

もしも家の周辺で蜂の姿を見かけたら、

チェックすべき箇所を一通り確認しておくのがよいかもしれません。

とくに春先は、冬眠から目覚めた女王蜂が巣を作る場所を探して飛び回っているそうです。

危険ですので作られる前に対策したいものですね😑

一目瞭然!断熱ガイナの効力!!

こんにちは!

梅雨明けして猛暑になってきました。

あまりにも暑いので、

ガルバリウム鉄板の屋根の表面温度

測ってみました!

58.8度!!

この上に断熱ガイナを塗ります。

さてさて、どのくらい表面温度がさがるでしょうか☺

 

 

なんと!!!

40.4度!!

20度近く下がりました😊

お客様からも

屋根の上が焦げる感じがなくなったと、

好評です。

ご興味のある方は、

是非住まいのやまおか君へ連絡下さい(^^)

 

断熱ガイナって??

熱セラミック-ロケット開発で培われた最先端の断熱技術。ロケット打ち上げ時の高熱から機体を守るJAXAは、H-Ⅱロケットの開発に際して、 打ち上げ時の熱から機体および人工衛星を守るために、ロケットの先端部(フェアリング)に塗布する断熱技術を開発。宇宙開発で培われた最先端の技術を取り入れて誕生した「GAINA(ガイナ)」は、特殊セラミックを塗料化することに成功した機能性環境改善塗材です。塗るだけで断熱を可能にしたほか、遮熱・結露防止・防音・防汚・空気質改善など、15に及ぶ機能を発揮。

 

 

カーポートの屋根取り外しします☺

住まいのやまおか君では

足場を組む前に、

足場と干渉するカーポートの屋根を取り外します。

カーポートは屋根押さえがビスで止まっているタイプであったら

全てのビスを外していきます。

屋根押さえがビスで止まっていないタイプの

カーポートの場合は、

慎重に外さなければ壊れる原因に((+_+))

これをはしごか何かに乗って行うので

自分でするには結構大変です。

住まいのやまおか君では

工事中、汚れない様にブルーシート等で

養生してします。

カーポートの屋根は

キレイに洗浄して


足場解体後に、復旧します(^^)

きれいになったと喜ばれ

好評頂いています(^^)

どろーーーん!!屋根調査する理由!

住まいのやまおか君では、

こちらのドローンを使って調査していきます。

 

ドローンで屋根点検をする理由


その1⃣屋根材が割れる心配がない

劣化がひどい場合、屋根の上に登ったときに屋根材が割れてしまうリスクがあります。


その2⃣お客様と一緒に確認ができる

屋根の傷み具合が一緒に確認でき、必要のない工事を行われる心配や不正される心配が軽減されます。

その3⃣困難箇所の点検もできる

屋根の上滑りやすくなっている為職人さんであっても危険です。ドローンであれば安全に危険個所や下屋根などの点検も出来ます

ドローンの操縦も上手です(^^)

ご興味のある方は是非、

住まいのやまおか君にご一報下さいませ(^^)

 

住まいのやまおか君、雨漏り鑑定士在籍!

●雨漏り鑑定士について●

NPO法人雨漏り診断士協会から認められた資格者のこと。雨漏り診断士の資格を取るためには、認定試験に合格しなければなりません。試験は、建物の基礎知識・雨仕舞いと防水・塗装の基礎知識、雨漏り診断の実例・実務の3つになります。

なぜいるの?

 現在の日本の住宅における雨漏りの問題は、経年劣化によって起こっているだけではなく、新築建物にも頻発しており、本来の“家”が持つ“雨露をしのぐ”という性能を有していない家が多く存在。

 家は、建築士が設計し、施工管理技士が監理をし、各専門工種の技能士が創っているはずです。なのに雨漏りする家が増え続けるのは、雨漏はこれまでの一般的な資格では対応できていないということです。

 雨漏り修理は経験も大切ですが、どのようなケースでも対応できる知識も重要になります。

住まいのやまおか君には「雨漏り鑑定士」が在籍しており

現在、梅雨に入ったこともあり、

依頼が増えております(^^)

雨漏りでお困りの際も

是非、住まいのやまおか君へお問い合わせください。

 

 

 

セミナー参加・無料お見積もり