2021年12月01日

塗料を薄める業者にご注意を!

塗料を薄める悪徳業者

外壁塗装でよくあるトラブルのひとつ・・・・

「薄めた塗料で施工されてしてしまう」というもの。

コストを抑えるために、

塗料の使用量を減らして利益を上げる悪徳業者の手法です。

見分けることがっても難しい事もあり、

この手口で利益を確保している業者も多いそうです。

塗料を薄めると

コストの削減だけでなく

塗装を行なうローラーや刷毛の滑りがよくなるため

作業が早く綺麗に仕上がっているので

優秀な業者に見えます。

ところが数年経つと😫😫😫

薄めた塗料で施工した外壁は、

塗装が剥がれたり膨張したり、

ヒビ割れやカビが発生してしまう事に。。。。

塗料の希釈率は季節によって変化し、

各メーカーによっても適切な希釈量が決められています。

 

目安はありますが、気温によって希釈の割合を調整する必要があり

適切な希釈率を把握せず、あるいは知らずに塗装を行なった場合

耐久度の低い塗装となる可能性があります。

そして経験の少ない職人が施工した可能性もあります。

 

どちらにしても、

塗装が薄いことで被害を受けるのはお客様です。

悪徳業者に騙されないよう、

信頼できる塗装業者で熟練の職人が在籍するところを

選ぶことが大切だといえます。

住まいのやまおか君のこだわりでは

ダントツの施工実績数

戸建て塗替え工事は、約5000棟!!

西神戸エリアだけでも

年間実績200棟の外壁塗装工事😊

さらにマンションや公共施設など

大型建築物も多数手がけています

また

国家資格の塗装技能士資格を持ったスタッフ

確かな技術力のご提供をさせて頂きます。

また自社単独の基準にならないよう

全国で雨漏り解決率100%を誇る

「雨漏り119」

社会に誇れる塗装工事をお届けする

という理念を持つ

「プロタイムズ」にも

加盟しています。

その他

住まいのやまおか君で選定する塗料

塗り重ね乾燥時間や塗料の希釈率など

長年の公共工事の経験と実績を蓄積

品質管理を見える化する事で

信用と信頼をお届け出来る様

日々心掛けています。

お困りごとやご相談は一度

やまおか君にご一報ください(^^)

トライやるウィーク

神戸市西区のある中学校で行われた

職業体験実習「トライやる・ウィーク」

鉄っちゃんとその仲間

塗魂ペインターズのメンバーの指導のもと、

中学生が塗装に初挑戦します。

今回は、使っていない階の廊下を塗装することに。

いきなり塗るのではなく、

その前にしっかり説明を受け、

養生・下地補修をした後、下塗りをして、

その上に上塗りをしていきます。

仕事はオンとオフのメリハリが大切!

真剣に仕事をして、

お昼休みにはレクリエーションで思いっきり楽しみます♪

意外と難しいペットボトル立てや、

叩いてかぶってジャンケンポン!

思いっきり笑って、また真剣モードに戻ります。

生徒たちの頑張りで、どんどんキレイになっていく壁。

そして、ついに完成!

果たしてどんな風に生まれ変わったのか?!

劇的ビフォーアフター風にお見せします。

「人のために働き、仕事で町を守る!」

カッコをつけている様ですが本気です!

だから中学生にも伝わったのかと…

一生懸命勉強し、受験戦争に勝ち残り、

高学歴でペンキ屋の職人になろうとする人はいません。

私も含めどちらかと言うと勉強嫌いで

出来の悪かった人間が多い業界です。

(そうでない方ゴメンなさい。^^;)

でも、私が職人に伝えているのは

「プライドを持って仕事をやれ!」

「自分の作品を町に残せ!」

と言うことです。

技術を磨き、

その技術で生涯の買い物として

一番高価な「家」を大切に塗装させて頂き、

資産価値向上のお手伝いをするのが、

我々ペンキ屋の仕事です。

この生徒さんには「そこ」が伝わった様で、

とても嬉しいです。

将来この生徒さんが仕事を選ぶ際に、

今回のトライやるの経験を思い出し、

「モノづくりの精神」や「技術職」と言った関連に

進んでくれるとありがたい…

もっと言えば、街の建物をメンテナンスするペンキ屋へ…

セミナー参加・無料お見積もり