2016年04月

安全協力会を実施しています。(塗装、防水、足場、シール、エクステリア、設備)

第24回住まいのやまおか君 安全協力会を開催しました。 安全協力会!塗装工事なら西区のやまおか君へ 今日のグループワークは 「決められたルールを守れる・守れない、は何故?」 と言うお題に参加者みんなで頭をひねってます。 (^_^;) 主催者側からの一方通行にならないように、 職人の皆さん全員で意見を出してもらっています。 ヘルメットを被っていないのは、例外! と言いつつも…とか、 安全帯を着用しても使っていないのは何故?とか、 タバコ、私語、制服、逆駐車、作業手順、などなど、 正直に出来ていないを認めて、 「だったら、どうすれば出来る?」 の意見を出し合ってのグループワーク。 201646191417.jpeg 普段、机に向かう機会の少ない職人さんが、 現場作業を終えて脳みそから汗をかいてもらって 申し訳ない思いも有りますが、 自分自身の成長のためと意識を持って 頑張ってもらってます!(^_^)v 201646204520.jpeg この後、顧客満足度アンケートの集計で 評価の高い職人さん達を表彰させていただき 無事終了しました。 明日からまた学びを活かした現場作業で、 お客様の家を守り、我々の町を守ります!

ベランダの床板の下も塗ります

こんにちは。そろそろ桜の季節ですね。

今年の桜は気候の関係で長く楽しめるそうなので嬉しいですね(^^)

 

二階のベランダの下が一階の窓のひさしになっている場合、ベランダの床板をめくってひさしを塗装します。

ベランダ デッキ下塗装

これは床板をめくってサビ止めを塗っているところです。

プラスチックの床板はネジで止まっているので、ばらして撤去することができます。

普段は床板の下に隠れているので見ることはないでしょうが、この部分は結構ホコリが溜まってしまってる場合が多いです。

お家によってはコウモリが住みついてしまって糞が山のようになっている場合も (^^;)

今回工事させて頂いたお客様宅は、ご主人が年に一回ほど床下を水洗いされていたそうで大きく汚れてはいませんでした。

 

サビ止めの後は中塗りと上塗りをします。

床板を元に戻すのはペンキが完全に乾いた後です。

ベランダ デッキ下中塗り

 

せっかくきれいに塗ったのに床板を敷いて見えなくなってしまうのが残念ですね。(笑)

 

床板は水洗いをしてホコリを取り除いてから取り付けました。

ベランダ デッキ復旧

洗った後の床板は裸足で歩けそう。(^^)v

床板を戻すときに手すり等を傷つけないようにクッションを敷いています。

乗り越えるときにうっかりキズを入れてしまったらがっかりですよね。

 

今回のように床板の下に塗る必要のあるものがあれば取り外して塗装します。

窓の外についている花台なども必要ならば床部分を取り外すこともありますよ。

 

 
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
屋根外壁の塗替え工事、外装リフォームは住まいのやまおか君へ
 
兵庫県下及び神戸市内でダントツの戸建住宅塗り替え実績4000棟
西神(桜が丘含む)・西神南(井吹台)・学園都市での実績№1
 
戸建住宅対応エリア 神戸市西区・垂水区・須磨区・明石・三木
大型物件の対応エリア 神戸市内全域・芦屋・稲美町・加古川市
 「塗装防水のプロ」住まいのやまおか君にご相談ください。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

まずはお気軽にお問い合わせください !!