ホーム>外壁塗装Q&A>塗装工事の前のお悩み

塗装工事の前のお悩み

外壁から白い粉の様なものが出ているのですが、これは何でしょう?

Q 外壁から白い粉の様なものが出ているのですが、これは何でしょう?
A 外壁などは、常に太陽光・紫外線・風雨などにさらされています。そういった自然現象によって塗装表面の樹脂成分が劣化し、塗料中の顔料がチョークのような粉状になることを、「チョーキング現象」と言います(別名「白亜現象」)この現象が起こると、外壁を触ったら白い粉が付くというわけです。

チョーキングは塗装面の劣化のサインです。チョーキング現象がひどくなってくると、外壁の防水性が失われていくので、早目に専門家の点検をおススメします。

 

雨筋が気になるのですが・・・

Q 雨筋が気になるのですが・・・
A 窓やサッシから、汚れが伝って外壁の美観を損なう雨筋。
これが気になるという方は大勢いらっしゃいます。

雨筋
雨筋雨筋
 

雨筋のところから錆びが滴り落ちてきたり、長年放置すると黒く汚れて来てしまいます。

雨筋

雨筋の汚れというのは、雨で塵や埃・錆びなどが流れることで汚れが蓄積してしまうのですが、この汚れは高圧洗浄で洗っても綺麗にならないので、塗装工事をする際に「雨筋ストッパー」を付けて雨筋対策することを、やまおか君ではおススメしています!

雨筋ストッパー

雨筋ストッパー

(取付後、外壁の色と同じ塗料で塗るのでホワイトを使うことが多い)

雨筋ストッパー

雨筋ストッパーを取り付けたイメージ

 

 

201511915352.gif雨筋ストッパーを取り付けたビフォーアフター

 雨筋矢印雨筋ストッパー
 

取付費用は1つ当たり500円。窓一か所に対してだと2つ必要ですので1000円(税別)で工事出来ます。

塗装工事される際は、一緒に雨筋ストッパーの取付も検討されてはいかがでしょうか?

 

塗装工事をお願いする場合、色決めはどういうツールを使っていますか?

Q 塗装工事をお願いする場合、色決めはどういうツールを使っていますか?
A

やまおか君では、トーメックスシートというツールをご用意させていただいています。

トーメックスシートとは、ご自宅の外観写真の外壁部分のみ切り取っているシートのことです。

トーメックスシート

トーメックスシート

トーメックスシート

後ろの背景が透けて見えます

 このシートの後ろに塗料の見本シートを置いて、どんなイメージになるか確認していきます。

トーメックス

淡いイエローオレンジ系の色目で確認。

ツートンだと、こんな感じになります(胴差があるお家)

トーメックス
トーメックス

 同じお家ですが、色目を変えるとずいぶん印象も変わりますね。また、屋根の色や鉄部などの色目で変化を持たせても、印象が変わってきます。

色決めの際は、やまおか君の監督が様々なアドバイスをさせて頂きます。ご満足いただけるイメージを探して頂いて、楽しみになる塗装工事を実現させて頂ければと思います。

 

テラスハウスに住んでいますが、自分の家だけの塗装工事は依頼出来ますか?

Q テラスハウスに住んでいますが、自分の家だけの塗装工事は依頼出来ますか?
A はい。ご自宅の建物部分だけの塗装工事は可能です。
ただ、費用の面や美観(見た目の美しさ)などの点から申し上げると、他のお宅様とご一緒に塗装工事をされることをおすすめいたします。

 

隣家との間が狭いのですが、塗装工事は出来ますか?

Q 隣家との間が狭いのですが、塗装工事は出来ますか?
A お隣の家との距離や敷地の余裕の程度にもよるのですが、目安として「自宅の敷地内で幅30センチ程あるかどうか」です。
(工事監督の経験の中では、隣家の敷地までの距離が20cmしかないお宅も足場を建てることができたので、塗装工事が可能だったケースもあるとのことです)
足場を建設出来るかどうかが、カギとなります。

ただ、30cmほどの距離になってきますと、必ずお隣の敷地に入らないと足場が組めませんので、そこは施主様がお隣様に許可を取って頂くようにお願いをしています。(実際さきほどの幅が20cmしかないお宅も、隣家側にも20cmほどの敷地の猶予があったので足場を組めた、という経緯があります)

20cm、30cmほどしか距離のないお宅でも、出来る場合と出来ない場合があります。現地を確認してからの判断になるかと思いますので、まずは一度お見積りのご相談を頂ければと思います。

 

塗り替えの工事期間はどのくらいかかりますか?

Q 塗り替えの工事期間はどのくらいかかりますか?
A 足場組み~塗装工事、足場解体までを工事期間とし、稼働日数でおおよそ2週間程度はかかります。
しかし、建物の広さや造り・傷み具合・天候などにも左右されますので、個別に大きな差が出て来てくる場合があります。また、工事に入れる職人の人数によっても、日数が前後します。
どういった工程を踏んで工事を進めるかは、こちらのページをご覧くださいね。

 

早く塗替えしないと家がダメになると塗装を勧められたのですが工事すべきか迷っています

Q 早く塗替えしないと家がダメになってしまうと言って、塗装を勧められたのですが工事すべきか迷っています。
A その家の状態を拝見してみない限り、正確なことは言えませんが、そう言ったいわゆる営業トークで、消費者の不安感を煽って仕事を取ろうとする悪質な業者が存在するのは確かです。
例えば瓦が割れても直ぐに雨は漏れません。雨を防いでいるのは瓦の下に敷いてあるルーフィングと言う防水紙です。
確かに傷んだ状態を長年放置しておくと家がダメになるケースもありますが、よほどの事が無い限り、急激に傷むものではありません。
もし、ご不安なようであれば、役所に登録している様な業者さんに一度診断してもらうなどして最終的な判断をされてみてはいかがでしょう?

何年目で塗替えすればいいのですか?

Q 何年目で塗替えすればいいのですか?
A 初めての塗替えなのか何度目かの塗替えなのかによって変わりますが、概ね10年位です。
外壁の素材や塗装により異なり、陽当りや風通しなど立地条件によっても大きく左右されることもあるので、一概に年数だけでは言えませんが、以下の様な症状が出始めたら検討して下さい。
外壁の色が褪せてきた・艶が無くなってきた、汚れ・ひび割れが目立つようになってきた、触ると手に粉が付く、カビやコケが生えてきた、サビが出ている等。

外壁塗装を依頼したいのですが、どこに頼めばいいのかよくわかりません

Q 外壁塗装を依頼したいのですが、どこに頼めばいいのかよくわかりません。
A 塗装工事を受付する窓口としてはいろいろなところがありますが、それぞれに特徴がありますので簡単にご説明いたします。
先ず大きく分けると、営業を主体としている会社と工事を主体としている会社に分かれます。
分かり易く言うと前者は仕事を決めるまでが仕事で、決まった仕事は下請け業者に依頼し任せるタイプ。後者は自社に工事を管理する仕組みが有り、また自社職人を抱えているタイプ。
例外はありますが大手資本の会社や訪問販売の会社は前者のケースが多く、地元の工務店や専門店は後者のケースが多いです。
また、リフォーム店は会社の規模に関わらず両方のケースがあります。
前者が悪く後者が良いとかではなく、営業を主体とする会社であってもその会社の信用力などが魅力の場合もある。
ただし、いくら会社の規模が大きくても「下請に丸投げ!」と言った会社は避けておいた方が良いでしょう。
当り前の事ですが、塗装工事を依頼した場合、元請けであれ下請であれ実際に工事をするのは塗装屋です。
塗装屋のレベル=塗装の品質と言っても過言ではないくらいです。
地元で歴史のある業者を数社ピックアップし比較してみてはいかがでしょうか?
まずはお気軽にお問い合わせください !!
ページ上部へ