ホーム>外壁塗装で失敗しないために>業者選び編

業者選び編

外壁塗装をどこに依頼するかお悩みですか?

間違いない業者選び

外壁塗装は、住宅の外観だけでなく住まいそのものの耐久性にも大きく影響します。
大切な家の施工をまかせるのですから、業者選びにも慎重になりたいですね。
ハウスメーカー、工務店、そして町のペンキ屋さん。それぞれの特徴をしっかり見極めて納得のいく施工業者に依頼しましょう。

ハウスメーカー
工務店
町のペンキ屋さん

ハウスメーカー

ハウスメーカー

ブランド力もあり安心感があるハウスメーカー。
しかし、気をつけるべき点もあります。

「うちで建ててもらった家だから、うちじゃないと対応できません」
「外壁塗装の塗り替えを行ってもらえれば、家の保証も延ばします」

このようなトークで外壁塗装をすすめるハウスメーカーもいますが、実際に施工するのは実は下請業者のペンキ屋さんです。その下請業者の中には無許可のところや、知識不足なところが含まれる可能性もあるため注意が必要です。

最近では「ハウスメーカーのオリジナル塗料」という製品を出しているハウスメーカーもいます。
しかし、実際に塗料を開発しているのは塗料メーカーであり、 販売している塗料は名称が違うだけでどこの外壁塗装業者でも取り扱えるものです。名前に惑わされず、きちんと確認するようにしましょう。営業マンが塗料の ことを理解しておらず、塗料について聞いてもはぐらかすようなら、疑ってみたほうがいいかもしれません。

保証制度について詳しく

工務店

工務店

新築に力を入れているところが多く、塗装の知識を持ち合わせている工務店は少ないのが実情です。外壁塗装は新築予算の3%程度の割合になるため、この部分に関しては下請業者に丸投げするのが一般的です。

実際、外壁塗装について当社にたずねてくる工務店も多くいらっしゃいますし、塗装の良し悪しについてそれほど理解していない場合があるのです。外壁塗装には、技術と知識が必要です。塗装について理解しているかどうか、よく確かめるようにしましょう。

町のペンキ屋さん

町のペンキ屋さん

地域に密着して、気軽に依頼できるのが町のペンキ屋さん。熟練した施工を行っているところも多いのですが、その反面で無許可だったり、知識不足だったりするペンキ屋さんもいるのが事実です。

残念ながら、塗装工事は無資格でも工事ができてしまいます。一級塗装技能士の資格を持つ技術者や職人がいないばかりか、都道府県知事による建設業の営業許可すらとってない業者が意外と多いことを忘れないでいてください。まずは資格と許可を確認することが大切です。

 こんな業者がいるなんて

塗料についての知識もチェック!

塗料業界は日進月歩で進化しています。塗料メーカーでは、常にエコや環境問題に配慮した材料を開発し、商品化しています。こういった材料の特徴や施工性を理解している職人は、残念ながら少ないのが現状です。

どの材料も自分の感覚だけで同じように扱うことはできません。最新の塗料に関する知識があるかどうかも、一つの目安にしてください。

塗料のあれこれについてはこちら

prevent

ぜひ一度、セミナーにご参加ください!
また、「業者選びチェックポイント」をクリックしていただき、用紙を印刷してFAXで
「078-974-4317」宛に送信していただければ、やまおか君より業者選びのポイントをアドバイスさせていただきます。

そろそろ塗替え

そろそろ塗替え、さてどんな業者を選べばよいでしょう。

まずはお気軽にお問い合わせください !!
ページ上部へ